送信機

【Jumper T16 分解方法】ホールセンサージンバルに交換して「Plus 化」してみた


「Jumper T16」を分解して、スティック部分をホールセンサージンバルのものと交換し、「Jumper T16 Plus」化してみました。
特に難かしいところはありませんが、分解方法を紹介します。

Makerfireから5%の割引クーポンが出ていました。この機会にどうぞ!!


クーポンコード:T16OSMP5
割引率:5%引き

ホールジンバルつきのスティックは単体で購入できます↓↓

Jumper T16 分解 ホールセンサージンバルに交換して「Plus 化」にしてみた

【Jumper T16 分解方法】ホールセンサージンバルに交換して「Plus 化」してみた
まずはバッテリーを外します。

【Jumper T16 分解方法】ホールセンサージンバルに交換して「Plus 化」してみた
次に裏側の持ち手のラバーをはずしていきます。

【Jumper T16 分解方法】ホールセンサージンバルに交換して「Plus 化」してみた
次に送信機の両サイドのラバー部分をとります。

【Jumper T16 分解方法】ホールセンサージンバルに交換して「Plus 化」してみた
次にネジをプラスネジを6本とります。
ネジの長さは全部いっしょのようです。

【Jumper T16 分解方法】ホールセンサージンバルに交換して「Plus 化」してみた
次に送信機上部のネジを2本とります。ここのネジだけ6角ネジになっています。

【Jumper T16 分解方法】ホールセンサージンバルに交換して「Plus 化」してみた
上部がこんな感じではずれます。

【Jumper T16 分解方法】ホールセンサージンバルに交換して「Plus 化」してみた
ネジは全部で8本とれば、こんな感じで送信機を2つにパカっと開くことが可能です。

Jumper T16 スティック部分の取り外し

【Jumper T16 分解方法】ホールセンサージンバルに交換して「Plus 化」してみた
スティック部分は合計4本のネジでとまっています。
上の画像の上2本は隠れて見えなくなっていますが、、、、

とりあえず右上のネジは、サイドのレバーに隠れてうまく外すことができません。

【Jumper T16 分解方法】ホールセンサージンバルに交換して「Plus 化」してみた
なので、さいどのレバーのネジを2本とって、はずしてから、

隠れているスティックのネジを外してあげます。
たぶん分解してスティックの部分をみれば、外すべきネジがわかるはずです。

【Jumper T16 分解方法】ホールセンサージンバルに交換して「Plus 化」してみた
ちなみにスティックは配線でつながっています。
コネクタ式ですのでひっぱればOKですが、配線を直接ひっぱるのではなく、コネクタ部分をもって抜くようにしましょう。

【Jumper T16 分解方法】ホールセンサージンバルに交換して「Plus 化」してみた
ちなみに左側がホールジンバンルになります。
見た目ではそこまで変わらないようですね。

あとはもう片方のスティックも4本のネジでとまっているのは同じなので交換してください。

交換が終わったら逆の順序で組み立てればOKです。

ロゴの変更

【Jumper T16 分解方法】ホールセンサージンバルに交換して「Plus 化」してみた

「Jumper T16」のエンブレムは赤ですが、「Jumper T16 Plus」はシルバーになります。

【Jumper T16 分解方法】ホールセンサージンバルに交換して「Plus 化」してみた
ホールジンバルを購入するとシルバーのエンブレムもついていきますので、せっかくなんで交換しましょう。

【Jumper T16 分解方法】ホールセンサージンバルに交換して「Plus 化」してみた
個人的にはシルバーの方がカッコイイかも!!って思っています。

ホールジンバルに交換してやること

【Jumper T16 分解方法】ホールセンサージンバルに交換して「Plus 化」してみた
ホールジンバルに交換したら、キャリブレーションを必ずやりましょう。

【Jumper T16 分解方法】ホールセンサージンバルに交換して「Plus 化」してみた
おそらくスティックを中心に合わせた状態でも、上の画像のようにおかしくなっているはずです。

【Jumper T16 分解方法】ホールセンサージンバルに交換して「Plus 化」してみた
キャリブレーションが完了すれば、今までどおりに使えるはずです。

最後に

特に難かしいことはありませんが、今回はJumper T16の分解方法を紹介させていただきました。
ちなみにホールセンサージンバルにした感想ですが、今の所違いがよくわからない感じです(笑)

違いのわかる男になりたいものですwww

Makerfireから5%の割引クーポンが出ていました。この機会にどうぞ!!


