DJI Mini 3 Pro 販売開始!

2022年5月20日から「DJI Mini 3 Pro」の販売が開始されることが決定しました。

前作のモデル「Mini 2」より、カメラの性能などがパワーアップしているようです。

ドローン機体

ドローンのメーカー 一覧 ランキング【おすすめ 日本メーカー】

ドローン メーカー まとめ10選 ランキング【日本メーカーもあり】
ドローンの販売しているメーカーのまとめ記事です。
日本メーカーは少ないですが何社か冒頭で紹介しています。

記事の最後に個人的に好きなメーカーをランキング形式で紹介しているので、お時間ある方は最後までおつきあいください。


トイドローン、DJIから発売されているような本格的なドローン、最終的にはFPVレース系や、マイクロドローンを販売しているメーカーも紹介しています。

京商(キョウショウ)

昔からある日本のメーカーです。

ドローンにかぎらずRCラジコンをたくさん取り扱いしているメーカーです。

LIVE STYLE Type-300HD

ジーフォース(G-Force)

ジーフォース(G-Force)も日本のメーカーだと思います。
ただ海外のドローンを輸入販売している会社ですので、オリジナルの商品は少ないのかもしれません。

ちょっと詳しくないでなんともいえませんが。

INGRESS

【200g未満】INGRESS(イングレス)GPS搭載ドローンレビュー!ジーフォース

画質FHD1920×1080
重量182g
伝送距離300m
周波数2.4Ghz
飛行時間13分
バッテリー7.4V900mAhのLiPoバッテリー
操作モードモード1/モード2変更可能
機体のサイズ(W×L×H):162×162×52mm
価格21500円前後
その他の機能・GPS搭載(ON/OFF切り替えが可能なので室内フライトも可能)
・オートリターン搭載

K-ONE.(ケーワンドット)株式会社カレイドスコープナレッジ

トイドローン並びに周辺機器の販売・企画・設計などを行なっている日本のメーカーです。

KE-912 GPSドローン

【200g未満】Heliway KE-912 GPSドローン 実機レビュー【K-ONE.】
カメラ性能FHD 1080P/25fps、広角90°f/2.0
下向き30°固定
重量170g(バッテリー込みの重量)
伝送距離送信機での操作可能距離:400m
FPVの距離:60~80m
周波数送信機、FPVともに2.4GHz
飛行時間16分
バッテリー7.4V/890mAh Li-Po
操作モードモード2
機体のサイズ展開時 138x138x45mm
アーム折たたみ時138x80x45mm
価格20,000円(税別)
その他の機能・GPS搭載
・フォロミーモード
・オートリターンなど

販売が「K-ONE.」の商品です。GPS搭載のドローンでホバリングも安定していて飛ばしていて楽しい機体でした。

参考記事

詳しくは下の記事で紹介しています↓

>>【200g未満】Heliway KE-912 GPSドローン 実機レビュー【K-ONE.】

DJI(ディー・ジェイ・アイ)

一時期CMもやっていたくらいで、日本ではいちばん有名なドローンメーカーじゃないですかね。
おもに200g以上のジンバル付きのドローンの販売をしています。
おそらくドローンメーカーの中ではいちばんの売上高があるのではないでしょうか。

ドローン以外にもジンバル付きカメラ「DJI OSMO POCKET」や「Osmo Mobile 2」なども有名です。

DJIから発売されているドローンは下の記事でまとめています↓

>>【2022年】DJIのドローン比較 初心者におすすめの機種を紹介

DJI Mavic 2 Pro・Zoom

DJI Mavic 2 Zoom 実機レビュー【マビックズーム】
 Mavic 2 ProMavic 2 Zoom
価格189000円162000円
最長飛行時間31分31分
動画サイズ4K(3,840×2,160ドット/24/25/30p)、2.7K(2,688×1,512ドット/24/25/30/48/50/60p)、フルHD(1,920×1,080ドット/24/25/30/48/50/60/120p)4K(3,840×2,160ドット/24/25/30p)、2.7K(2,688×1,512ドット/24/25/30/48/50/60p)、フルHD(1,920×1,080ドット/24/25/30/48/50/60/120p)
動画ISO100~6400100~3200
写真ISO100~12800100~3200
重量907g905g
最高時速72km72km
伝送距離8km(日本では5km)8Km(日本では5Km)
サイズ91×214×84mm(幅×奥行き×高さ) 展開時は242×322×84mm91×214×84mm(幅×奥行き×高さ) 展開時は242×322×84mm
内部ストレージ8GB8GB
ジンバル3軸3軸
最大ビデオビットレート100Mbps100Mbps

