ドローン機体

軽量27gドローン Happymodel Mobula6 HD レビュー

軽量27gドローン Happymodel Mobula6 HD レビュー
1sバッテリーでHD画質で空撮できる「Happymodel Mobula6 HD」。
飛ばせる準備が整いましたので、実機レビューをしていきます。

Happymodelのクーポン一覧です。クーポンコードをクリックするとクーポンコードがコピーされて、商品ページに移動します。そのまま貼り付けて使用可能。

商品名(型番) クーポンコード 価格 台数 期限

Happymodel
Mobula6 HD

BGJPHM10231

$104.72 10 2020/10/31日

Happymodel Mobula6 HD スペック

カメラ Runcam Split3-Lite
【詳細】
Field of View(FOV):Recording FOV 165°(FPV FOV: 165 ° @16:9, 130 ° @4:3)
Video Resolution:1080@60fps/1080@50fps/1080@30fps/720@60fps
Video File Format: MOV
Image Resolution:2 MP
TV Mode: NTSC (720*480)/PAL (720*576) Switchable
Interface: JST 1.25mm / UART and SH 1.0mm
Max Micro SD Card Supported 64G(need Class 6 or above, recommend Class 10/UHS-I/UHS-II/UHS-III)
Hole Distance of Installation: 25.5*25.5mm
PCB Size: 29*29mm
Lens Module Size: 14*14mm
Lens Specs: M9
Power Input: DC 5-20V(Non-direct power supply from battery. Powered directly with battery will generate surges and burn the camera.)
Working Current: 450mA @5V
重量 27g
フレーム 65mm
FC,ESC,VTX Crazybee F4 Lite(Happymodel Mobula6と同じで、FC、FSC、VTXは一体型のもの。「Mobula6」で開局している人なら、到着してFCごと付け替えればすぐに飛ばせる)
モーター EX0802 19000KV
Configu-ration:9N12P
Stator Diamter:8mm
Stator Length:2mm
Shaft Diameter:Φ1mm
Motor Dimension(Dia.*Len):Φ10.5mm*14.9mm
Weight(g):1.7g
No.of Cells(Lipo):1S only
レシーバー TBS CROSSFIRE Receiver, Flysky , Frsky ,DSMX
価格 13000円くらい

Happymodel Mobula6 HD レビュー

開封

マイクロドローン Happymodel Mobula6 HD レビュー
まずは開封レビューからしていきます。

マイクロドローン Happymodel Mobula6 HD レビュー
箱をあけるとプチプチに包まれて梱包されていました。

軽量27gドローン Happymodel Mobula6 HD レビュー
  • Happymodel Mobula6 HD 本体 ×1
  • 1s250mAhバッテリー×4
  • USB充電器 ×1
  • カメラ設定用ドングル ×1
  • 予備のプロペラ ×4
  • ドライバー ×1
  • 予備のネジ

セット内容はこんな感じ。

マイクロドローン Happymodel Mobula6 HD レビュー
機体本体。
本体が65mmサイズということもあり、カメラがでかく感じます(笑)

軽量27gドローン Happymodel Mobula6 HD レビュー
マイクロSDの差し込み口はここにあります。
マイクロSDの差し込みはけっこう入れづらくて大変。
取り外しにはピンセットがあると便利です。

Mobula6 HD Betaflight の設定

マイクロドローン Happymodel Mobula6 HD レビュー
デフォルトのポートタブの設定はこんな感じ。
スマートオーディオ対応。

軽量27gドローン Happymodel Mobula6 HD レビュー
基本設定タブのAirモード常時ONになっていたので、この部分はOFFに。
ここら辺はお好みで設定すればいいと思います。

マイクロドローン Happymodel Mobula6 HD レビュー
自分はフタバの送信機とバインドしたかったので、基本設定の「SPIバス受信プロトコル」をS-FHSSに変更。

デフォルトのベータフライトバージョン3.5.7だと、基本設定の「SPIバス受信プロトコル」にS-FHSSという項目がありませんでしたので、ベータフライトバージョンをアップしました。

マイクロドローン Happymodel Mobula6 HD レビュー
自分はアームを入れるとモーターが回転する設定が好きではないので、アーム後モーターを回転させないにチェックを入れました。

Mobula6 HD VTX 系統図

「Mobula6 HD」はFHDじゃない「Mobula6」と同じFC、内臓VTXを搭載しています。
国内ショップで購入する場合は、VTX系統図がついてくる場合がおおいと思いますが、海外通販サイトの場合、系統図はついてきません。

海外通販サイトで購入して系統図を持っていない方は、戸澤さんに相談してみてください。
すでに解析済みの系統図に入っていましたので、メールで相談すれば譲ってもらえると思います。

戸澤さんについて詳しくは下の記事で↓↓

【ドローンの開局申請】VTXの系統図は戸澤さんのところで入手できます ドローンの開局申請にはVTXの系統図が必要になります。 日本のショップで購入する場合はVTXの系統図が付いてくる場合もありますが、...

