ドローン機体

Emax Tinyhawk II Freestyle レビュー【フリースタイル ドローン】

Emax Tinyhawk II Freestyle レビュー【フリースタイル ドローン】
今回は「Emax Tinyhawk II Freestyle」の実機レビューをしていきます。

前作の「Emax Tinyhawk Freestyle」↓今から買うなら「Emax Tinyhawk II Freestyle」を購入した方がいいと思いますが、前作の方が価格は安いです。

EMAXのドローンのクーポンコード一覧です。クーポンコードをクリックするとクーポンコードがコピーされて、商品ページに移動します。そのまま貼り付けて使用できます。

ドローン本体(型番) クーポンコード 価格 台数 期限

EMAX
Tinyhawk II
RACE

BGRACEJP

$97.74 50 2020年8月31日

Tinyhawk Freestyle

BGKakuteJP

$89.24 50 2020年8月31日

その他の割引クーポンは下の記事でまとめています↓↓

banggood(バングッド)ドローン送信機 FPVゴーグル クーポン 一覧 banggood(バングッド)のプローモーション担当者様からいただいているクーポンコードのページです。 購入するときに使用してくだ...

2020年おすすめの5.8GhzFPVゴーグルは下の記事で紹介しています↓↓

【ドローンレースに必要】5.8GhzおすすめのFPVゴーグル10選【2020年最新版】今回はドローンレースや「Tiny Whoop(タイニーフープ)」を操縦するのに必須なFおすすめの5.8GhzFPVゴーグルを紹介します。初心者が使うような安いものから、上級者が使うような高いものまで厳選して10個選んでみました。 ...

初心者におすすめしたいマイクロドローン、送信機、FPVゴーグルのセットは下の記事で紹介しています↓↓

初心者におすすめのマイクロドローン、送信機、FPVゴーグルの紹介【200g未満のレース機】 今回は初心者におすすめしたい「マイクロドローン」「送信機」「FPVゴーグル」を紹介していきます。 今回の記事では初めてマイクロ...

今回紹介しているマイクロドローンを飛ばすには、アマチュア無線4級以上の免許と、無線局の開局が必要になります。
詳しくは下の記事で紹介しています↓↓

タイニーフープでFPV飛行をする為に、必要な準備や手順を解説【マイクロドローン】 冒頭いきなりyoutubeの埋め込み動画ではじまりますが、この動画を見て「tiny-whoop(タイニーフープ)」FPV飛行に興味を...

Emax Tinyhawk II Freestyle スペック

カメラ RunCam Nano 2 Camera
重量 49.1g
フレーム 115mm
FC、ESC F4(MATEKF411RX firmware) 4 IN 1 5A ESC
VTX 0-25-100-200mW
モーター TH1103-7000KV
レシーバー FC内蔵レシーバー(Compatible with Frsky remote control D8 mode)
価格 13000円くらい

EMAX Tinyhawk Freestyle セット内容

  • Tinyhawk Freestyle ×1
  • Emax 1s HV 450 mAh Battery ×2
  • Charger ×1
  • ドライバー ×1
  • 収納ケース ×1
  • プロペラ (2x CW, 2x CCW)

バッテリーは1sバッテリーが2個ついています。
2個搭載して2sで飛ばす仕様になっています。

Emax Tinyhawk II Freestyle レビュー

ここからは自分が変更したポイントの紹介とかんたんなレビューをしていきます。

外部受信機を搭載


内部受信機で最初飛ばしてみたのですが、50m程度でたまにバインド切れをおこすことがあったので「Frsky XM+」の外部受信機を増設しました。


配線は上の画像のとおりです。

ポートのシリアル受信をONにして、基本設定のところをSBUSにすればOKです。

Emax Tinyhawk II Freestyle VTXの交換


Emax Tinyhawk II Freestyleはもともと200mwのVTXが搭載されているのですが、runcamの 200mwの開局しているものに変更しました。
デフォルトはピンタイプのものが搭載されているので、ハンダをとかしてとります。
けっこう大変です。

戸澤さんのホームページをみたら解析済みのVTXの欄にTinyhawk 200mwと記載されていたので、すでに解析されているVTXかもしれません。
デフォルトのVTXで開局したい人は、問い合わせてみるといいと思います。

戸澤さんについては下の記事で詳しく紹介しています↓↓

【ドローンの開局申請】VTXの系統図は戸澤さんのところで入手できます ドローンの開局申請にはVTXの系統図が必要になります。 日本のショップで購入する場合はVTXの系統図が付いてくる場合もありますが、...

