自作ドローンの作り方

【U199】ImpulseRC MICRO ALIEN 3インチフレームで自作ドローンをビルド

【U199】ImpulseRC MICRO ALIEN 3インチフレームで自作ドローンをビルド
ImpulseRCの3インチフレーム「MICRO ALIEN」でU199のドローンを自作してみました。

フレーム販売先(ImpulseRC)↓
https://impulserc.com/products/micro-alien-fpv-frame

【U199】ImpulseRC MICRO ALIEN 3インチフレームで自作ドローンをビルド


まず開封してセット内容を確認していきましょう。

【U199】ImpulseRC MICRO ALIEN 3インチフレームで自作ドローンをビルド
セット内容はこんな感じです。

アームは1個ずつ別でジョイントするようになっています。
アームだけで購入することも可能なので、折れちゃったらその部分だけ購入して修理することもできますね。


やすりもついているので、フレームの角をまるめることも可能。
自分は丸めるメリットをよく理解していないので、やすりは使用しないでそのまま組み立てます。

【U199】ImpulseRC MICRO ALIEN 3インチフレームで自作ドローンをビルド
こちらはフレームのネジ類。

ImpulseRCのネジは高級感があります(冗談じゃなくてほんと。材質がたぶん違う)

【U199】ImpulseRC MICRO ALIEN 3インチフレームで自作ドローンをビルド
ちなみにアームは向きがあり、自分は一度、間違った向きで組んでしまいましたw


ImpulseRCの5インチフレームも同じ構造でしたが、この3インチフレームも中央部分に厚みができて、かなり頑丈そうです。

5インチのImpulseRCフレームのレビュー記事はこちら↓

ImpulseRC MR STEELE APEX フレームキットレビュー【LIGHT WEIGHT】 高いフレームは何が違うのか実物を見たくなり、好奇心から「ImpulseRC MR STEELE APEX フレームキット」を思わずポ...


フレームはこんな感じの形状になります。


ちなみにフレームの重量は33gくらいでした。

ImpulseRC MICRO ALIEN 3インチフレーム パーツ構成

ImpulseRC MICRO ALIEN 3インチフレームで自作するドローンのパーツ構成を紹介します。

以前に作ったドローンのパーツをほぼ載せ替えて使用しました(多少軽量化のために変更)

FPVカメラ↓
RunCam Micro Swift 2 600TVL

FCとESC↓↓
MAMBA F405 Mini MK2

モーター↓↓
HGLRC Flame 1407 3600KV

VTX↓
RUSH Tiny Tank Mini

レシーバー↓↓
Frsky XM+

こんな感じです。

ちなみにこのフレームはひとサイズ小さい1206モーターを搭載することも可能ですので、余裕をもって200g未満のドローンを作りたい人は1206 4500kvあたりを使ってもいいかもしれません。

【U199】ImpulseRC MICRO ALIEN 3インチフレームで自作ドローンをビルド

上の画像ではペラ付きで設定しているようにみえますが、設定後に写真をとっているだけで、ペラ付きで設定をしているわけではありません。ペラ付きでは設定やメンテナンスは絶対にやらない方がいいです。ハンダがうまくついていない場合、何か不具合がある場合、設定ができていない場合など、バッテリーを入れた瞬間、アームを入れていない状態でもペラが回って暴れる危険性があります。自作ドローンや5インチをやっている人にとってはあたり前のことだと思いますが、一応記載しておきます。自分は爪が割れるケガをした時があります。

【U199】ImpulseRC MICRO ALIEN 3インチフレームで自作ドローンをビルド
こんな感じで完成です。


機体の裏側はこんな感じ。

ImpulseRC MICRO ALIEN 自作ドローン 重量


重量は「GNB 4S 520mAh」を載せて、193gくらいです。
機体だけの重量で140gはいかないくらい。

ほんとうは4s650mAhを載せたいところですが、200gオーバーになってしまいます。
たぶんフライト時間は520mAhだと、予想では3分飛ばないくらいかと。

ImpulseRC MICRO ALIEN 自作ドローンテストフライト


実際にフライトテストしてきました。
GNB 4sで2分半くらい飛ぶ感じですね。
ギリギリまで使い切れば3分くらいはいけるかもしれません。

モーターサイズを1407あたりまであげると、かなりパワーがありますね。

PID RATEの設定

【U199】ImpulseRC MICRO ALIEN 3インチフレームで自作ドローンをビルド
【U199】ImpulseRC MICRO ALIEN 3インチフレームで自作ドローンをビルド

テストフライト動画で飛ばした時の「PID」と「RATE」の設定は上の画像のとおりです。
PIDはデフォルトの設定。
RATEだけデフォルトの設定だともっさりした動きでキビキビ動かなかったので、上のとおりの設定に変更しました。

最後に

かなりパワフルな飛び方をしてくれるので、お気に入りの一台になりました。
ただ200g未満のドローンとはいえ、パワーがありまくるので、十分注意して飛ばさないといけないなぁ〜と感じました。

ちなみに組み立て工程を詳しく書かなかったで、もし詳しく自作ドローンの作り方を知りたい方は下の記事で。
パーツは違いますが基本的な作り方は一緒です↓

【自作ドローンの作り方】3インチドローンを組み立ててみた! 今回は自作でドローンを作ってみたい方のために、実際に自分が3インチ機を組み立てた例をあげて紹介していきます。 ...

FCの回路図に関しては下の記事でまとめています。
今回使用したマンバのFCの回路図もあります↓

ドローン FC 回路図 manual 一覧【フライトコントローラー マニュアル】FCを購入すると回路図がついてくるのがほとんですが、たまに回路図がついてこなかったり、あとで修理するときには回路図を捨ててしまっていて、...

POSTED COMMENT

  1. かえで より:

    はじめまして!!
    いつも拝見しております。
    自分もMICROALIENを組み立てているのですが、もし良ければPID設定を教えていただけないでしょうか?

    • akira より:

      かえで さんこんにちは。
      ブログをお読みいただきありがとうございます(・∀・)

      PIDはデフォルトの値で飛ばしています。
      RATEは動作が重く感じたので、そこそこ高めの設定に変更しました。

      記事内の、実際に飛ばした埋め込み動画の下に、PIDとRATEの値の画像を入れましたので、よかったら参考にしてください。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です