Mobula6 HD バインド方法

バインド方法はとても簡単です。
バッテリーを差し込んで電源を入れる、またはPCとUSBで接続すればFCの電源が入ります。

次に、FCの裏側のバインドボタンをおすと、機体本体がバインド待ちになります。

あとは送信機側から、バインド操作をすればOK。
送信機のバインド操作に関しては、送信機によって変わってくると思います。

フタバのプロトコル「S-FHSS」でバインドするときは基本設定の「SPIバス受信プロトコル」を「S-FHSS」に変更します。デフォルトのベータフライト のバージョン(自分は3.5.7だった)だと項目がないのでファームウェアをアップデートする必要があります。

jumper T8sg plusの場合は「Frsky」に合わせてBindボタンを押せばOK

CLIコマンドラインからバインド

ちなみにCLIコマンドラインから機体本体をバインド待ちにさせるやり方もあります。

軽量27gドローン Happymodel Mobula6 HD レビュー
基本設定タブは上の画像のように設定されていて、ベータフライト のバージョン「3.5.7」でFrsky_Dでバインドさせる場合のコマンド↓

ベータフライト:3.5.7
受信機モード→SPI受信サポート 
SPIバス受信プロトコル→Frsky_D

打ち込むコマンド:frsky_bind

フタバのプロトコルでのバインド↓(自分の設定で確認)

ベータフライト:4.0.6
受信機モード→SPI受信サポート 
SPIバス受信プロトコル→S-FHSS

打ち込むコマンド:bind_rx_spi

Mobula6 HD バインドできない

バインドできない場合、考えられる原因

・通信方式(プロトコルが一致していない→Frsky flyskyの間違いなど)
・機体がバインド待ちになっていない
・送信機側のバインド操作が間違っている

比較的「Mobula6 HD」のバインドは簡単な方だと思いますが「バインドできない」場合は上の3点を確認してみてください。

Mobula6 HD ファームウェア

Mobula6 HDのファームウェアは「CRAZYBEEF4FR」。
ベータフライトのバージョンは「3.5.7」がインストールされていました。
フタバの通信方式「S-FHSS」でバインドしたい場合、ファームウェアをアップデートする必要があります。

2020年6月15日時点での最新バージョンは「4.1.1」でしたが、自分は「4.0.6」に変更しました(Mobula6で自分で動作を確認していたため)。

Mobula6 HD ファームウェア アップデート

マイクロドローン Happymodel Mobula6 HD レビュー
アップデート方法は機体とPCをUSBケーブルで接続。
ファームウェアのアップデートを選択。

マイクロドローン Happymodel Mobula6 HD レビュー
ファームウェア「CRAZYBEEF4FR」を選択して、バージョンも選択。
自分は「4.0.6」を選択。理由はMobula6で動作確認していた為。

軽量27gドローン Happymodel Mobula6 HD レビュー
次に「ファームウェアを選択 [Online]」をクリック。
ファームウェア がダウンロードされるので、そのあと「ファームウェアの更新」をクリック。

軽量27gドローン Happymodel Mobula6 HD レビュー
DFUモードに変わるので、もう一回「ファームウェアの更新」をクリック。

軽量27gドローン Happymodel Mobula6 HD レビュー
ファームウェアの書き込みが終了すると上の画面になります。

ファームウェアをアップデートするときには、バックアップをとっておいてください。
CLIコマンドラインに「diff all」または「dump all」等を打ち込んで、メモ帳などにコピーしておくといいです。

Happymodel Mobula6 HD youtube空撮動画


実際にテストフライトしてきました。
フライト時間は自分の飛ばし方で2分半くらいでした。
飛ばし方によっては3分くらいはギリギリ飛ぶと思います。

Happymodel Mobula6 HD 良いところ

30g以下の重量でそこそこ綺麗な空撮ができるところは良いですね。
1sで音もわりと静かなので、手軽に飛ばすことができます。

内臓受信機のわりにはバインド切れしない

ベータフライト:4.0.6
通信方式:S-FHSS
送信機:フタバT10J

この組み合わせで、バインド切れで墜落がいまのところないのも良いですね。
まぁあまり飛距離を出していないので、ちょっと遠くまで飛ばしてどこまでいけるか後でチェックしてみたいと思います。

フタバ
¥29,000
(2020/10/28 13:58:23時点 Amazon調べ-詳細)

Happymodel Mobula6 HD イマイチなところ

Mobula6(カメラが普通バージョン)と比較すると、重量があがっているのでスロットルが重く感じます。
軽快に飛ばしたいだけならMobula6(カメラが普通バージョン)の方が楽しく飛ばせますね。

フリップなどのトリックは「Mobula6 HD」だとあまり気持ちよくはできません(できないことはない)

Mobula6 のレビュー記事はこちら↓実際に飛ばしている動画もあります。

マイクロドローン Happymodel Mobula6 レビュー 発売からかなり経過しているので、今更レビューって感じもしますが、世間の評判が良すぎるので思わずポチってしまいました。 今回はマイク...

最後に


小さくて音もわりと静かですので、比較的に飛ばせる場所が確保できそうなマイクロドローンだと思いました。
空撮映像もそこそこ綺麗に撮影できるので旅先に持っていってもいいかもしれません。

初心者におすすめしたいマイクロドローン、送信機、FPVゴーグルは下の記事で紹介しています↓↓

初心者におすすめのマイクロドローン、送信機、FPVゴーグルの紹介【200g未満のレース機】 今回は初心者におすすめしたい「マイクロドローン」「送信機」「FPVゴーグル」を紹介していきます。 今回の記事では初めてマイクロ...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です