ドローン機体

【200g未満】Holy Stone ドローン HS140 レビュー

【200g未満】Holy Stone ドローン HS140 レビュー
今回はHoly Stone(ホーリーストーン)から新しく発売されたドローンHS140をレビューしていきます。

Holy Stone
¥9,890
(2020/10/29 05:00:51時点 Amazon調べ-詳細)

Holy Stone(ホーリーストーン)のドローンは下の記事でまとめています↓↓↓
LINKHoly Stone(ホーリーストーン)ドローン 比較 15選【おすすめの機種を選んでみた!】

Holy Stone ドローンHS140 スペック

【200g未満】Holy Stone ドローン HS140 レビュー
画質 写真:FHD 1080P
動画:HD 720P
重量 160g
伝送距離 100m
周波数 2.4Ghz
飛行時間 16分
バッテリー 3.7V 1300mAh
操作モード モード1/モード2変更可能
機体のサイズ 310×310×110mm
価格 9890円(2020年9月13日現在1500円引きで購入可能)
その他の機能 ・ヘッドレスモード

【200g未満】Holy Stone ドローン HS140 レビュー

まずはセット内容から紹介します。

Holy Stone ドローン HS140 セット内容

【200g未満】Holy Stone ドローン HS140 レビュー
  • ドローン本体 × 1
  • 送信機 × 1
  • バッテリー × 2
  • プロペラガード × 4
  • 予備プロペラ × 4
  • ドライバー × 1
  • 日本語マニュアル × 1

セット内容はこんな感じです。

Holy Stone ドローン HS140 組み立て

【200g未満】Holy Stone ドローン HS140 レビュー
デフォルトの状態だとランディングギアとカメラは取り付けられていないので、取り付ける必要があります。

ランディングギアの取り付けはビスで止めるタイプ。
予備のネジが1本ありますが、かなり小さいので、なくしやすいですね。

【200g未満】Holy Stone ドローン HS140 レビュー

【200g未満】Holy Stone ドローン HS140 レビュー
技適マークは送信機、機体とも、ついています。

【200g未満】Holy Stone ドローン HS140 レビュー
FPVカメラにも入っていました。

Holy Stone ドローン HS140 FPVカメラ

【200g未満】Holy Stone ドローン HS140 レビュー
カメラは90°角度を変更可能で、ドローンの真下を空撮することも可能です。
商品ページのスペックでは1080Pになってましたが、実際に撮影された動画の詳細をPCで確認したところ720Pになっていました。
設定の変更ができるのか、商品ページのスペックが間違っているのか、ただいまホーリーストーンのサポートに問い合わせ中です。

Holy Stone ドローン HS140 バッテリー

【200g未満】Holy Stone ドローン HS140 レビュー
バッテリーは後ろ側から差し込みコネクタを差し込むタイプ。
ドローン本体に電源ボタンはないので、コネクタを入れると電源が自動で入ります。

バッテリー容量は「3.7V 1300mAh」で商品ページのスペックどおりなら17分の飛行が可能です。

少し戸惑ったポイント

【200g未満】Holy Stone ドローン HS140 レビュー
撮影した動画はスマートフォンに録画されるんですけど、写真フォルダに入れるには、アプリ上からダウンロードする必要があります。
アプリを起動すると上の画面になるのですが、写真や動画の移動はアプリのトップ画面の左下のアイコンから行うのではなく、

【200g未満】Holy Stone ドローン HS140 レビュー
操作画面に移動してから上の写真アイコンをタップしてダウンロードを行います。
タップすれば写真や動画を録画していれば、データがでてくるのでダウンロードしたいデータを選択してダウンロードアイコンをタップすればOKです。

Youtubeでもレビューしています


Youtubeでもレビューしています。
動画の最後の方に録画した映像ものせているので、空撮される映像がどの程度か興味がある方はご視聴ください。

まとめ

【200g未満】Holy Stone ドローン HS140 レビュー
ホバリングも安定していますし、ドローン初心者の方でも飛ばしやすいドローンだと思いました。
気になる方はAmazonでチェックしてみてください。

Holy Stone
¥9,890
(2020/10/29 05:00:51時点 Amazon調べ-詳細)

おすすめしたい200g未満のドローンは下の記事で紹介してます↓
【200g以下 おすすめのドローン 10選】無人航空機の法律 対象外の機種

綺麗な空撮をしたい人は、ジンバル付きかFPVドローン

ブレの少ない綺麗な空撮をしたい人はジンバル付きのドローンか、ブラシレスFPVドローンがおすすめです。

ジンバル付きのおすすめのドローンは下の記事で紹介しています↓↓

2020年最新ジンバル付き おすすめのドローン10選【ジンバルとは?】 今回は2020年最新版!ジンバル付きのおすすめのドローンを10選紹介します。 日本版の「Hubsan ZINO PRO +...

200g未満ブラシレスFPVドローン

【200g未満】Holy Stone ドローン HS140 レビュー
ブラシレスFPVドローンなら、安定したフライトができるので綺麗な空撮をすることができます。
下の動画は200g未満の4Kカメラを搭載したブラシレスFPVドローンで空撮したものです。

FHDで撮影できる200g未満のブラシレスFPVドローンは下の記事で紹介しています↓↓

綺麗な画質で空撮できるおすすめのマイクロドローン10選【FHD画質のタイニーフープ Tiny Whoop】 今回はFHD画質(1920×1080)で空撮できるおすすめのマイクロドローンを紹介していきます。 どのような形状、またはサイズや重...

4k動画の撮影できるブラシレスFPVドローンも発売されています。4kブラシレスFPVドローンは下の記事で紹介しています↓↓

4Kカメラ搭載のマイクロドローンまとめ!おすすめのドローンあり4K画質で撮影できるマイクロドローンを紹介と、おすすめの機種をまとめている記事です。 4Kカメラ単体で自作しても4Kマイクロドローンは作れるのでFPV4kカメラ単体でも紹介しています。...

ブラシレスFPVドローンは基本的にFPVゴーグルを装着して5.8Ghzの電波を使用して飛行するので、「アマチュア無線免許」または「第三級陸上特殊無線技士」の免許と、無線局の開局が必要になります。

詳しくは下の記事で紹介しています↓↓

タイニーフープでFPV飛行をする為に、必要な準備や手順を解説【マイクロドローン】 冒頭いきなりyoutubeの埋め込み動画ではじまりますが、この動画を見て「tiny-whoop(タイニーフープ)」FPV飛行に興味を...

初心者におすすめのFPVゴーグル、マイクロドローン(ブラシレスFPVドローン)、送信機は下の記事で紹介しています↓

初心者におすすめのマイクロドローン、送信機、FPVゴーグルの紹介【200g未満のレース機】 今回は初心者におすすめしたい「マイクロドローン」「送信機」「FPVゴーグル」を紹介していきます。 今回の記事では初めてマイクロ...

GoPro Liteでも綺麗に空撮できます

GoProには手ブレ補正機能がついていますので、分解して軽量化してドローンに搭載しても綺麗な空撮ができます。
機体とカメラの重量を合わせても200g未満に収めることもできます。

GoProliteの作り方は下の記事で紹介しています↓↓

GoPro HERO7を分解!剥きプロ GoPro liteを作ってみた BetaFPVから剥きプロを作るためのキット「GoPro lite」が発売され、好奇心からついに自分もGoProを剥いてみることにし...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です