クーポンコード:T16OSMP5
割引率:5%引き

ホールジンバルつきのスティックは単体で購入できます↓↓

ブレの少ない空撮をしたい人は、ジンバル付きかブラシレスマイクロドローン

ブレの少ない綺麗な空撮をしたい人はジンバル付きのドローンか、ブラシレスマイクロドローンがおすすめです。

ジンバル付きのおすすめのドローンは下の記事で紹介しています↓↓

2019年最新ジンバル付き おすすめのドローン10選【ジンバルとは?】 今回はジンバル付きのおすすめのドローンを10選紹介します。 ドローンのジンバルとは? まずはじめにジンバルとは?...
DJI製品のでジンバル付きドローンは、下の記事で比較しています。
LINKDJIの最新ドローン比較「Phantom、Mavic Pro(Air)、SPARK、Inspire(インスパイア)」 初心者にはどれがおすすめ?

200g未満ブラシレスマイクロドローン


FHD以上のブラシレスマイクロドローンなら、安定した飛行ができるのでブレの少ない綺麗な空撮をすることができます。
下の動画は200g未満のブラシレスマイクロドローンで空撮したものです。
そこそこブレのない空撮ができていいると思います。
※複数の機種、違うカメラで空撮しています。

ちなみにプロの方が200g未満ブラシレスマイクロドローンを使うとこのくらい綺麗な空撮をすることができます↓↓

上で紹介したようなFHDで撮影できる200g未満のブラシレスマイクロドローンは下の記事で紹介しています↓↓

綺麗な画質で空撮できるおすすめのマイクロドローン10選【FHD画質のタイニーフープ Tiny Whoop】 今回はFHD画質(1920×1080)で撮影することのできるマイクロドローンを紹介していきます。 どのくらいのサイズや重量でマイク...

ちなみに4k動画の撮影できるブラシレスマイクロドローンも発売されています。4kブラシレスマイクロドローンは下の記事で紹介しています↓↓

【200g以下で4K動画が撮影可能】高画質なおすすめのドローン10選 機体の重量が200g以下で、高画質(4K)な動画が撮影可能なドローンを紹介します。 この記事で紹介している「Caddx T...

ブラシレスマイクロドローンは基本的にFPVゴーグルを装着して5.8Ghzの電波を使用して飛行するので、「アマチュア無線免許」または「第三級陸上特殊無線技士」の免許と、無線局の開局が必要になります。

詳しくは下の記事で紹介しています↓↓

タイニーフープでFPV飛行をする為に、必要な準備や手順を解説【マイクロドローン】 冒頭いきなりyoutubeの埋め込み動画ではじまりますが、この動画を見て「tiny-whoop(タイニーフープ)」FPV飛行に興味を...

ドローンを趣味ではなく仕事に変えてみよう!

将来ドローンを仕事にしたいと思っている方は、ドローンスクールに通ってみませんか!?
今後ドローンの仕事の需要はどんどん増えていくと予想されています。
ドローンを趣味ではなく仕事にしたいなら、資格は取得しておきまししょう。
下で紹介する「DSJ東京中目黒校」は無料体験説明会を随時開催しています。
卒業後はドローンの仕事を探すアフターフォローまでしてくれるようですよ。
気になる方は公式ホームページでご確認ください↓↓

DSJ東京中目黒校の無料説明会の詳細はこちら

「Qwinout」ドローン関連商品!クーポン使用で全品15%OFF


クーポンコード:DRONEBLOG
上のクーポンコードをコピーしてお使いください。バナーをクリックすれば、ショップの販売ページに移行します。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です