修理

【Parrot Bebop2 分解】ゴムダンパー、ノーズ、カメラの交換方法

【Parrot Bebop2 分解】ゴムダンパー、ノーズ、カメラの交換方法
ジャンクのParrot Bebop2を2台入手し、いろいろいじっているのですが、

今回はParrot Bebopを分解して、ノーズ(先端部分)、カメラ取り外しをやってみました。

分解にはトルクスドライバーが必要になります。それとネジの長さが部位によって違ってくるため分類しながら外していきましょう。
ちなみに自分は下の精密ドライバーセットを使用しています。トルクスネジを外す以外にも使えますのでかなり便利で、なんといっても安いです(1000円以下)。

Parrot Bebop2 分解

  1. ノーズの取り外し
  2. カメラの取り外し
  3. ゴムダンパーの交換

ノーズ(先端部分の交換)

【Parrot Bebop2 分解】ゴムダンパー、ノーズ、カメラの交換方法
ノーズの交換はとても簡単です。上の画像の矢印部分のネジを2本とるだけ。


このように外れます。

【Parrot Bebop2 分解】ゴムダンパー、ノーズ、カメラの交換方法
裏側。

交換部品としてノーズ部分は1500円程度で売っています。

カメラの取り外し

【Parrot Bebop2 分解】ゴムダンパー、ノーズ、カメラの交換方法
カメラを取り外すには、上の画像の矢印部分のネジを3本とります。

【Parrot Bebop2 分解】ゴムダンパー、ノーズ、カメラの交換方法
次に矢印部分のネジを2本とり、

【Parrot Bebop2 分解】ゴムダンパー、ノーズ、カメラの交換方法
配線は引っ張れば抜けます。

【Parrot Bebop2 分解】ゴムダンパー、ノーズ、カメラの交換方法
カメラの交換ぐらいだったら、そこまで難しくないです。

ゴムダンパーの交換

【Parrot Bebop2 分解】ゴムダンパー、ノーズ、カメラの交換方法
上の矢印部分をくるくる時計回りの逆に回していけば、ゴムダンパーの軸のネジが取れます。

【Parrot Bebop2 分解】ゴムダンパー、ノーズ、カメラの交換方法
このように軸を取ったら、

【Parrot Bebop2 分解】ゴムダンパー、ノーズ、カメラの交換方法
広げて横からでもなんとかゴムダンパーの交換はできそうです。

※実際に交換したわけではありません。モーター配線があるので隙間があまり広がらず、もしかしたらモーターを外さないと交換できないかもしれません。

最後に

【Parrot Bebop2 分解】ゴムダンパー、ノーズ、カメラの交換方法
最終的には基盤をむき出しにするところまで分解しました。

基盤の交換をするにはモーターも取り外して、裏側からネジを取る必要がありそうなので、かなり大変そうです。

【Parrot Bebop2 分解】ゴムダンパー、ノーズ、カメラの交換方法
基盤は部品単体では売っていないので、交換する人はいなそうですけど。

ちなみに、メインフレームセットで基盤一式では販売されていますが、値段が4万円以上しました。

ドローンを趣味ではなく仕事に変えてみよう!

将来ドローンを仕事にしたいと思っている方は、ドローンスクールに通ってみませんか!?
今後ドローンの仕事の需要はどんどん増えていくと予想されています。
ドローンを趣味ではなく仕事にしたいなら、資格は取得しておきまししょう。
下で紹介する「DSJ東京中目黒校」は無料体験説明会を随時開催しています。
卒業後はドローンの仕事を探すアフターフォローまでしてくれるようですよ。
気になる方は公式ホームページでご確認ください↓↓

DSJ東京中目黒校の無料説明会の詳細はこちら

banggood春の大セール実施中!お得なクーポン付き

詳しくはバナーをクリック!banggoodのセール会場へ移行します↓↓
banggood春のセール

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です