ドローン機体

Makerfire Armor 65 Lite ドローン 実機レビュー【技適取得済み】

Makerfire Armor 65 Lite ドローン 実機レビュー【技適取得済み】
今回は「Makerfire Armor 65 Lite」の実機レビューをしていきます。
今回紹介させていただく商品は送信機とセットのドローンなんですけど、技適は取得できていない商品だったんですよね。

それが去年の年末に技適を取得できたと「Makerfire」のプロモーション担当の方から連絡をいただきまして、レビューをさせていただく機会をいただきました。ありがとうございます。この場をお借りして御礼申し上げます。

Makerfire 割引クーポン一覧です。気になる商品がありましたらお使いください。クーポンコードをクリックするとコードがコピーされて商品ページに移動します。

商品名(型番) クーポンコード 価格 台数 期間
300ドル以上購入で
使えるクーポンコード
makerfire
ショップはこちら

FEB25

25ドルOFF 特になし 2020/3/1まで
200ドル以上購入で
使えるクーポンコード
makerfire
ショップはこちら

FEB15

15ドルOFF 特になし 2020/3/1まで
100ドル以上購入で
使えるクーポンコード
makerfire
ショップはこちら

FEB5

5ドルOFF 特になし 2020/3/1まで

Makerfire Armor 65 Lite ドローン スペック

Makerfire Armor 65 Lite ドローン 実機レビュー【技適取得済み】
カメラ 25mW/120° wide angle /800TVL
重量 24.5g (without Battery)
モーター 0716, 17600KV (65000rpm@3.7V)
レシーバー Bayang protocol を使って、別の送信機とバインド可能
価格 5500円(送信機セット)

Makerfire Armor 65 Lite ドローン セット内容

Makerfire Armor 65 Lite ドローン 実機レビュー【技適取得済み】
  • Armor 65 Lite ドローン本体 x 1
  • Bayang Protocol送信機 x 1
  • 300mAh 1s HV LiPo Battery x 1
  • USB充電器 x 1
  • 予備のプロペラ x 4
  • プロペラ取り外しツール x 1
  • 送信機スティック x 2

Makerfire Armor 65 Lite ドローン 実機レビュー【技適取得済み】


機体と送信機のバインドはとても簡単。
まずは機体のバッテリーをいれて電源ONにします。
LEDが素早く点滅したらバインド待ちの合図のようなので、送信機の電源を入れてあげればOKです。

送信機の左上のボタンを押すと、プロペラが回り出しアイドリングが始まるのであとはキーを入れてあげれば飛ばすことができます。

ちなみにこちらのドローンは「アングルモード」と「アクロモード」の2種類のフライトを楽しむことができます。

Makerfire Armor 65 Lite 分解とちょこっと改造

Makerfire Armor 65 Lite ドローン 実機レビュー【技適取得済み】
キャノピーは両端のネジを2本はずせば簡単に取り外しが可能です。
カメラは「赤(電源)+」「黒(アース)-」の2本で接続されています。
OSDの表示なしのドローンなので、配線もいたってシンプルです。

Makerfire Armor 65 Lite ドローン 実機レビュー【技適取得済み】
カメラ(VTX)の交換もかんたんです。「赤(電源)+」「黒(アース)-」の配線をハンダつけすればいいだけですので。
それとUR65のカメラがちょうどぴったりはまりました(使わない配線が出てきますけど)。
開局を済ませているVTXでちゃんと飛ばしたい人はここら辺に変更してもいいかもしれません。

自分はEachine TX06という一体型のカメラに変更しました。
Eachine TX06に変更するには、キャノピーのアンテナ部分を少しけずる必用がありますが特に難しくはないと思います。
カメラの下に両面テープなどを重ねて、高さや角度を調整するといいと思います。
自分は通常の角度より少し上向きに変更しました。

ちなみに「Eachine TX06」の系統図は戸澤さんのところにあります。

【ドローンの開局申請】VTXの系統図は戸澤さんのところで入手できます ドローンの開局申請にはVTXの系統図が必要になります。 日本のショップで購入する場合はVTXの系統図が付いてくる場合もありますが、...


