ドローン機体

Toothpick?Eachine Twig 115mmドローン 実機レビュー【FHDで録画が可能】

Toothpick?Eachine Twig 115mmドローン 実機レビュー【FHDで録画が可能】
今回はFHDで空撮できる「Eachine Twig 115mm 3 Inch」の実機レビューをします。
ジャンルとしては「Toothpick」にあたるんでしょうか??

それのFHD空撮できるバージョンって感じですかね。
ちなみに「Caddx Baby turtle」と「Runcam nano2」バージョンもあり、FHDで空撮したいならHDバージョンの「Caddx Baby turtleカメラ」を搭載した方を選択してください。

Eachine Twig 115mmドローン スペック

Brand Name: Eachine
Item Name: 115mm Twig 3 Inch 3S Brushless FPV drone
Wheelbase: 115mm
Size: 105mm*100mm*45mm(without propellers)
Weight: Twig115 60g(without battery)
Twig115 HD 72g(without battery)

Features:
New Crazybee F4 PRO V3.0 AIO Flight controller 2-4s Lipo Compatible
Powerful and smoothly
Betaflight OSD support ,easy to get RSSI, Voltage ,current from your goggles
Camera Angle adjustable
VTX power switchable 25mw~200mw
Smartaudio ready , change VTX bands, powers, channels via OSD
Built-in SPI Frsky D8 receiver
Compatible both for 2s-3s Lipo/LIHV
Runcam Nano2 version or Caddx Baby Turtle HD version
Support to add external SBUS receiver (Frsky XM+ , RXSR) to get better range by reserved receiver wire.

Eachine Twig 115mmドローン 開封レビュー


まずは開封レビューから。
「Eachine Twig 115mm」は外箱付き。


外箱をあけるとこんな感じで収納されていました。


付属品はこんな感じ。

  • ドローン本体
  • 予備のプロペラ
  • ドライバー
  • 六角レンチ
  • 予備のネジ
  • 説明書
  • 専用ケース
  • カメラ設定用基盤

Toothpick?Eachine Twig 115mmドローン 実機レビュー【FHDで録画が可能】
カメラの設定用基盤は、ドローン本体から緑と黒の配線が出ていますので、それと接続して使用します。

Toothpick?Eachine Twig 115mmドローン 実機レビュー【FHDで録画が可能】
機体の外観はこんな感じ。

Toothpick?Eachine Twig 115mmドローン 実機レビュー【FHDで録画が可能】
マイクロSDの取り付け取り外しはなかなかやりやすい位置にあります。

Toothpick?Eachine Twig 115mmドローン 実機レビュー【FHDで録画が可能】
モーターは「1105のKV5200」を搭載。色がホワイトってのがなかなか珍しくてカッコイイです。

ちなみにこちらのドローンは簡単に後付けで、レシーバーをつけられるように「SUBS,5v,GND」配線が出ています。
ある程度飛行距離を伸ばすためにはレシーバーを別つけることをおすすめしますが、レシーバーをつけないでもCRAZYBEE系のFCについているFrskyのレシーバーとD8でバインドさせることも可能です。


デフォルトでは基本設定の部分が

「SPI受信サポート」
「FRSKY_D」

になっています。


説明書にも記載はありますが、CLIコマンドラインにて
「bind_rx_spi」

と入力して、本体をバインド待ちにしてから、送信機からD8でバインド作業をおこなえばバインドさせることもできます。
最終的には外部受信機をつけてしまいましたが、ほんとに至近距離しか飛ばさない人はこれでもOKかと思います。

ただ飛ばす環境と、FCにもあたりはずれがあるようで、200mくらい飛ばせる場合もあるし、50mくらいでバインド切れで墜落してしまうことも自分はありました。

Eachine Twig 115mmドローン 分解・改造・レビュー


特に難しいことはありませんでしたが、分解方法の紹介。
まずは上部のネジを4本はずして、


キャノピー部分を取り外していきます。
キャノピーにはカメラを止めているネジと、アンテナが出ているので、両方ともはずして、

Toothpick?Eachine Twig 115mmドローン 実機レビュー【FHDで録画が可能】
こんな感じでとりはずしてやります。

Toothpick?Eachine Twig 115mmドローン 実機レビュー【FHDで録画が可能】
キャノピーを取り外すとVTXが見えてきます。

Toothpick?Eachine Twig 115mmドローン 実機レビュー【FHDで録画が可能】
形状から予想はしていましたが、うれしいことにVTXは「Happymodel Whoop_VTX」でした。
こちらのVTXは戸澤さんのところに系統図がありますし、価格も安いので何個も購入して開局しておくといいです。
CRAZYBEE系のFCとは形状的に相性がいいので他のドローンなどでもよく使われています。

VTX単体はこちら↓↓

戸澤さんについては下の記事で詳しく紹介しています↓↓

【ドローンの開局申請】VTXの系統図は戸澤さんのところで入手できます ドローンの開局申請にはVTXの系統図が必要になります。 日本のショップで購入する場合はVTXの系統図が付いてくる場合もありますが、...