DJIといえば200g以上なら「DJI Mavic 2 Pro」「Mavic 2 Zoom」でしょうか(写真はMavic 2 Zoom)
価格は16万円以上するので少しお高いですが、満足できるドローンだと思います。

綺麗な空撮ができて、センサー類もいろいろついているので安全性も高いです。
お金がある方は迷わず「DJI Mavic 2 Pro」って感じですかね。

詳しくは下の記事でも紹介しています↓↓

DJI Mini 2

 DJI Mavic miniDJI Mini 2
価格通常版:46,200円
Fly More コンボ:59,400円
通常版:59400円
Fly More コンボ:79,200円
最長飛行時間18分(無風で約3.3m/s)18分(無風で約4.6m/s)
動画サイズ2.7K:2720×1530@25/30p
FHD:1920×1080
@25/30/50/60p
4K:3840×2160
@24/25/30p
2.7K:2720×1530
@24/25/30p
FHD:1920×1080
@24/25/30/48/50/60p
動画ISO100~3200(自動)
100~3200 (手動)
100~3200(自動)
100~3200 (手動)
写真ISO100~1600(自動)
100~3200 (手動)
100~3200(自動)
100~3200 (手動)
重量199g199g
最高時速13m/s(Sモード)
8m/s(Pモード)
4m/s(Cモード)
16m/s(Sモード)
10m/s(Nモード)
6m/s(Cモード)
伝送距離2km6Km
サイズ140×81×57 mm(折りたたみ時)
159×202×55 mm(展開時)
245×289×55 mm(展開時プロペラ付き)
138×81×59 mm(折りたたみ時)
159×202×55 mm(展開時)
245×289×55 mm(展開時プロペラ付き)
カメラセンサー1/2.3 CMOS
有効画素数:12MP
1/2.3 CMOS
有効画素数:12MP
レンズFOV:83°
35mm換算:24mm
絞り:F2.8
FOV:83°
35mm換算:24mm
絞り:F2.8
最大ビデオビットレート40Mbps100Mbps

重量を200g未満に収めつつジンバルを搭載したドローンです。
今後法改正されて100g未満が模型飛行機に分類されるので「DJI MINI 2」も無人航空機として登録しなくてはいけなくなってしまいますが….とても残念です。
ちなみに上の表は初代「Mavic mini」との比較表です。初代もジンバル付きですのでブレのない空撮はできます。初代「Mavic mini」なら価格がだいぶ安くなってきているので、趣味で遊ぶくらいなら初代の「Mavic mini」でも十分だと思います。

詳しくは下の記事で紹介しています↓↓
LINK【200g未満】日本仕様の「DJI Mini 2」ドローン レビュー

DJI Tello

【DJI Tello レビュー】200g以下ドローン「テロー」を実際に飛ばしてみた感想
画質HD720P フレームレート30(ジンバルなし)
写真: 5MP (2592×1936)
重量80g
スピード8m/s
伝送距離100m(タブレットwifi)
飛行時間13分
付属品本体:1
バッテリー:1個
プロペラ:8枚
プロペラガード:1セット
価格12800円
その他の機能パソコンで組んだプログラミングで
ドローンを動かす事ができるetc

DJIのドローンの中で唯一200g未満の重量の機種が「DJI Tello」です。
ジンバルはついていませんので、動画の方はブレのあるものになりますが、静止画はなかなか綺麗なものを撮影することができます。
ホバリングの安定感もあり、さすがDJIの商品といったところです。
プログラミングでドローンを操縦させる機能などもあり、なかなか面白いドローンです。

Parrot(パロット)

Parrotはフランス発祥のドローンメーカーです。
ドローンというと中国ってイメージもありますが、Parrotはフランスなんですよ〜
ジンバル付きのドローンもありますし、200g未満のトイドローンも日本向けに技適マーク付きで販売しています。

Parrot ANAFI

Parrot社から、新型ドローン「ANAFI」登場!気になるスペックの紹介
重量320g
折りたたみサイズ長さ244x幅67x高さ65mm
広げた時のサイズ長さ175x幅240x高さ65mm
飛行時間25分
動画4K/25fps
写真ワイド21MP(5344×4016)/ 4:3/84°HFOV
直角 16MP(4608×3456)/ 4:3 / 75.5°HFOV

Parrot社の最新ドローンです。
価格は8万円くらいで4K動画の撮影ができるドローンです。
GPS搭載のドローンですので、安定したフライトを楽しむことができます。

詳しくは下の記事でも紹介しています↓↓

Holy stone(ホーリーストーン)

