DJI Mini 3 Pro 販売開始!

2022年5月20日から「DJI Mini 3 Pro」の販売が開始されることが決定しました。

前作のモデル「Mini 2」より、カメラの性能などがパワーアップしているようです。

ドローン機体

【Beta85X】おすすめのフルHDカメラ付きマイクロドローン【Tiny Whoop】

この記事の最終更新日は2020年10月1日です。古い情報を掲載している可能性があります。その点ご理解のうえ読んでいただけると助かります。



この記事ではBetaFPVの「Beta85X」マイクロドローンを紹介していきます。

商品販売ページはこちら↓

ドローン本体(型番) クーポンコード 価格 台数 期限

BetaFPVのクーポンコード一覧です。コードをクリックするとクーポンコードがコピーされて、商品ページに移動。そのまま貼り付けて使用できます。

その他のクーポンは下の記事でまとめています↓↓
LINKbanggood(バングッド)ドローン送信機 FPVゴーグル クーポン 一覧

BetaFPVから販売されているドローンは下の記事でまとめています↓

BETAFPV のマイクロドローン一覧 まとめ!おすすめの機種は? BETAFPVから販売されているドローンのまとめ記事。 BETAFPVのドローンは、レシーバーがFC内蔵のものならベータフライト...

Beta85X ドローン スペック

カメラ C01 Pro camera
重量 61.88g (without battery)
フレーム 85mmサイズ
FC、ESC F4 AIO 12A FC V2
VTX
モーター 1105 5000KV with connector
レシーバー Frsky XM+ / DSMX / Futaba S-FHSS / Flysky / TBS Crossfire
価格 16000円くらい(2020年9月現在)

Beta85X drone 外観


外観はこんな感じです。
BetaFPVのドローンはシャレオツ感がありますね。

最後に

4s仕様で軽快な飛びが楽しめそうなドローンです。
きになる方はチェックしてみてください。

ちなみにHDバージョンもありますので、綺麗な映像をマイクロSDに保存したい方はこっちの方がおすすめ↓

綺麗な空撮をしたい人は、ジンバル付きかFPVドローン

ブレの少ない綺麗な空撮をしたい人はジンバル付きのドローンか、ブラシレスFPVドローンがおすすめです。

ジンバル付きのおすすめのドローンは下の記事で紹介しています↓↓

【2022年版】ジンバル付きドローン 一覧 比較記事【ジンバルとは?】ジンバルがついているドローンをまとめた記事です。簡単ににジンバルとはどういったものかも解説しています。...

200g未満ブラシレスFPVドローン


ブラシレスFPVドローンなら、安定したフライトができるので綺麗な空撮をすることができます。
下の動画は200g未満の4Kカメラを搭載したブラシレスFPVドローンで空撮したものです。

FHDで撮影できる200g未満のブラシレスFPVドローンは下の記事で紹介しています↓↓

綺麗な画質で空撮できるおすすめのマイクロドローン10選【FHD画質のタイニーフープ Tiny Whoop】 今回はFHD画質(1920×1080)で空撮できるおすすめのマイクロドローンを紹介していきます。 どのような形状、またはサイズや重量で...

4k動画の撮影できるブラシレスFPVドローンも発売されています。4kブラシレスFPVドローンは下の記事で紹介しています↓↓

4Kカメラ搭載のマイクロドローンまとめ!おすすめのドローンあり4K画質で撮影できるマイクロドローンを紹介と、おすすめの機種をまとめている記事です。 4Kカメラ単体で自作しても4Kマイクロドローンは作れるのでFPV4kカメラ単体でも紹介しています。...

ブラシレスFPVドローンは基本的にFPVゴーグルを装着して5.8Ghzの電波を使用して飛行するので、「アマチュア無線免許」または「第三級陸上特殊無線技士」の免許と、無線局の開局が必要になります。

詳しくは下の記事で紹介しています↓↓

タイニーフープでFPV飛行をする為に、必要な準備や手順を解説【マイクロドローン】 冒頭いきなりyoutubeの埋め込み動画ではじまりますが、僕はこの動画を見て「tiny-whoop(タイニーフープ)」FPV飛行に興...

初心者におすすめのFPVゴーグル、マイクロドローン(ブラシレスFPVドローン)、送信機は下の記事で紹介しています↓

初心者におすすめのマイクロドローン、送信機、FPVゴーグルの紹介【100g未満のレース機】 今回は初心者におすすめしたい「マイクロドローン」「送信機」「FPVゴーグル」を紹介します。 この記事ではマイクロドローンを始め...

GoPro Liteでも綺麗に空撮できます

GoProには手ブレ補正機能がついていますので、分解して軽量化してドローンに搭載しても綺麗な空撮ができます。
機体とカメラの重量を合わせても200g未満に収めることもできます。

実際にGoProliteで空撮した動画はこちら(FPV録画映像との比較動画)↓

GoProliteの作り方は下の記事で紹介しています↓↓

GoPro HERO7を分解!剥きプロ GoPro liteを作ってみた BetaFPVから剥きプロを作るためのキット「GoPro lite」が発売され、好奇心からついに自分もGoProを剥いてみることにし...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。