こんな感じで完成です。

Jumper T8SG V2.0 Plusでもバインドできます


こちらのドローンは技適取得済みの、セットでついてくる送信機で飛ばすことができますが、「Jumper T8SG V2.0 Plus」などの送信機でも飛ばすことができます。

「Bayang」という通信方式(プロトコル)の使える送信機ならOKです。

Jumper T8SG V2.0 Plus レビュー【ドローンのおすすめ送信機】 今回はタイニーフープ系のマイクロドローンを飛ばす人に、おすすめしたい送信機「Jumper T8SG V2.0 Plus」を紹介します...


送信機の設定方法は「じぞまえ」さんがとてもわかりやすく解説しています。
「Jumper T8SG V2.0 Plus」で飛ばしてみたい人はこちらの動画で確認してみてください。

Makerfire Armor 65 Lite ドローン 実際に飛ばしてみた感想


ちょっと風のある日に飛ばしたんで、フライトがフラフラもたついていますが、飛ばしていてとても楽しかったです。
そこそこスピードもでるし、重量30g以下のフープ機なので手頃に飛ばせるところがいいですね。

これで送信機つきで5500円くらいで購入できるんですから、コスパはいいと思います。

最後に

中華フープ系のドローンは飛ばしたことはないけど興味がある!!
そんな人におすすめしたいドローンです。
価格が5500円くらいで購入できるのも魅力のひとつですね。

こちらのドローンは送信機はついていますが、FPVゴーグルはついていません。
おすすめのFPVゴーグルは下の記事で紹介しています↓↓

【ドローンレースに必要】5.8GhzおすすめのFPVゴーグル10選【2020年最新版】今回はドローンレースや「Tiny Whoop(タイニーフープ)」を操縦するのに必須なFおすすめの5.8GhzFPVゴーグルを紹介します。初心者が使うような安いものから、上級者が使うような高いものまで厳選して10個選んでみました。 ...

ブレの少ない空撮をしたい人は、ジンバル付きかブラシレスマイクロドローン

ブレの少ない綺麗な空撮をしたい人はジンバル付きのドローンか、ブラシレスマイクロドローンがおすすめです。

ジンバル付きのおすすめのドローンは下の記事で紹介しています↓↓

2019年最新ジンバル付き おすすめのドローン10選【ジンバルとは?】 今回はジンバル付きのおすすめのドローンを10選紹介します。 ドローンのジンバルとは? まずはじめにジンバルとは?...
DJI製品のでジンバル付きドローンは、下の記事で比較しています。
LINKDJIの最新ドローン比較「Phantom、Mavic Pro(Air)、SPARK、Inspire(インスパイア)」 初心者にはどれがおすすめ?

200g未満ブラシレスマイクロドローン


FHD以上のブラシレスマイクロドローンなら、安定した飛行ができるのでブレの少ない綺麗な空撮をすることができます。
下の動画は200g未満のブラシレスマイクロドローンで空撮したものです。
そこそこブレのない空撮ができていいると思います。
※複数の機種、違うカメラで空撮しています。

ちなみにプロの方が200g未満ブラシレスマイクロドローンを使うとこのくらい綺麗な空撮をすることができます↓↓

上で紹介したようなFHDで撮影できる200g未満のブラシレスマイクロドローンは下の記事で紹介しています↓↓

綺麗な画質で空撮できるおすすめのマイクロドローン10選【FHD画質のタイニーフープ Tiny Whoop】 今回はFHD画質(1920×1080)で空撮できるおすすめのマイクロドローンを紹介していきます。 どのような形状、またはサイズや重...

ちなみに4k動画の撮影できるブラシレスマイクロドローンも発売されています。4kブラシレスマイクロドローンは下の記事で紹介しています↓↓

【200g以下で4K動画が撮影可能】高画質なおすすめのドローン10選 機体の重量が200g以下で、高画質(4K)な動画が撮影可能なドローンを紹介します。 ついにDJIからジンバル付きの200g未満...

ブラシレスマイクロドローンは基本的にFPVゴーグルを装着して5.8Ghzの電波を使用して飛行するので、「アマチュア無線免許」または「第三級陸上特殊無線技士」の免許と、無線局の開局が必要になります。

詳しくは下の記事で紹介しています↓↓

タイニーフープでFPV飛行をする為に、必要な準備や手順を解説【マイクロドローン】 冒頭いきなりyoutubeの埋め込み動画ではじまりますが、この動画を見て「tiny-whoop(タイニーフープ)」FPV飛行に興味を...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です