Toothpick?Eachine Twig 115mmドローン 実機レビュー【FHDで録画が可能】
VTXの下は、DVRの基盤になっています。

Toothpick?Eachine Twig 115mmドローン 実機レビュー【FHDで録画が可能】
ネジを4本取り外せば、DVR基盤を取り外すことができます。

Toothpick?Eachine Twig 115mmドローン 実機レビュー【FHDで録画が可能】
ちなみに「Caddx Baby turtle」HDカメラのサイズは14mmです。
小型のマイクロドローンにも使いやすい大きさになっていますね。

Toothpick?Eachine Twig 115mmドローン 実機レビュー【FHDで録画が可能】
カメラのDVR基盤をの下はFC,ESCの一体型基盤になっています。
ブザーの取り付け位置は上の画像のとおりです。

プラスはレシーバーと共通になっていて、すぐ脇にマイナスがあります。

とりあえず自分もブザーを取り付けてみたのですが、なぜか鳴りっぱなしになってしまい、
CLIコマンドラインで、

set beeper_inversion = OFF
set beeper_od = ON

set beeper_inversion = ON
set beeper_od = OFF

など、やってみたのですが、鳴り止まず、、、、なくなくブザーの取り付けは諦めました。
なので音は小さいですがロスト防止のためにモーター音を鳴らす設定にしています。

Eachine Twig 115mm 外部レシーバーの取り付け

Toothpick?Eachine Twig 115mmドローン 実機レビュー【FHDで録画が可能】
説明書にも記載されていますので、特に難しくはありませんが外部レシーバーの取り付け方法を紹介します。
もう簡単に配線が出ているので、分解しないでも取り付けは可能です。

水色:SUBS
赤:5v
黒;GND


自分はFrsky XM+レシーバーを取り付けしました。


こんな感じで取り付けて、


耐熱チューブをヒートガンでシュリンクしてあげました。

iMagitek
¥975
(2019/10/17 11:40:42時点 Amazon調べ-詳細)

配線接続部分の耐熱チューブの色が黄色でちょっとださい(笑)

レシーバーは透明な耐熱チューブを使用しています。

Orgry
¥960
(2019/10/17 11:40:42時点 Amazon調べ-詳細)

Toothpick?Eachine Twig 115mmドローン 実機レビュー【FHDで録画が可能】
あとはこんな感じでレシーバーのアンテナを、タイラップを使って固定しています。


それとレシーバーを増設するにあたって、ベータフライトでの変更ポイントは

「UART1」の部分をONにすることと、


基本設定の部分を、

シリアル接続受信機
SBUS

に変更することが必要です。変更しないとうまくbindできません。


それとモード2の人はここをAETRに変更ですね。

Eachine Twig 115mm HDバージョンのカメラは「Caddx Baby turtle」屋外レビュー


Eachine Twig 115mm HDバージョッは「Caddx Baby turtle」っていうカメラを搭載しているんですけど、なかなか画質がいい感じです。色味も気に入りました。上のyoutube動画の最後のほうで自分が実際に空撮した映像ものせているのでよかったらご視聴ください。
空撮した動画はyoutubeの10分すぎあたりからです。それまではダラダラした自分のつまらない喋りが収録されているだけですので、とばしてください(笑)

1080P 60fpsで空撮できるToothpick!!最高です。


それと3s 650mAhでも飛ばしてみましたが、若干重たさはあるものの、下手くそな自分でも滑らかに飛ばすことができました。
これも3s 650mAhもありかもです。長時間飛行できますwww


こちらの動画の1本目は3s 650mAhで飛ばしています。
5分くらいはいけそうでした。少し重たさはありますが、普通に飛ばせる感じですね。

「woop_VTX」は安いので買いだめしてもいいかもよ!!

