ドローン機体

【200g未満】Holy Stone HS370 ドローンレビュー!ホーリーストーン


今回はアマゾンで大人気のHoly Stone(ホーリーストーン)から新しく発売された「HS370」の実機レビューをしていきます

2019年の個人的におすすめしたいドローンは、下の記事でランキング形式で紹介しています↓↓
【2019年最新機種】人気のおすすめドローンランキング30選!徹底比較
Holy Stone社から販売されているドローンを比較するなら、下の記事がおすすめです↓↓
Holy Stone(ホーリーストーン)ドローン 比較 10選【おすすめの機種を選んでみた!】

Holy Stone HS370 ドローン スペック

カメラ(画質) 1280×720P
重量 46g前後
伝送距離 送信機:最大50-60m(障害物なし、干渉なし)
FPV:20m~30m
周波数 2.4Ghz
飛行時間 11分
バッテリー 3.7V 450mAh
操作モード モード1/2自由転換可
機体のサイズ 178×170×34mm
価格 5000円前後
その他の機能 ・高度維持機能付き
・3Dフリップ

Holy Stone HS370 ドローン セット内容

  • ドローン本体×1
  • 送信機×1
  • 3.7V 450mAhバッテリー× 2
  • USB充電ケーブル×2
  • プロペラガード× 4
  • 予備プロペラ× 4
  • ドライバー× 1
  • 日本語説明書× 1

Holy Stone HS370 ドローン 外観レビュー


機体が小さいこともあり前面のカメラがとても大きく見えますね。


機体の裏側はこんな感じ。
ぴよっと下に出ている黒い配線みたいなものはレシーバー??

それと技適マークの記載は裏側にありますね。


バッテリーはカートリッジ式で簡単に取り付け取り外しが可能。


こちらは送信機。
上にぴよっと出ているものを取れば、代わりにスマホホルダーが装着できる仕組みになっています。


送信機にも安心の技適マークつき。


送信機は単4電池2本で動くようになっています。

Holy Stone HS370 ドローン フライトレビュー


フライトしてみた感想は、スピードを3段階で調整できるのですが、最速の設定にするとけっこうスピードがでて飛ばしていて楽しいです。


空撮した写真はスマホに保存されるのですが、価格を考えればそこそこ悪くないものだと感じました。

マイクロSDスロットはないので、動画や静止画はスマホに保存される仕組みになっています。

ただ個体差があるのかもしれませんが、自分が購入したものはFPVのコマ飛びが多く、空撮された動画は飛び飛びのものになってしまいましたね。
ちょっとそこが残念なポイントです。

他の方が購入した情報をみていると、べつにコマ飛びしない機体もあるようなので個体差があるのかもしれません。
それかスマホの相性とか。ちょっと原因はわかりません。

一応ホーリーストーンさんに連絡したところ「原因を調査してみます」との回答をいただきましたが、たぶん真相はわからないでしょうね。
たぶんつきつめるまではいかないと思います。

まぁ安い価格帯のドローンですので、自分はしょうがない!!くらいに思っています。

まとめ

価格が5000円くらいで購入できるので、コスパはいいドローンだと思います。
重量が軽い機体ですが、そこそこスピードが出ておもしろいドローンですよ。

気になる方はアマゾンでチェックしてみてください↓

Holy Stone
¥5,599
(2019/11/13 20:10:42時点 Amazon調べ-詳細)

ブレの少ない空撮をしたい人は、ジンバル付きかブラシレスマイクロドローン

ブレの少ない綺麗な空撮をしたい人はジンバル付きのドローンか、ブラシレスマイクロドローンがおすすめです。

ジンバル付きのおすすめのドローンは下の記事で紹介しています↓↓

2019年最新ジンバル付き おすすめのドローン10選【ジンバルとは?】 今回はジンバル付きのおすすめのドローンを10選紹介します。 ドローンのジンバルとは? まずはじめにジンバルとは?...
DJI製品のでジンバル付きドローンは、下の記事で比較しています。
LINKDJIの最新ドローン比較「Phantom、Mavic Pro(Air)、SPARK、Inspire(インスパイア)」 初心者にはどれがおすすめ?

200g未満ブラシレスマイクロドローン


FHD以上のブラシレスマイクロドローンなら、安定した飛行ができるのでブレの少ない綺麗な空撮をすることができます。
下の動画は200g未満のブラシレスマイクロドローン「FullSpeed TinyLeader 75mm HD」で空撮したものです。
そこそこブレのない空撮ができていいると思います。

ちなみにプロの方が200g未満ブラシレスマイクロドローンを使うとこのくらい綺麗な空撮をすることができます↓↓

上で紹介したようなFHDで撮影できる200g未満のブラシレスマイクロドローンは下の記事で紹介しています↓↓

綺麗な画質で空撮できるおすすめのマイクロドローン10選【FHD画質のタイニーフープ Tiny Whoop】 今回はFHD画質(1920×1080)で撮影することのできるマイクロドローンを紹介していきます。 どのくらいのサイズや重量でマイク...

ちなみに4k動画の撮影できるブラシレスマイクロドローンも発売されています。4kブラシレスマイクロドローンは下の記事で紹介しています↓↓

【200g以下で4K動画が撮影可能】高画質なおすすめのドローン10選 機体の重量が200g以下で、高画質(4K)な動画が撮影可能なドローンを紹介します。 ついにDJIからジンバル付きの200g未満...

ブラシレスマイクロドローンは基本的にFPVゴーグルを装着して5.8Ghzの電波を使用して飛行するので、「アマチュア無線免許」または「第三級陸上特殊無線技士」の免許と、無線局の開局が必要になります。

詳しくは下の記事で紹介しています↓↓

タイニーフープでFPV飛行をする為に、必要な準備や手順を解説【マイクロドローン】 冒頭いきなりyoutubeの埋め込み動画ではじまりますが、この動画を見て「tiny-whoop(タイニーフープ)」FPV飛行に興味を...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です