ドローン機体

【HBFPV DX40 40mm】HD画質のマイクロドローン登場

【HBFPV DX40 40mm】HD画質のマイクロドローン登場
今回は「HBFPV」から新しく発売された「DX40 40mm」を紹介します。
HD画質で空撮できてバッテリーを入れても200g未満に収められる機種ですよん。

HBFPV DX40 40mm マイクロドローン スペック

カメラ Caddx Baby Turtle
重量 65 g
フレーム 92 mm
FC、ESC Model: HBFPV AF412
MCU: STM32F411
IMU: MPU6000 gyroscope / accelerometer (SPI)
OSD: BetaFlight OSD with AT7456E chip
barometer: None
BEC Output: 5V @ 2A
built-in LC filters
include a buzzer pad
firmware target: MATEKF411
ESC MCU: BB21F16G
continuous current: (13A in 3 seconds) 12A
input: 2-4S LiPo
Dshot600, Proshot, Oneshot125, Multishot support
ammeter: 210
ESC target: G_H_30
size: 28.5 × 28.5 mm board
mounting holes: 25.5 × 25.5 mm, with damper of M2 / M3
weight: 4.7g
VTX Output Power: PIT mode / 25mW / 100mW / 200mW / 400mW switchable
control modes: BF OSD Control (RX) / Button (IRC Tramp)
Input Voltage: DC 5V
output characteristics:
PIT ——— 0dBm – 70MA —–
25MW —– —– 14DBm 150MA
100 mW —- 20DBm —– 210MA
200MW —- 23DBm —– 280MA
400MW —- 26DBm – —- 360mA
antenna: IPEX
weight: 1.2-1.5g
モーター Model: SE0803
KV: 12000KV (2-3S)
Motor Shaft diameter: 1.0 mm
Motor shaft length: 3 mm
Motor mounting holes: M1.4X3, hole distance 6.6mm
Plug Specification: JST SH1.25 3 pin plug
motor wire specifications: 30AWG silicon wire, wire length 5cm
support battery: 2-3s LiPo
product weight: 2.45g
レシーバー いろいろ選択可能(FUTABAもあり)
価格 2万円くらい

カメラはCaddx Baby Turtle

【HBFPV DX40 40mm】HD画質のマイクロドローン登場
カメラは1080p60fpsで空撮できる「Caddx Baby Turtle」を搭載。
綺麗な画質で空撮することができそうですね。

ダクトはプニプニ素材でコーティング

【HBFPV DX40 40mm】HD画質のマイクロドローン登場
ダクトの周りにはプニプニ素材っぽいのでコーティングされていますね。
何かにぶつかっても、傷なんかつかないで安心して飛ばせそう。

最後に

最近流行っているかよくわかりませんが、ダクトがしっかりしている形状のドローンが増えてきていますね。
200g以上のダクトがしっかりした「メガフープ」もいろいろ出てきているし。

ちなみに、ダクトがしっかりしたこの形状のフープは1台も持っていないで、200g未満だったら手軽に遊べるし購入しようか迷っています。

【HBFPV DX40 40mm】HD画質のマイクロドローン登場
ただマニュアルを見ているとFCとVTXがピンタイプのものかもしれないで、VTXだけ交換するのは難しいかも。

ブレの少ない空撮をしたい人は、ジンバル付きかブラシレスマイクロドローン

ブレの少ない綺麗な空撮をしたい人はジンバル付きのドローンか、ブラシレスマイクロドローンがおすすめです。

ジンバル付きのおすすめのドローンは下の記事で紹介しています↓↓

2020年最新ジンバル付き おすすめのドローン10選【ジンバルとは?】 今回は2020年最新版!ジンバル付きのおすすめのドローンを10選紹介します。 ドローンのジンバルとは? まずはじ...
DJI製品のでジンバル付きドローンは、下の記事で比較しています。
LINKDJIの最新ドローン比較「Phantom、Mavic Pro(Air)、SPARK、Inspire(インスパイア)」 初心者にはどれがおすすめ?

200g未満ブラシレスマイクロドローン


FHD以上のブラシレスマイクロドローンなら、安定した飛行ができるのでブレの少ない綺麗な空撮をすることができます。
下の動画は200g未満のブラシレスマイクロドローンで空撮したものです。
そこそこブレのない空撮ができていいると思います。
※複数の機種、違うカメラで空撮しています。

FHDで撮影できる200g未満のブラシレスマイクロドローンは下の記事で紹介しています↓↓

綺麗な画質で空撮できるおすすめのマイクロドローン10選【FHD画質のタイニーフープ Tiny Whoop】 今回はFHD画質(1920×1080)で空撮できるおすすめのマイクロドローンを紹介していきます。 どのような形状、またはサイズや重...

ちなみに4k動画の撮影できるブラシレスマイクロドローンも発売されています。4kブラシレスマイクロドローンは下の記事で紹介しています↓↓

4Kカメラ搭載のマイクロドローンまとめ!おすすめのドローンあり 今回は4Kカメラを搭載しているおすすめのマイクロドローンを紹介します。 最初にマイクロドローンとはどんなドローンなのかの解説、その...

ブラシレスマイクロドローンは基本的にFPVゴーグルを装着して5.8Ghzの電波を使用して飛行するので、「アマチュア無線免許」または「第三級陸上特殊無線技士」の免許と、無線局の開局が必要になります。

詳しくは下の記事で紹介しています↓↓

タイニーフープでFPV飛行をする為に、必要な準備や手順を解説【マイクロドローン】 冒頭いきなりyoutubeの埋め込み動画ではじまりますが、この動画を見て「tiny-whoop(タイニーフープ)」FPV飛行に興味を...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です