ちなみに2019年10月1日現在の価格だとQwinoutで「woop_VTX」9ドルというかなりの安さで販売されています。
買いだめチャンスかも!!ちょっと古いVTXですけどね。ゴムダンパーとかついていてクレイジービー系のFCの機種にはなにげに使えますよ。

「Qwinout」ならDRONEBLOGクーポンコードで15%OFFで購入できます。

クーポンコード:DRONEBLOG
割引率:全品15%OFF

Eachine Twig 115mm 重量


ノーマルバージョンの重量は60g
HDバージョンでも72g。

3S 300mAhで飛ばし方にもよると思いますが、最大で4分くらいいけるかもしれません。
自分はびびりですので、3分くらいでやめておきました。

たぶんバッテリーの理想形はたぶん「3s 300mah~450mah」あたりですかね。

最後に

「Eachine Twig 115mm」はスピードも出て飛ばしても楽しいし、空撮は綺麗にできるし、最強な「FHD Toothpick機」のような気がします。

気になる方はbanggoodでチェックしてみてください↓価格も安く15000円以下で購入可能です。

ブレの少ない空撮をしたい人は、ジンバル付きかブラシレスマイクロドローン

ブレの少ない綺麗な空撮をしたい人はジンバル付きのドローンか、ブラシレスマイクロドローンがおすすめです。

ジンバル付きのおすすめのドローンは下の記事で紹介しています↓↓

2019年最新ジンバル付き おすすめのドローン10選【ジンバルとは?】 今回はジンバル付きのおすすめのドローンを10選紹介します。 ドローンのジンバルとは? まずはじめにジンバルとは?...
DJI製品のでジンバル付きドローンは、下の記事で比較しています。
LINKDJIの最新ドローン比較「Phantom、Mavic Pro(Air)、SPARK、Inspire(インスパイア)」 初心者にはどれがおすすめ?

200g未満ブラシレスマイクロドローン


FHD以上のブラシレスマイクロドローンなら、安定した飛行ができるのでブレの少ない綺麗な空撮をすることができます。
下の動画は200g未満のブラシレスマイクロドローン「FullSpeed TinyLeader 75mm HD」で空撮したものです。
そこそこブレのない空撮ができていいると思います。

ちなみにプロの方が200g未満ブラシレスマイクロドローンを使うとこのくらい綺麗な空撮をすることができます↓↓

上で紹介したようなFHDで撮影できる200g未満のブラシレスマイクロドローンは下の記事で紹介しています↓↓

綺麗な画質で空撮できるおすすめのマイクロドローン10選【FHD画質のタイニーフープ Tiny Whoop】 今回はFHD画質(1920×1080)で撮影することのできるマイクロドローンを紹介していきます。 どのくらいのサイズや重量でマイク...

ちなみに4k動画の撮影できるブラシレスマイクロドローンも発売されています。4kブラシレスマイクロドローンは下の記事で紹介しています↓↓

【200g以下で4K動画が撮影可能】高画質なおすすめのドローン10選 機体の重量が200g以下で、高画質(4K)な動画が撮影可能なドローンを紹介します。 この記事で紹介している「Caddx T...

ブラシレスマイクロドローンは基本的にFPVゴーグルを装着して5.8Ghzの電波を使用して飛行するので、「アマチュア無線免許」または「第三級陸上特殊無線技士」の免許と、無線局の開局が必要になります。

詳しくは下の記事で紹介しています↓↓

タイニーフープでFPV飛行をする為に、必要な準備や手順を解説【マイクロドローン】 冒頭いきなりyoutubeの埋め込み動画ではじまりますが、この動画を見て「tiny-whoop(タイニーフープ)」FPV飛行に興味を...

ドローンを趣味ではなく仕事に変えてみよう!

将来ドローンを仕事にしたいと思っている方は、ドローンスクールに通ってみませんか!?
今後ドローンの仕事の需要はどんどん増えていくと予想されています。
ドローンを趣味ではなく仕事にしたいなら、資格は取得しておきまししょう。
下で紹介する「DSJ東京中目黒校」は無料体験説明会を随時開催しています。
卒業後はドローンの仕事を探すアフターフォローまでしてくれるようですよ。
気になる方は公式ホームページでご確認ください↓↓

DSJ東京中目黒校の無料説明会の詳細はこちら

「Qwinout」ドローン関連商品!クーポン使用で全品15%OFF


クーポンコード:DRONEBLOG
上のクーポンコードをコピーしてお使いください。バナーをクリックすれば、ショップの販売ページに移行します。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です