いろいろなトイドローンを販売しているメーカーです。

Holy stone(ホーリーストーン)から販売されているドローンは下の記事でまとめています↓↓
LINKHoly Stone(ホーリーストーン)ドローン 比較 15選

Holy Stone HS120D

画質1080P FHD
重量198g(カメラ取り外し時)
伝送距離300メートル
周波数2.4Ghz
飛行時間16分
バッテリー機体バッテリー:7.4V 1200mAh
送信機バッテリー:7.4V 300mAh(内蔵)
操作モードモード1/モード2切り替えが可能
機体のサイズ270 x 270 x 120 mm
価格19990円(アマゾン)
その他の機能・GPS搭載
・フォローミーモード
・オートリターン

2019年4月から販売が始まったドローンです。
GPS搭載で1080Pカメラ付きの高性能ドローンですが、200g未満の重量に抑えていますので、航空法規制の対象外になります。
価格は2万円以内で購入できます。
いまいちなポイントはジンバルがついていないので、ブレのある空撮映像になってしまうことです。
それ以外は、個人的な感想としては、価格を考えれば満足できるドローンでした。

詳しくは下の記事で紹介しています↓↓

Holy Stone HS720E

 Holy Stone 4Kカメラ付き ドローン HS720E レビュー
型番HS720E
重量495g(バッテリー1個含めた重量)
サイズ折り畳み時:177 × 104 × 58mm
展開時:337 × 240 × 58mm
飛行時間約23分
機体バッテリー7.4V 2800mAh
バッテリー充電時間約5時間
送信機周波数2.4GHz
最大操作距離約300メートル(干渉なし、障害物なし)
カメラ周波数2.4GHz
画像伝送距離約100m(干渉なし、障害物なし)
※FPV映像の距離
カメラ角度調整-90°~0°
画素数写真:3840 × 2160p(SDカード側)1920 ×1080p(アプリ側)
動画:3840 × 2160p(SDカード側)1280 × 720p(アプリ側)
データ形式写真:JPEG
動画:AVI/MP4
SDカード容量最大128G
操作モードモード1/2自由に変更可能
技適マーク211-200407 / 211-200408

重量は200g以上。GPS搭載のドローンです。
価格は3万円ちょっとしますが、ホバリングは安定していて、オートリターンや自動追尾機能もついていてるドローンです。

電子手ブレ補正がついているので、ブレの少ない空撮映像を撮影できます。

Holyton(ホーリートン)

上で紹介した「Holy stone(ホーリーストーン)」の姉妹ブランド的なメーカーです。主に100g未満のドローンを販売しています。

Holytonから発売されているドローンは下の記事でまとめています↓↓Holytonの割引クーポンもあり
LINKHolyton(ホーリートン)ドローン 比較 6選【おすすめの機種を選んでみた】

Holyton HT30

カメラなし
本体重量41g
飛行時間12分(バッテリー2個で合計)
サイズ105 × 90 × 35mm
送信機操作頻度2.4GHz
送信機の操作距離約40m(障害物なし、干渉なし)
バッテリー容量3.7V 300mAh
充電時間約50分間
操作モードモード1/2自由転換可(デフォルトはモード2)
価格4520円(2021年11月25日時点でのアマゾンの価格)

100g未満でプロペラガードが全体についているので、安全性が高く室内でフライトするのに向いているドローンです。子供と一緒に遊んでもいいかもしれません。

Hubsan(ハブサン)

発売されているドローンの機種は少ないですが、個人的にはコスパがよくて好きなメーカーです。

Hubsanから発売されているドローンは下の記事でまとめています↓

>>【Hubsan(ハブサン)ドローン 比較 10選】おすすめの機種を選んでみた!

Hubsan ZINO PRO +

【日本版】Hubsan ZINO PRO + レビュー!H117P-J 技適ありドローン
カメラカメラセンサー Sony 1/3 inch CMOS
画像チップ Ambarella A12S
レンズ画角 80°
焦点距離 24-48mm
絞り値 F2.2
ISO 感度 100-3200
シャッター速度 1/8000 – 1/30
動画4K:3840*2160 30fps
2.7K:2704*1520 30fps
1080P:1920*1080 30/60fps
720P:1280*720 30/60/120fps
動画フォーマット MP4 / MOV(H.264/MPEG-4 AVC)
動画最大 ビットレート 60Mbps
静止画静止画解像度 4:3 (4192×3072)
16:9 (3840×2160)
静止画フォーマット JPEG
重量792g
伝送距離2000m
最高到達高度:500m
飛行時間39分
対応 SD カードU1 またはクラス 10 以上の 16G/32G/64G/128G
バッテリー5000mAh 11.4V(3S)
重量:277g
電力:57Wh
ジンバル画像安定化システム 三軸メカニカルジンバル
ピッチ -120° ~ +30°
ロール -30° ~ +30°
見出し -30° ~ +30
操作可能範囲 ピッチ:-90° ~ 0°
操作モードモード1/モード2の切り替えが可能
機体のサイズ折りたたみ時:L19.8*W10.4*H9cm
展開時:L31.5*W25.2*H9cm
最高時速S モード:10m/s
N モード:8m/s
技適番号機体の技適番号:216-200014
送信機の技適番号:216-200015
価格バッテリー2本、キャリングケース付きは49,988円
バッテリー1本スタンダードは41,988円
その他の機能・GPS内蔵で自動追尾機能
・ホーム・トゥ・リターン
・ウェイポイントモード
などいろいろな機能あり

