商品情報

【Holy Stone トイドローン HS100G レビュー】ネットでの口コミや評価まとめ

【Holy Stone トイドローン HS100G レビュー】ネットでの口コミや評価まとめ

5月10日に発売された「Holy Stone トイドローン HS100G」のレビューやネットでの口コミ評価をまとめてみました。
購入する前の参考にしてください。

こちらのドローンの購入時についているカメラは5Ghz帯を使用しています。日本では電波法違反になりますので、別のものに交換して使用することをおすすめします。

Holy Stone HS100Gのスペック

画質 HD1080p 1920×1080(ジンバルなし)
重量 700g
伝送距離 500m
飛行時間 15分
機体のサイズ L=500mm W=500mm H=175mm(プロペラガード含む)
価格 27880円
その他の機能 ・フォローミーモード(自動追尾機能)
・オートリターンRTH
・ヘッドレスモード

HS100Gセット内容

【Holy Stone トイドローン HS100G レビュー】ネットでの口コミや評価まとめ
  1. 機体×1
  2. リモコン×1
  3. 1080Pカメラ×1
  4. バッテリー防爆バッグ×1
  5. バッテリー×1
  6. USBケーブル×1
  7. 予備スタンド×2
  8. 予備プロペラ×4
  9. 予備プロペラガード×2
  10. ドライバー×1
  11. ギア×4
  12. 日本語説明書×1

Holy Stone HS100Gの特徴

  • フルハイビジョン対応、1080p高画質広角カメラ
  • GPS・気圧センサー搭載
  • 伝送距離500m
  • 自動追尾機能付き(フォローミーモード)
  • オートリターン(RTH機能付き)
  • 15分のロングフライト
  • モード1,2の切り替えが可能

フルハイビジョン対応、1080p高画質広角カメラ

【Holy Stone トイドローン HS100G レビュー】ネットでの口コミや評価まとめ
前作HS100のカメラは720pでしたが、パワーアップ。
1080p高画質広角カメラを搭載しています。
DJIの機種の4Kカメラに慣れている人にはものたりないと思いますが、トイドローンの中ではなかなかのカメラです。

GPS・気圧センサー搭載

【Holy Stone トイドローン HS100G レビュー】ネットでの口コミや評価まとめ
GPSと気圧センサー搭載しているので、安定したホバリングが可能です。
  

伝送距離500m

【Holy Stone トイドローン HS100G レビュー】ネットでの口コミや評価まとめ
伝送距離が500mとトイドローンの中ではかなり高スペックです。

自動追尾機能付き(フォローミーモード)

【Holy Stone トイドローン HS100G レビュー】ネットでの口コミや評価まとめ
一定の距離と高度を保ちながら自動で追従するフォローミーモードが掲載しています。
トイドローンだとあまりついている機種はないんですよね〜。

オートリターン(RTH機能付き)

【Holy Stone トイドローン HS100G レビュー】ネットでの口コミや評価まとめ
送信機のリターンスイッチひとつで機体を帰還させることが可能です。
機体を見失った時や、前方方向がわからなくなった時などに重宝する機能です。

しかも送信機からの電波をロストした時も自動で働く機能ですので、安心して空撮を楽しむことができます。

15分のロングフライト

【Holy Stone トイドローン HS100G レビュー】ネットでの口コミや評価まとめ
7.4V 2500mAhバッテリーを搭載し、約15分間、連続飛行できます。

モード1,2の切り替えが可能

前作のHS100はモード2での操作しかできませんでしたが、HS100Gはモード1,2の切り替えが可能です。

HS100G ネットでの口コミや評価

  • 細かい作業は少し必要ですが、付属しているドライバーでプロペラの取り付けは可能。
  • GPSを搭載しているので安定したホバリングが可能。初飛行から安定して飛ばすことができました。まぁ操作に混乱した時はRTHがついているの安心です。
  • 伝送距離は500mになっていましたが、300mで電波ロストしました。オートリターン機能は問題なく作動し手元まで帰ってきました。FPVが安定してみれる位置(タイムラグなし)は150mぐらいまでだと思います。
  • 重量もありますが、そのぶんパワーもあります。700gあるので墜落時の任意保険はぜったいに入った方がいいです。
  • 色がマットブラックでかっこいいです。モード1,2のの切り替えができるのもいいですね。
  • ジンバルがないのでブレのある動画になりますが、この価格ならコスパの高い機種といえると思います
  • 478mフライトできました。条件がそろえば伝送距離は500mまでいけそうです
AKIRA
AKIRA
アマゾンでの評価は4.5とかなり高く、あまり悪い評価は見られませんでした。

