ドローン機体

GEPRC CineQueen 4K 3インチドローン 発売開始!Runcam Hybrid 4K搭載

GEPRC CineQueen 4K 3インチドローン 発売開始!
GEPRCから「Runcam Hybrid 4K」カメラを搭載した3インチドローンが発売されることがわかりました。
今回は「GEPRC CineQueen 4K 3インチドローン」を紹介します。

この記事で紹介しているドローン以外で、4kで空撮できるドローンは下の記事で紹介しています↓↓

【200g以下で4K動画が撮影可能】高画質なおすすめのドローン10選 機体の重量が200g以下で、高画質(4K)な動画が撮影可能なドローンを紹介します。 ついにDJIからジンバル付きの200g未満...

GEPRC CineQueen 4K 3インチドローン スペック

GEPRC CineQueen 4K 3インチドローン 発売開始!
カメラ Runcam Hybrid 4K
重量 156g(バッテリーなしの重量)
ホイールベース 145mm
モーター GEP-GR1206 3600KV
レシーバー Frsky XM+ / Frsky R-XSR / TBS NanoRX / FlySky A8SV2
推奨バッテリー 3-4S(4S 650mAh – 4S 850mAh)
価格

GEPRC CineQueen 4K 3インチドローンの特徴

Runcam Hybrid 4K カメラ搭載ドローン

GEPRC CineQueen 4K 3インチドローン 発売開始!
私の大好きな4kカメラ「Runcam Hybrid 4K」を搭載しているドローンです。
おすすめポイントは「Caddx Tarsier 4K 1200TVL」と違ってカメラの設定でwifiを使用していないので技適問題が発生しないことです。

なので完全に合法でカメラは運用できます。

もちろんドローン本体は5.8ghz帯の電波を使用しているので、免許や、開局申請は必要になりますけどね。


こちらの動画は自分が実際に「Runcam Hybrid 4K」で空撮した動画です。2.7k 60fpsで録画しています。

「Runcam Hybrid 4K」は別の記事で実機レビューをしています↓↓

RunCam Hybrid 4K カメラ 実機レビュー【自作ドローンにおすすめのカメラ】 ついにRunCamの方から新しく4kカメラが発売されましたね。 「Caddx Tarsier 4K」の対抗馬といったところでしょう...

バッテリーを入れると200g以上になってしまう

GEPRC CineQueen 4K 3インチドローン 発売開始!
バッテリー含まない重量が156gあるので、推奨バッテリーを搭載してしまうと200g以上になってしまいますね。
推奨バッテリー:3-4S(4S 650mAh – 4S 850mAh)

バッテリーの重量はメーカーによって多少違いはありますが「4s 450mAh」でも50gくらいあるものが多いので200g未満にするならプロペラガードを外したりフレームを削ったり、VTXのアンテナを軽いものにしたりして軽量化する必要がありそうです。

まぁ3s 300mAhとかでも、飛ばないことはないと思いますが、たぶん3分ももたなそうだし、せっかくなら4sで飛ばしたいところです。

マイクロSDは128GBまで対応


写真では64GBのマイクロSDがささっていますが、128GBまで対応しているようです。

最後に


2019年11月4日の時点で、banggoodでプレオーダー中です。
気になる方はチェックしてみてください。

ブレの少ない空撮をしたい人は、ジンバル付きかブラシレスマイクロドローン

ブレの少ない綺麗な空撮をしたい人はジンバル付きのドローンか、ブラシレスマイクロドローンがおすすめです。

ジンバル付きのおすすめのドローンは下の記事で紹介しています↓↓

2019年最新ジンバル付き おすすめのドローン10選【ジンバルとは?】 今回はジンバル付きのおすすめのドローンを10選紹介します。 ドローンのジンバルとは? まずはじめにジンバルとは?...
DJI製品のでジンバル付きドローンは、下の記事で比較しています。
LINKDJIの最新ドローン比較「Phantom、Mavic Pro(Air)、SPARK、Inspire(インスパイア)」 初心者にはどれがおすすめ?

200g未満ブラシレスマイクロドローン


FHD以上のブラシレスマイクロドローンなら、安定した飛行ができるのでブレの少ない綺麗な空撮をすることができます。
下の動画は200g未満のブラシレスマイクロドローンで空撮したものです。
そこそこブレのない空撮ができていいると思います。
※複数の機種、違うカメラで空撮しています。

ちなみにプロの方が200g未満ブラシレスマイクロドローンを使うとこのくらい綺麗な空撮をすることができます↓↓

上で紹介したようなFHDで撮影できる200g未満のブラシレスマイクロドローンは下の記事で紹介しています↓↓

綺麗な画質で空撮できるおすすめのマイクロドローン10選【FHD画質のタイニーフープ Tiny Whoop】 今回はFHD画質(1920×1080)で撮影することのできるマイクロドローンを紹介していきます。 どのくらいのサイズや重量でマイク...

ちなみに4k動画の撮影できるブラシレスマイクロドローンも発売されています。4kブラシレスマイクロドローンは下の記事で紹介しています↓↓

【200g以下で4K動画が撮影可能】高画質なおすすめのドローン10選 機体の重量が200g以下で、高画質(4K)な動画が撮影可能なドローンを紹介します。 ついにDJIからジンバル付きの200g未満...

ブラシレスマイクロドローンは基本的にFPVゴーグルを装着して5.8Ghzの電波を使用して飛行するので、「アマチュア無線免許」または「第三級陸上特殊無線技士」の免許と、無線局の開局が必要になります。

詳しくは下の記事で紹介しています↓↓

タイニーフープでFPV飛行をする為に、必要な準備や手順を解説【マイクロドローン】 冒頭いきなりyoutubeの埋め込み動画ではじまりますが、この動画を見て「tiny-whoop(タイニーフープ)」FPV飛行に興味を...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です