カメラ

RunCam Split 4 ドローンの4K FPVカメラ レビュー

RunCam Split 4 ドローンの4K FPVカメラ レビュー

ちょっと前に「Caddx」から新しく4KのFPVカメラが発売されましたが、RunCamからも新しく4Kで撮影できるカメラが発売されました。
やっと自分の手元に「RunCam Split 4 4K」FPVカメラが届きましたので、実機レビューをしていきます。

FPVカメラは下の記事でまとめてします↓↓
LINK【ドローン・ラジコン】おすすめのFPVカメラ 10選

Caddxから発売された4Kカメラは下の記事で紹介しています↓

【軽量10g】Caddx Loris FPV 4K60fpsカメラ レビュー 今回はCaddxから新しく発売されたFPVカメラ「Caddx Loris」をレビューしていきます。 最大解像度「4K60fps」で...

カメラのクーポン一覧。クーポンコードをクリックするとコードがコピーされて、商品ページに移動します。そのまま貼り付けて使用できます。

カメラ本体名(型番) クーポンコード 価格 台数 期限

MORANGE M1
Pro

BG47f840

$146.93(50%オフ) 10 2021年7月31日

RunCam Split 4 4K ドローンFPVカメラ スペック

RunCam Split 4 ドローンの4K FPVカメラ レビュー
カメラ解像度 4K @ 30fps / 2.7K @ 60fps / 2.7K @ 50fps / 1080P @ 60fps
重量 10.2g
サイズ 基盤取り付け穴のサイズ:25.5 × 25.5mm
基盤のサイズ:29 × 29mm
カメラのレンズモ幅:14 × 14mm
マイクロSD 128GBまで対応(推奨U3)

RunCam Split 4 4K セット内容

RunCam Split 4 ドローンの4K FPVカメラ レビュー
  • RunCam Split 4 4K FPVカメラ ×1
  • カメラサイズ調整マウント14mm→19mm ×1
  • カメラの配線ケーブル ×1
  • ネジ ×1セット
  • マニュアル ×1

RunCam Split 4 ドローンの4K FPVカメラ レビュー

RunCam Split 4 ドローンの4K FPVカメラ レビュー
上のスペック表にも記載しましたが、こちらのカメラの横幅は14mm。
カメラの幅を調整できるマウントみたいなものを使用することにより19mmに変更することが可能です。

カメラの基盤のネジ穴のサイズは「25.5 × 25.5mm」ですので、フープ系のドローンやToothpick系のドローンと相性が良いです。

RunCam Split 4 ドローンの4K FPVカメラ レビュー
自分はどのドローンに搭載しようかと考えた結果、「Eachine Twig 115mm」に取り付けることにしました。
もともとこちらのドローンはFHDの「Caddx Baby turtle」が搭載してそこそこ綺麗に空撮ができるのですが、、、、、

まぁレビューが目的なのでこいつに搭載することに!

実際に搭載して飛ばしてみた感想


実際に飛ばして撮影してきた動画をyoutubeにアップしています。
テロップや動画のカットはしていますが、色の編集はブレ補正など一切やってないそのままの映像です。

それと空撮した動画だけみたいひとは9:30秒あたりから。
カメラの設定できる項目をみたいひとは6分あたりから。
私のつまらないトークを聞いてくれる神様のようなお方は、最初から再生お願いします(笑)

以下、実際に飛ばして感じたことを文字でまとめてみました。

4K30FPS

こちらに関しては録画される画質が少しガタガタ感がでると感じました。
最近60fpsに慣れすぎていて、30fpsだとイマイチに思えてしまいます。

それと、FPVゴーグルに飛んでくる画質が、カクカクして飛んできます。
たぶん遅延も発生しています。

自分の場合、広い屋外でしかドローンは飛ばさないので、ちょっとした遅延は問題ないのですが、けっこうカクカクしているので気になりましたね。まぁ操縦には問題ないのですがw

2.7K60FPS

なめらかな綺麗な画質で空撮できると感じました。
FPVゴーグルに飛んでくる映像もカクカクはしませんでしたね。
遅延に関してはよくわかりません。

たぶん少しくらいの遅延があっても気づかないw

FPVゴーグルにうつる画質はよくはありません。
上のYouTubeにアップした動画で確認してもらえればわかると思いますが、お世辞でも良いとはいえないです。

カメラの設定で色味は変えられるかもしれません。
あくまでデフォルトの設定で感じた印象は、FPVゴーグルに映る映像は、少し白っぽくて見えづらいまではいきませんが、よくはない印象です。