HS100G 空撮動画

ちなみに空撮動画はこちら。ジンバルがないのでブレのある動画になりますが、色味もいいし綺麗だと思います↓↓

こちらも空撮動画。綺麗です。

こちらはフォローミーモード(自動追尾)を使って、バイクを追尾させている動画。
すごく綺麗に写っています。

最後に

ネットでの評価やレビューは高い商品ですが、700gと重量が200gを超えて、無人航空機に該当しますので飛ばす場所には注意が必要です。
新しく情報が入り次第追記します。

Holy Stone Toys
¥19,000
(2019/10/14 18:42:00時点 Amazon調べ-詳細)

こちらのドローンの購入時についているカメラは5Ghz帯を使用しています。日本では電波法違反になりますので、別のものに交換して使用することをおすすめします。

ブレの少ない空撮をしたい人は、ジンバル付きかブラシレスマイクロドローン

ブレの少ない綺麗な空撮をしたい人はジンバル付きのドローンか、ブラシレスマイクロドローンがおすすめです。

ジンバル付きのおすすめのドローンは下の記事で紹介しています↓↓

2019年最新ジンバル付き おすすめのドローン10選【ジンバルとは?】 今回はジンバル付きのおすすめのドローンを10選紹介します。 ドローンのジンバルとは? まずはじめにジンバルとは?...
DJI製品のでジンバル付きドローンは、下の記事で比較しています。
LINKDJIの最新ドローン比較「Phantom、Mavic Pro(Air)、SPARK、Inspire(インスパイア)」 初心者にはどれがおすすめ?

200g未満ブラシレスマイクロドローン


FHD以上のブラシレスマイクロドローンなら、安定した飛行ができるのでブレの少ない綺麗な空撮をすることができます。
下の動画は200g未満のブラシレスマイクロドローン「FullSpeed TinyLeader 75mm HD」で空撮したものです。
そこそこブレのない空撮ができていいると思います。

ちなみにプロの方が200g未満ブラシレスマイクロドローンを使うとこのくらい綺麗な空撮をすることができます↓↓

上で紹介したようなFHDで撮影できる200g未満のブラシレスマイクロドローンは下の記事で紹介しています↓↓

綺麗な画質で空撮できるおすすめのマイクロドローン10選【FHD画質のタイニーフープ Tiny Whoop】 今回はFHD画質(1920×1080)で撮影することのできるマイクロドローンを紹介していきます。 どのくらいのサイズや重量でマイク...

ちなみに4k動画の撮影できるブラシレスマイクロドローンも発売されています。4kブラシレスマイクロドローンは下の記事で紹介しています↓↓

【200g以下で4K動画が撮影可能】高画質なおすすめのドローン10選 機体の重量が200g以下で、高画質(4K)な動画が撮影可能なドローンを紹介します。 この記事で紹介している「Caddx T...

ブラシレスマイクロドローンは基本的にFPVゴーグルを装着して5.8Ghzの電波を使用して飛行するので、「アマチュア無線免許」または「第三級陸上特殊無線技士」の免許と、無線局の開局が必要になります。

詳しくは下の記事で紹介しています↓↓

タイニーフープでFPV飛行をする為に、必要な準備や手順を解説【マイクロドローン】 冒頭いきなりyoutubeの埋め込み動画ではじまりますが、この動画を見て「tiny-whoop(タイニーフープ)」FPV飛行に興味を...

ドローンを趣味ではなく仕事に変えてみよう!

将来ドローンを仕事にしたいと思っている方は、ドローンスクールに通ってみませんか!?
今後ドローンの仕事の需要はどんどん増えていくと予想されています。
ドローンを趣味ではなく仕事にしたいなら、資格は取得しておきまししょう。
下で紹介する「DSJ東京中目黒校」は無料体験説明会を随時開催しています。
卒業後はドローンの仕事を探すアフターフォローまでしてくれるようですよ。
気になる方は公式ホームページでご確認ください↓↓

DSJ東京中目黒校の無料説明会の詳細はこちら

「Qwinout」ドローン関連商品!クーポン使用で全品15%OFF


クーポンコード:DRONEBLOG
上のクーポンコードをコピーしてお使いください。バナーをクリックすれば、ショップの販売ページに移行します。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です