Emax Tinyhawk II Freestyle 飛ばしてみた感想


とても軽くて軽快に飛ぶので、飛ばしていて楽しいです
2sドローンとは思えない感じ。


こちらは実際に飛ばしてきた時の動画です。
バッテリーの電源プラグをXT30に変更して飛ばしています。
バッテリーはBetaFPVの2s350mAhで飛ばしていて、3分近く飛ばせました。

へたくそなフライトになってしまいましたが、よかったらご視聴ください。

言い訳ですが、フープとかいろんなドローン飛ばしていて、感覚がうまくつかめなかった、、、笑

まとめ

スピードが出るドローンなのでマイクロドローンを初めて間もないの方にはあまりおすすめできませんが、かなり楽しいドローンだと思いました。
フリースタイルの練習機として購入してもいいかもしれません。

初心者におすすめしたいマイクロドローン、送信機、FPVゴーグルのセットは下の記事で紹介しています↓↓

初心者におすすめのマイクロドローン、送信機、FPVゴーグルの紹介【200g未満のレース機】 今回は初心者におすすめしたい「マイクロドローン」「送信機」「FPVゴーグル」を紹介していきます。 今回の記事では初めてマイクロ...

フリースタイルの技については、下の記事で紹介しています。

【ドローンフリースタイルの技】フリップ、ロールなどのやり方 ドローンをうまく飛ばせない自分が紹介するのもなんですが、、、(笑) ドローンフリースタイルの技をわかりやすく紹介している動画があり...

ブレの少ない空撮をしたい人は、ジンバル付きかブラシレスマイクロドローン

ブレの少ない綺麗な空撮をしたい人はジンバル付きのドローンか、ブラシレスマイクロドローンがおすすめです。

ジンバル付きのおすすめのドローンは下の記事で紹介しています↓↓

2020年最新ジンバル付き おすすめのドローン10選【ジンバルとは?】 今回は2020年最新版!ジンバル付きのおすすめのドローンを10選紹介します。 ドローンのジンバルとは? まずはじ...
DJI製品のでジンバル付きドローンは、下の記事で比較しています。
LINKDJIの最新ドローン比較「Phantom、Mavic Pro(Air)、SPARK、Inspire(インスパイア)」 初心者にはどれがおすすめ?

ブラシレスFHDドローンでも綺麗な空撮できます

FHDで撮影できる200g未満のブラシレスマイクロドローンは下の記事で紹介しています↓↓

綺麗な画質で空撮できるおすすめのマイクロドローン10選【FHD画質のタイニーフープ Tiny Whoop】 今回はFHD画質(1920×1080)で空撮できるおすすめのマイクロドローンを紹介していきます。 どのような形状、またはサイズや重...

ちなみに4k動画の撮影できるブラシレスマイクロドローンも発売されています。4kブラシレスマイクロドローンは下の記事で紹介しています↓↓

【200g以下で4K動画が撮影可能】高画質なおすすめのドローン10選 機体の重量が200g以下で、高画質(4K)な動画が撮影可能なドローンを紹介します。 2020年4月28日より「DJI Ma...

ブラシレスマイクロドローンは基本的にFPVゴーグルを装着して5.8Ghzの電波を使用して飛行するので、「アマチュア無線免許」または「第三級陸上特殊無線技士」の免許と、無線局の開局が必要になります。

詳しくは下の記事で紹介しています↓↓

タイニーフープでFPV飛行をする為に、必要な準備や手順を解説【マイクロドローン】 冒頭いきなりyoutubeの埋め込み動画ではじまりますが、この動画を見て「tiny-whoop(タイニーフープ)」FPV飛行に興味を...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です