ドローン機体

【200g未満】DEERC トイドローン D50 レビュー

【200g未満】DEERC トイドローン D50 レビュー
今回は「DEERC トイドローン D50」をレビューしていきます。

DEERC
¥8,580
(2020/09/17 22:51:13時点 Amazon調べ-詳細)

200g未満でおすすめのドローンは下の記事で紹介しています↓

【200g以下 おすすめのドローン 10選】無人航空機の法律 対象外の機種 「ドローンを購入して空撮してみたいけど、いろいろ種類がありすぎてどれを購入すればいいかよくわからない?」 そんな悩みをかかえて...

【200g未満】DEERC トイドローン D50 スペック

画質 2048 x 1152
重量 178g
伝送距離 FPVの距離:約50m
周波数 2.4Ghz
飛行時間 12分
バッテリー 1500 mAh 3.7V
操作モード モード1/モード2
機体のサイズ 316 x 316 x 108mm
価格 8600円くらい
その他の機能 ・高度維持機能

【200g未満】DEERC トイドローン D50 レビュー

【200g未満】DEERC トイドローン D50 レビュー
まずは開封レビューからしていきます。

【200g未満】DEERC トイドローン D50 レビュー
箱をあけるとこのように収納されていました。

DEERC トイドローン D50 セット内容

【200g未満】DEERC トイドローン D50 レビュー
  • ドローン本体 × 1
  • 送信機 × 1
  • バッテリー × 2
  • 予備プロペラ × 4
  • プロペラガード × 4
  • 充電ケーブル × 2
  • ドライバー × 1
  • 日本語マニュアル × 1

【200g未満】DEERC トイドローン D50 レビュー
まずはドローン本体からみていきましょう。

ドローン本体のランディングギアは外れた状態で梱包してあるので、飛ばす前に取り付けてあげる必要があります。
取り付け方法はとてもかんたんで、スライドしてはめこむ感じです。

【200g未満】DEERC トイドローン D50 レビュー
電源ボタンは機体の側面にあります。
この場所に電源ボタンがあるのは、めずらしいですね!

【200g未満】DEERC トイドローン D50 レビュー
機体の技適マークは機体の側面に記載されていました。

【200g未満】DEERC トイドローン D50 レビュー
機体のカメラ角度は手動になりますが、可動域が広いです。

【200g未満】DEERC トイドローン D50 レビュー
機体の真下を撮影することも可能です。

【200g未満】DEERC トイドローン D50 レビュー
次に送信機をみていきましょう。


1万円以下で購入できるドローンにはあまりない、液晶パネルつきです。

【200g未満】DEERC トイドローン D50 レビュー
スマホホルダーは送信機の上部に差し込むようになっています。

【200g未満】DEERC トイドローン D50 レビュー
送信機の裏側にボタンが何個かついていて、ここら辺でトリムの調整とかはやるっぽいですね。

【200g未満】DEERC トイドローン D50 レビュー
送信機は単3電池4本で動くようになっています。

DEERC トイドローン D50 飛ばしてみた感想


飛ばした感想ですが、そこそこ軽快に飛びます。
最高スピードにするとけっこう早いです。

FPVの伝送も50m近く距離が出ました。
たまにフリーズしましたけどね。

空撮映像はこの価格帯のドローンにしては綺麗にとれます。
FPV録画だけだと、たまにフリーズしてしまいますので、これでメモリーカード録画がついていればよかったのですが、、、、。

【200g未満】DEERC トイドローン D50 レビュー

【200g未満】DEERC トイドローン D50 レビュー
ちなみに上の画像は「DEERC D50」で撮影したものです。スマホに保存されます。

写真もそこそこ綺麗に撮影できると思いました。
ブログ用にリサイズして縮小してしまいましたが、解像度は「2048 x 1152」で撮影できます。

「DEERC ドローン D50」を飛ばしている動画

実際に飛ばしている動画はYouTubeにアップしていますので、よかったらご視聴ください。

最後に

録画される動画が早送りになってしまう、原因がわかったらブログに追記します。
それとAndroidの携帯も持っているので、それでも録画して検証してみようかと思っています。

DEERC
¥8,580
(2020/09/17 22:51:13時点 Amazon調べ-詳細)

綺麗な空撮をしたい人は、ジンバル付きかFPVドローン

ブレの少ない綺麗な空撮をしたい人はジンバル付きのドローンか、ブラシレスFPVドローンがおすすめです。

ジンバル付きのおすすめのドローンは下の記事で紹介しています↓↓

2020年最新ジンバル付き おすすめのドローン10選【ジンバルとは?】 今回は2020年最新版!ジンバル付きのおすすめのドローンを10選紹介します。 ドローンのジンバルとは? まずはじ...

200g未満ブラシレスFPVドローン


ブラシレスFPVドローンなら、安定したフライトができるので綺麗な空撮をすることができます。
下の動画は200g未満の4Kカメラを搭載したブラシレスFPVドローンで空撮したものです。

FHDで撮影できる200g未満のブラシレスFPVドローンは下の記事で紹介しています↓↓

綺麗な画質で空撮できるおすすめのマイクロドローン10選【FHD画質のタイニーフープ Tiny Whoop】 今回はFHD画質(1920×1080)で空撮できるおすすめのマイクロドローンを紹介していきます。 どのような形状、またはサイズや重...

4k動画の撮影できるブラシレスFPVドローンも発売されています。4kブラシレスFPVドローンは下の記事で紹介しています↓↓

4Kカメラ搭載のマイクロドローンまとめ!おすすめのドローンあり 今回は4Kカメラを搭載しているおすすめのマイクロドローンを紹介します。 最初にマイクロドローンとはどんなドローンなのかの解説、その...

ブラシレスFPVドローンは基本的にFPVゴーグルを装着して5.8Ghzの電波を使用して飛行するので、「アマチュア無線免許」または「第三級陸上特殊無線技士」の免許と、無線局の開局が必要になります。

詳しくは下の記事で紹介しています↓↓

タイニーフープでFPV飛行をする為に、必要な準備や手順を解説【マイクロドローン】 冒頭いきなりyoutubeの埋め込み動画ではじまりますが、この動画を見て「tiny-whoop(タイニーフープ)」FPV飛行に興味を...

初心者におすすめのFPVゴーグル、マイクロドローン(ブラシレスFPVドローン)、送信機は下の記事で紹介しています↓

初心者におすすめのマイクロドローン、送信機、FPVゴーグルの紹介【200g未満のレース機】 今回は初心者におすすめしたい「マイクロドローン」「送信機」「FPVゴーグル」を紹介していきます。 今回の記事では初めてマイクロ...

GoPro Liteでも綺麗に空撮できます

GoProには手ブレ補正機能がついていますので、分解して軽量化してドローンに搭載しても綺麗な空撮ができます。
機体とカメラの重量を合わせても200g未満に収めることもできます。

実際にGoProliteで空撮した動画はこちら(FPV録画映像との比較動画)↓

GoProliteの作り方は下の記事で紹介しています↓↓

GoPro HERO7を分解!剥きプロ GoPro liteを作ってみた BetaFPVから剥きプロを作るためのキット「GoPro lite」が発売され、好奇心からついに自分もGoProを剥いてみることにし...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です