ジンバル付きのドローンでコスパはいいと思います。フライト時間が長いのは魅力的です。

詳しくは下の記事で紹介しています↓↓
LINK【日本版】Hubsan ZINO PRO + レビュー!H117P-J 技適ありドローン

Potensic(ポテンシック)

あっているかはわからないけど、メーカーの日本語読みは、自分は「ポテンシック」ってよんでいます。

販売しているのは200g未満のホビードローンが多いですね。
アマゾンで人気のあるメーカーで、僕もいろいろな機種のレビューをしています。

Potensic(ポテンシック)から販売されているドローンは下の記事でもまとめています↓↓

Potensic T25

【200g以下ドローン Potensic T25 レビュー】GPS内蔵で自動追尾付きのおすすめドローン!
画質動画:1920×1080P
FPV録画は:720P
重量198g
伝送距離300m(実際は100m程度とのレビューあり)
飛行時間最大フライト時間8〜10分(実際は6分ぐらいとのレビューあり)
バッテリー3.7V 1000mAh Li-ion
操作モードモード2
機体のサイズ27 x 27 x 12 cm
価格18000円前後(2018年12月現在)
その他の機能・フォローミーモード(自動追尾機能)
・オートリターン機能(RTH)
・安心の初心者モード付き(最大飛行距離を30mに制限)

重量が198gとかなりギリギリに航空法規制対象外のドローンにしている機種。
GPSを搭載していてオートリターンやフォロミーモードなどをおこなうこともできます。

詳しくは下の記事で紹介しています↓↓

Potensic A30W

画質動画:720p
重量65g
伝送距離30m程度
周波数2.4Ghz
飛行時間飛行時間:5分程度
バッテリー 
操作モードモード2
機体のサイズ140x140x43.5mm
価格5500円前後(2019年3月現在)アマゾン
その他の機能ヘッドレスモード搭載

価格が6000円以下で購入できて、FPV飛行もできるドローン。
手のひらより少し大きいくらいのサイズで小型ですので、室内で飛ばすことも可能です。

詳しくは下の記事でも紹介しています↓↓

Snaptain(スナプテイン)

こちらもかってに日本語よみで「スナプテイン」と読んでいます。
2019年に入ってからでしょうか。Amazonでにいろいろな機種を販売してきたメーカーです。
このブログでもいろいろな機種をレビューしています。

Snaptain(スナプテイン)から発売されているドローンは下の記事でまとめています↓

SNAPTAIN SP650 ドローン

【200g未満】SNAPTAIN ドローン SP650 実機レビュー
カメラ(画質)FHD 1080P
重量120g前後
伝送距離100m程度だと思います
周波数送信機:2.4Ghz
FPV:2.4Ghz
送信機、本体ともに技適マーク入っていました。
飛行時間12分
バッテリー3.7v 1300mah
操作モードモード1/モード2変換可能(自分はモード2しか試していません)
機体のサイズ23.70 X 27.10 X 7.60
価格10000円前後
その他の機能・高度維持機能付き

