ドローンパーツ

URUAV UR18 Branch 130mmドローンフレーム レビュー【自作ドローン】

URUAV UR18 Branch 130mmドローンフレーム レビュー
今回は2.5インチフレーム「URUAV UR18 Branch 130mm」を紹介します。

その他、2~3.5インチくらいのフレームは下の記事で紹介しています↓↓

【自作ドローン】2〜2.5インチ フレーム まとめ!ビス穴20mm 16mmもあり 前回は3インチ機のフレームをまとめてみましたが、今回は2インチ〜3インチ未満のフレームをまとめてみました。 気になるフレームがあり...

3インチフレームは下の記事で紹介しています。

【自作ドローン】3インチ ビス穴 20mm×20mm のフレームまとめ!おすすめはどれ? 最近自作でドローン作ろうかと思っているんです。 FC、ESC、VTXなど、いろいろ選んでいると結局BNF買っちゃった方が安かっ...

URUAV UR18 Branch 130 スペック

ホイールベース 130mm
重量 14.9g
FC,ESC,タワーのビス穴 20mm × 20mmと16mm × 16mmにも対応
推奨モーターのサイズ 11xx series motor ( mounting hole: M2 9×9)
価格 1100円前後(banggood)2019年9月現在

スペックはこんな感じ。

URUAV UR18 Branch 130mm 開封レビュー


まずは開封レビューから。


付属品はこんな感じ。

URUAV UR18 Branch 130mm ドローンフレーム レビュー【自作ドローン】
カメラマウントはスペック表どおりの14mm。

URUAV UR18 Branch 130mm ドローンフレーム レビュー【自作ドローン】
タワーは16mm または 20mmのタワーがつくれるようにビス穴があいています。

URUAV UR18 Branch 130mm ドローンフレーム レビュー【自作ドローン】
組み立ててホイールベースを計測。
130mmぴったりですね。

URUAV UR18 Branch 130mm ドローンフレーム レビュー【自作ドローン】
それと付属品でタワー用のネジがついてきました。

URUAV UR18 Branch 130mmドローンフレーム 外観

URUAV UR18 Branch 130mm ドローンフレーム レビュー【自作ドローン】 URUAV UR18 Branch 130mm ドローンフレーム レビュー【自作ドローン】

URUAV UR18 Branch 130mm ドローンフレーム レビュー【自作ドローン】
組み立て後の外観はこんな感じです。

URUAV UR18 Branch 130mm ドローンフレーム レビュー【自作ドローン】
ちなみにフレームの厚みは2mmでした。

タワーを高くしたい場合は


ちなみにタワーが1個しか組めないフレームでも、簡単にタワーの高さを変えることも、上のようなネジを使用すれば可能です。
FC,ESC,VTX,DVR基盤、すべて、1個のタワーで作ろうとするとかなりの高さになってしまいます。

URUAV UR18 Branch 130mm ドローンフレーム レビュー【自作ドローン】
このようなネジを使用すれば、かんたんに高さを調整することはできますよ。

URUAV UR18 Branch 130mm ドローンフレーム レビュー【自作ドローン】
このくらい高さをあげればDVR基盤も入れられそうです。

この記事で紹介しているフレームのネジのサイズはM2というものを使用しています↓↓

まとめ

このフレームのおすすめポイントは価格が安いところと、16mm 20mm どちらのタワーでも使用できるところですかね。
そのうちこのフレームを使って、3sバッテリー運用くらいのHD以上のドローンを作ってみようと思います。

ブレの少ない空撮をしたい人は、ジンバル付きかブラシレスマイクロドローン

ブレの少ない綺麗な空撮をしたい人はジンバル付きのドローンか、ブラシレスマイクロドローンがおすすめです。

ジンバル付きのおすすめのドローンは下の記事で紹介しています↓↓

2019年最新ジンバル付き おすすめのドローン10選【ジンバルとは?】 今回はジンバル付きのおすすめのドローンを10選紹介します。 ドローンのジンバルとは? まずはじめにジンバルとは?...
DJI製品のでジンバル付きドローンは、下の記事で比較しています。
LINKDJIの最新ドローン比較「Phantom、Mavic Pro(Air)、SPARK、Inspire(インスパイア)」 初心者にはどれがおすすめ?

200g未満ブラシレスマイクロドローン


FHD以上のブラシレスマイクロドローンなら、安定した飛行ができるのでブレの少ない綺麗な空撮をすることができます。
下の動画は200g未満のブラシレスマイクロドローンで空撮したものです。
そこそこブレのない空撮ができていいると思います。
※複数の機種、違うカメラで空撮しています。

ちなみにプロの方が200g未満ブラシレスマイクロドローンを使うとこのくらい綺麗な空撮をすることができます↓↓

上で紹介したようなFHDで撮影できる200g未満のブラシレスマイクロドローンは下の記事で紹介しています↓↓

綺麗な画質で空撮できるおすすめのマイクロドローン10選【FHD画質のタイニーフープ Tiny Whoop】 今回はFHD画質(1920×1080)で撮影することのできるマイクロドローンを紹介していきます。 どのくらいのサイズや重量でマイク...

ちなみに4k動画の撮影できるブラシレスマイクロドローンも発売されています。4kブラシレスマイクロドローンは下の記事で紹介しています↓↓

【200g以下で4K動画が撮影可能】高画質なおすすめのドローン10選 機体の重量が200g以下で、高画質(4K)な動画が撮影可能なドローンを紹介します。 ついにDJIからジンバル付きの200g未満...

ブラシレスマイクロドローンは基本的にFPVゴーグルを装着して5.8Ghzの電波を使用して飛行するので、「アマチュア無線免許」または「第三級陸上特殊無線技士」の免許と、無線局の開局が必要になります。

詳しくは下の記事で紹介しています↓↓

タイニーフープでFPV飛行をする為に、必要な準備や手順を解説【マイクロドローン】 冒頭いきなりyoutubeの埋め込み動画ではじまりますが、この動画を見て「tiny-whoop(タイニーフープ)」FPV飛行に興味を...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です