ドローン機体

5インチドローンDiatone 2019 GTR548 レビュー

5インチドローンDiatone 2019 GTR548 レビュー
すっかりレビューするのを忘れていました。もう何度か飛ばしてしまい、デフォルトの状態ではなくなってしまいましたが、、、

今回は5インチドローン「Diatone 2019 GTR548」のレビューをしていきたいと思います。

Diatoneから発売されているおすすめのドローンは下の記事でまとめています↓↓

【DIATONE ドローン 比較 10選】おすすめの機種を選んでみた! 今回はDIATONEのドローンを紹介していきます。 最後にその中から個人的におすすめの機種を選んでみますね! ドローンメーカ...

5インチドローンDiatone 2019 GTR548 スペック

カメラ Foxeer Predator V3 Camera
重量
フレーム 230mm
FC Flight Controller: Mamba F405; MPU6000; AT7456 OSD; 16M flash; 5V 2A BEC.
ESC Mamba F40 / 40A 4-6S ESC Dshot600
VTX TBS UNIFY 5V 800MW Max
モーター Mamba Racing MB2207 2650KV Motor
レシーバー 自分でつける必要あり
価格 26000円くらい

5インチドローンDiatone 2019 GTR548 セット内容

5インチドローンDiatone 2019 GTR548 レビュー
画像ではわからないと思いますが、セット内容はこんな感じ。
とりあえずいろいろついてきます(笑)
レシーバーだけとりあえず用意すればOKです。

ちなみに上の画像にはうつっていませんが、


こちらの画像にある青いキャノピーもついてきます。
自分の場合上にGoProやRuncam5などのカメラを乗せたかったので、平らなキャノピーを設置しました。
デフォルトで2種類キャノピーがついてきます。

5インチドローンDiatone 2019 GTR548 飛ばす前の準備

レシーバーつけてバインドさせれば、とりあえず飛びますが飛ばす前におこなったことを記載しておきます。

ベータフライトアップデート

とりあえずデフォルトだと古いベータフライトが入っていたので「ベータフライト コンフィギレーター10.6.0で使えるようにアップデートを行いました。

それとCLIコマンドラインで「diff all」と入力して、デフォルトのセッティングを記録しておくことをおすすめします(自分はバックアップとらないで手動で設定しましけど)

デフォルトでFCインストールされているベータフライトは以下のとおり↓

FURYF4OSD (FY4O) 3.5.7 Mar 15 2019 / 21:56:07 (e9130527c) MSP API: 1.40


まずはFCの横(上の画像だと白い配線の横)についているボタンを押しながらUSBケーブルをつなげれば


上の画像のようにDUFモードで起動できます。
次に「update farmware」を選択します。

5インチドローンDiatone 2019 GTR548 レビュー 5インチドローンDiatone 2019 GTR548 レビュー


あとはファームウェアの種類と、最新バージョンを選択して、

5インチドローンDiatone 2019 GTR548 レビュー
ファームウェアの更新をやればOK。

ファームウェアの更新については、きよっちさんが動画で紹介していますのでわからない方はことらの動画をご覧ください↓

5インチドローンDiatone 2019 GTR548 レビュー
とりあえずファームウェアの更新が終わったら、機体を平らな場所において水平キャリブレーション。

5インチドローンDiatone 2019 GTR548 レビュー
ポートの設定がすべてOFFになっていたので、VTXのスマートオーディオと、レシーバーのSUBSをONに。

「diff all」でバックアップをとっている場合はCLIコマンドラインにコピペsaveでOKかも。

あとは下のリンク先から
https://github.com/betaflight/betaflight/wiki/VTX-tables

「SmartAudio 2.0 (USA)」をダウンロードして、


ダウンロードしたら、ベータフライトコンフィグレーターの「Vedeo Transmitter」タブより「Load from file」よりダウンロードしたファイルを読み込みます。

スマートオーディオ 用のVTXテーブルができればOK。

Diatone 2019 GTR548 PIDとRATEの設定

5インチドローンDiatone 2019 GTR548 レビュー
PIDとRATEはこんな感じです。
PIDはデフォルトで、RATEは高めです。

このドローンの場合、RATE高めじゃないとフリップなどの動きが「もっそり」してしまってつまらんです。
まぁ個人的な印象ですけど。

5インチドローンDiatone 2019 GTR548 飛ばしてみた感想・レビュー


こちらはGoProHERO7を搭載して飛ばした動画。
GoProの手ブレ補正のパワーで滑らかな映像になってます。

GoPro(ゴープロ)
¥39,100
(2020/05/30 19:55:21時点 Amazon調べ-詳細)

GoProHERO7の手ブレ補正の力はまじですごいです。
下の違うカメラで撮影したものと比較すれば凄さがわかるかも。


これはRuncam5オレンジを搭載して、飛ばしてます。価格が1万円と考えれば綺麗に撮影できるカメラだと思います。
コスパはいいかと。

カメラについては下の記事で紹介しています↓

4Kカメラ Runcam 5 オレンジ レビュー!手ぶれ補正はどうなの? 今回はカラーがオレンジの「Runcam 5」をレビューしていきます。 以前に黒の「Runcam 5」はレビューしましたが、オレ...

5インチ機はあまり飛ばしことがないので偉そうなことは言えませんが、価格を考えればコスパのいいドローンかと思います。
ドローン練習用にいいかも

まとめ

2020年4月3日の価格をみたら少し値段があがっていましたが、たまにクーポンがでると2万円以内で購入できる時もあるので、その時を狙って購入するといいかもしれません。

気になる方はでチェックしてみてください。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です