BETAFPV ブラックフライデー 最大15%OFF


今年もBETAFPVのブラックフライデーセールが始まります。期間は2022年11月25日〜2022年11月29日(UTC+12)までの5日間。割引コードを使えば最大15%OFFになる大セールです。

15%OFFクーポン:BF2022

詳細はこちらから

※15%割引にならない商品も一部あります

修理・メンテナンス

【Parrot Bebop2 分解】ゴムダンパー、ノーズ、カメラの交換方法

この記事の最終更新日は2020年1月31日ですので、古い情報を掲載している可能性があります。その点ご理解のうえ読んでいただけると助かります。


【Parrot Bebop2 分解】ゴムダンパー、ノーズ、カメラの交換方法
ジャンクのParrot Bebop2を2台入手し、いろいろいじっているのですが、

今回はParrot Bebopを分解して、ノーズ(先端部分)、カメラ取り外しをやってみました。

分解にはトルクスドライバーが必要になります。それとネジの長さが部位によって違ってくるため分類しながら外していきましょう。
ちなみに自分は下の精密ドライバーセットを使用しています。トルクスネジを外す以外にも使えますのでかなり便利で、なんといっても安いです(1000円以下)。

Parrot Bebop2 分解

  1. ノーズの取り外し
  2. カメラの取り外し
  3. ゴムダンパーの交換

ノーズ(先端部分の交換)

【Parrot Bebop2 分解】ゴムダンパー、ノーズ、カメラの交換方法
ノーズの交換はとても簡単です。上の画像の矢印部分のネジを2本とるだけ。


このように外れます。

【Parrot Bebop2 分解】ゴムダンパー、ノーズ、カメラの交換方法
裏側。

交換部品としてノーズ部分は1500円程度で売っています。

カメラの取り外し

【Parrot Bebop2 分解】ゴムダンパー、ノーズ、カメラの交換方法
カメラを取り外すには、上の画像の矢印部分のネジを3本とります。

【Parrot Bebop2 分解】ゴムダンパー、ノーズ、カメラの交換方法
次に矢印部分のネジを2本とり、

【Parrot Bebop2 分解】ゴムダンパー、ノーズ、カメラの交換方法
配線は引っ張れば抜けます。

【Parrot Bebop2 分解】ゴムダンパー、ノーズ、カメラの交換方法
カメラの交換ぐらいだったら、そこまで難しくないです。

ゴムダンパーの交換

【Parrot Bebop2 分解】ゴムダンパー、ノーズ、カメラの交換方法
上の矢印部分をくるくる時計回りの逆に回していけば、ゴムダンパーの軸のネジが取れます。

【Parrot Bebop2 分解】ゴムダンパー、ノーズ、カメラの交換方法
このように軸を取ったら、

【Parrot Bebop2 分解】ゴムダンパー、ノーズ、カメラの交換方法
広げて横からでもなんとかゴムダンパーの交換はできそうです。

※実際に交換したわけではありません。モーター配線があるので隙間があまり広がらず、もしかしたらモーターを外さないと交換できないかもしれません。

最後に

【Parrot Bebop2 分解】ゴムダンパー、ノーズ、カメラの交換方法
最終的には基盤をむき出しにするところまで分解しました。

基盤の交換をするにはモーターも取り外して、裏側からネジを取る必要がありそうなので、かなり大変そうです。

【Parrot Bebop2 分解】ゴムダンパー、ノーズ、カメラの交換方法
基盤は部品単体では売っていないので、交換する人はいなそうですけど。

ちなみに、メインフレームセットで基盤一式では販売されていますが、値段が4万円以上しました。

※2020年1月30日現在で確認したところ、販売はされていませんでした。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。