画質はあまりよくありませんでしたが、スピードが出るところがおすすめポイントです。

SNAPTAIN ドローン SP650
SNAPTAIN

詳しくは下の記事で紹介しています↓↓

ここから下は主にFPVゴーグルをつけてFP飛行をする機体を販売しているメーカーを紹介していきます↓↓

BETA FPV

FPVドローンを飛ばしている人なら、ほとんどの方が知っているメーカーです。

BETAFPVのドローンは下の記事でまとめています↓

>>BETAFPV のマイクロドローン一覧 まとめ

BETAFPV Pavo30

BETAFPV Pavo30 ドローンレビュー!SMO 4K
Pavo30 Whoop Drone(Analog VTX)Pavo30 Whoop Drone(HD Digital VTX)
重量145g (without battery)173g (without battery)
ホイールベース118mm118mm
FCF722 AIO 35A FCF722 AIO 35A FC
フレームPavo30 Frame KitPavo30 Frame Kit
モーター1505-3400KV motor1506- 3000KV motor
プロペラHQ75 5-blade props with 1.5mm shaft holeGemfan D76 5-Blade props with 5mm shaft hole
レシーバーオプションFrsky FCC/Frsky LBT/TBS/FUTABA/PNP Frsky FCC/Frsky LBT/TBS/PNP
FPVカメラANT Nano cameraNebula Nano camera
FPV Camera 角度0°- 60° 0°- 60° 
VTXM02 25-250mW VTXVISTA HD Digital VTX
カメラマウントSMO 4K camera MountSMO 4K camera Mount
SMO 4K Tilt Degree5°- 45° 5°- 45° 
バッテリー750mAh 4S battery /850mAh 4S battery (Not included) 750mAh 4S battery /850mAh 4S battery (Not included) 
バッテリーコネクタXT30XT30
フライトタイムAbout 6-8 minutesAbout 6-8 minutes

かなりパワフルに飛ぶFPVドローンです。

GEPRC(ゲップアールシー)

個人的に好きなドローンメーカーです。

GEPRCから販売されているドローンは下の記事でまとめています↓↓

GEPRC(自作ドローン)

【自作ドローンの作り方】3インチドローンを組み立ててみた!
上の画像はGEPRC(ゲップアールシー)から出ているドローンのフレームで作った自作ドローンです。
フレームの完成度も高いです。

パーツ構成は下の記事で紹介しています↓↓

EMAX(イーマックス)

Emax Tinyhawk II Freestyle


2sドローンなのにスピード感のあるフライトが楽しめる機種です。
VTXはピンタイプですが、交換もできますので、購入して開局済みのVTXと交換することも可能です。

詳しくは下の記事で紹介しています↓↓

ARMATTAN


あまり日本では人気はなさそうですが、個人的には好きなメーカーです。自分はこのメーカーのフレームで何台か自作機の作成をしています。

ちなみに公式ホームページでは完成機も販売しています。

ドローンメーカー ランキング

ここからは個人的に好きなドローンメーカーを紹介していきます。

1位.DJI(ディー・ジェイ・アイ)

文句なしの1位はDJIです。価格はどのドローンも高いですが「購入して失敗した!」って思ったドローンは一台もないです。

MavicシリーズもPhantomシリーズもどちらも素晴らしいですし、200g未満のドローン「DJI Mavic Mini」はかなり凄いドローンだと思います。

本格的な空撮がしたいなら、DJIのドローンを購入しましょう。

DJI(ディー・ジェイ・アイ)のドローンは下の記事でまとめています↓↓

2位.Holy Stone(ホーリーストーン)

アマゾンで人気のあるHoly Stone(ホーリーストーン)を3位にしました。
おそらくアマゾンで販売されているトイドローンの中では売り上げ的にはNO.1だと思います。

GPS付きのドローンが個人的にはおすすめです。

Holy Stone(ホーリーストーン)のドローンは下の記事でまとめています↓↓

ドローンメーカー ランキング FPV、マイクロドローン編

ここからはFPVレース系のドローンや、マイクロドローンのおすすめメーカランキングを紹介します。

1位.GEPRC(ゲップアールシー)

完成度の高いドローンが多いです。
個人的には、2インチ〜3インチのドローンが特に好きです。

GEPRC(ゲップアールシー)から発売されているドローンは下の記事でまとめています↓↓

2位.BETA FPV

おそらくマイクロドローンが好きな人は、このメーカーのドローンは持っている人が多いのではないでしょうか?
FPV系のドローンを飛ばし始めた当初はそこまで興味のないメーカーだったのでが、「BETAFPV HX100 SE」を飛ばしたのをきっかけに大好きなメーカーに変わりました。

最近75サイズのフレームを使って、自作のドローンを作った時も「BETAFPV」からパーツを選んで作りました。

「BETA FPV」のパーツを使って自作したマイクロドローンはこちら↓↓

BETA FPVから発売されているドローンは下の記事でまとめています↓↓

まとめ

今後新しく気になるメーカーがでてきたら、記事に追記していきます。
農薬散布や測量などができる、産業用のドローンだと、何社か日本のメーカーで有名なところがあるんですよね。

だけど、あまり自分は詳しくないのでこの記事の中には入れませんでした。
産業用のドローンについては今後勉強していこうと思ってます(たぶん)。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。