ドローン機体

日本仕様「DJI Mavic Mini」ジンバル付き200g未満で販売開始【マビックミニ】

日本仕様「DJI Mavic Mini」ジンバル付き200g未満で販売開始!
ついにDJIからジンバル付きの200g未満のドローン「DJI Mavic Mini(マビックミニ)」の発売が開始されました。

ジンバル付き200g未満のドローンは「Micro Drone 4.0」になるかと思っていましたが、DJIが先を越しましたね。
ちなみにMicro Drone 4.0って今どうなってるんだろ??

まぁそれは良いとして、DJIオンラインストアで販売が開始されましたので、欲しい方は早めに購入した方がいいですよ。
以前、Mavic Pro(初期型)の時などは2ヶ月待ちになったりしましたからね。

ということで今回は「DJI Mavic Mini(マビックミニ)」を紹介します。

この記事で紹介しているドローン以外で、200g未満、GPS搭載のおすすめのドローンは下の記事で紹介しています↓↓

【200g以下 おすすめのGPS付きドローン】ランキング10 今回は自分がおすすめしたい200g以下でGPS付きのドローンをランキング形式で紹介していきます。 10位から順に紹介していきますね...

日本仕様「DJI Mavic Mini」スペック

日本仕様「DJI Mavic Mini」ジンバル付き200g未満で販売開始!
画質 2.7K
2,720×1,530
レンズ FOV:83°
静止画サイズ 4:3 4000×3000、16:9 4000×2250
重量 199g
伝送距離 2km
周波数 2.4Ghz
飛行時間 18分
バッテリー 1,100mAh
操作モード モード1/モード2 変換可能(たぶん)
機体のサイズ 折りたたみ時:140×82×57mm(縦×横×厚さ)
展開時:245×290×55mm
価格 46,200円(税込)
フライモアコンボ:59,400円(税込)
その他の機能 ・GPS搭載

DJI Mavic Mini の特徴を紹介


ここからは簡単にDJI Mavic Mini(マビックミニ) の特徴を紹介

サイズがコンパクトで200g未満


折りたたみ時のサイズはスマホより少し大きい程度で、重量は199gとかなり軽量です。
日本での販売を意識して199gにしてくれたのはかなり嬉しいところです。

連続飛行時間は18分

重量を軽くるすためにバッテリーを1100mAhと小さくした為、海外バージョンよりは連続飛行時間は短くなっていますが18分と200g未満のドローンにしては十分すぎるくらいの飛行時間になっていると個人的には思いました。

クイックショットあり

自動で飛行させながら空撮できる機能「クイックショット」もあるようです。

ちなみに下の動画は「DJI Mavic Mini」ではありませんが、クイックショットをさせている時の動画です。
機種はDJI SPARK

GPS搭載ドローン

GPS搭載のドローンで、自動で帰還させるオートリターンが可能です。
それと初心者でも安定したホバリングをさせることができます。
今まで触れてきたDJIのドローンで安定したホバリングをしない機種はなかったので、「DJI Mavic Mini(マビックミニ)」もおそらく大丈夫でしょう。ただ重量が199gと軽いので、風の影響は受けやすいかもしれません。

最大伝送距離は2km


最大伝送距離は2kmになっています。
もうおもちゃのドローンとは言えない距離ですよね!!すごい!!

フライモアコンボと通常版の違い

DJI Mavic Mini(マビックミニ)通常盤

日本仕様「DJI Mavic Mini」ジンバル付き200g未満で販売開始【マビックミニ】
  • Mavic Mini 本体×1
  • 送信機×1
  • 専用バッテリー×1
  • 充電ケーブル×1
  • 予備のプロペラセット×1
  • 予備のプロポスティック×1
  • ドライバー×1

DJI Mavic Mini(マビックミニ)フライモアコンボ

日本仕様「DJI Mavic Mini」ジンバル付き200g未満で販売開始【マビックミニ】
  • Mavic Mini 本体×1
  • 送信機×1
  • 専用バッテリー×3
  • 収納ケース×1
  • 充電ケーブル×1
  • 予備のプロペラセット×3
  • 予備のプロポスティック×1
  • プロペラガード
  • 3個まとめて充電できる充電器
  • ドライバー×1

フライモアコンボはバッテリーが合計3個、プロペラのセットが3個、収納ケース、プロペラガード、3個まとめて充電できる充電器があるというところが違います。

まとめ

日本仕様「DJI Mavic Mini」ジンバル付き200g未満で販売開始!
細かい情報はわかり次第、あとで追記していきます。
でもやっぱりDJIはすごい。スパークを出した時点でいつかはやってくれると思っていましたが、2019年内に実現するとは思っていませんでした。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です