まぁCaddxの4KもFPVゴーグルに飛んでくる画質はいいとは言えませんでしたが、同じくらいのレベルだと思います。

1080P 60FPS

こちらもなめらかで綺麗な映像が撮影できます。
2.7Kの解像度を落とした感じです。

それと余談ですが久しぶりに「Eachine Twig 115mm」を、ベーターフライトのバージョンを最新の「4.1.2かな」に変更して飛ばしてみましたがジェロもあまりでないし、価格が安いわりには良い機体ですね。今更ですがw(安い時なら13000円くらいでFHDカメラ付き)。

パンチ力はないですが、フリスタの練習にもいいかもしれません。
内部レシーバーだとバインド切れを起こすので、外部レシーバーをつけた方が良い機体です。
外部レシーバーを簡単に取り付けられるように配線も出ているので楽チンw

Toothpick?Eachine Twig 115mmドローン 実機レビュー【FHDで録画が可能】 今回はFHDで空撮できる「Eachine Twig 115mm 3 Inch」の実機レビューをします。 ジャンルとしては「Toot...

まとめ

4Kで撮影したい人はcaddxの「loris 4k」の方がいいかもしれません(個人的な意見になりますけど)↓

【軽量10g】Caddx Loris FPV 4K60fpsカメラ レビュー 今回はCaddxから新しく発売されたFPVカメラ「Caddx Loris」をレビューしていきます。 最大解像度「4K60fps」で...

2.7K60fpsでしたら、デフォルトの設定なら「RunCam Split 4」の方が上のような気もします(これも個人的に感じた印象ですけど)

とりあえず「RunCam Split 4」を搭載して空撮をするなら「2.7K60fps」または「1080P60fps」がなめらかで綺麗に撮影できるのでおすすめです。

価格も80ドルいかないくらいで購入できますし、悪くはないFPVカメラだと思います。

それとカメラの設定でISOの調整ができるので、カメラに詳しく違った視点で撮影したい人にはいいかもしれません。
ほかの4kカメラはたしかISOの調整は出来なかった気がします。

質問について

POSTED COMMENT

  1. マミー より:

    いつも拝見させていただいております!
    今回のRuncam、isoとシャッタースピードの設定ができるみたいですね。
    NDフィルターを着けると空撮が本格的に出来そうで楽しみですっ!!
    これからもいろいろな最新情報楽しみにしてます!

    • akira より:

      マミーさん、こんばんは。
      いつもブログをお読みいだたきありがとうございます。

      ほんとうですね!海外のレビュー動画でisoの設定いじっていますね。
      恥ずかしながら、カメラにそこまで詳しくないので、気づきませんでした。

      有益な情報をいただきありがとうございます♪( ´▽`)
      購入予定なので、そのうちレビューします。

  2. Shigeru より:

    ドローン初心者で、いつも参考にしています。
    ありがとうございます。
    すいません、初心者の質問で、ご迷惑かと思いますが、
    もし、可能なら、教えていただきたいです。
    RunCamSplit4をBetaFPVのFCにつけたのですが、UARTの3が
    受信機(FUTABA)とRunCanで重複していて、うまく録画ができません。
    ちなみに、FCは、F405 2-4S AIO Brushuless FlightController (BLHeli_S)V3 12A

    お暇な時でよいですので、
    解決法があればご教授をお願いします。
    よろしくお願いします。

    • akira より:

      Shigeru さん、こんばんは。

      文章の理解力がなくてすいません。マイクロSDの録画の開始と停止を、フタバの送信機のスイッチに割り当てて、送信機側からコントロールしてON・OFFをしたいということでしょうか。
      自分は、録画の開始と停止をDVR基盤のボタン、または設定でAUTO(電源を入れると自動で録画される機能)にしていたので、送信機側からわりあてるやり方はわからないです。
      お力になれずすいません。

  3. Shigeru より:

    返信ありがとうございます。
    質問するような場所ではなかったかもしれませんのに、返信ありがとうございました。
    変な質問ですいません、
    症状は、「電源入れたら、右上に赤い丸が点滅して録画開始になるのですが、6〜8秒くらいで停止して録画できない。」
    RUNCAMのマニュアルには、BetaflightのポートタブからUARTは、「周辺機器」のUART3に、設定するようになっているのですが
    すでに、UART3には、レシーバーが設定してあるので、これが原因と考えているのですが、解消する方法がわからないでいました。
    必死でruncamの方のUARTを変えようと思ってましたが、それより
    レシーバーの方を3以外の他のところに接続すればいいのですね。
    すいません、とりあえずそれでやってみます。
    素人なもので、何をやっているのか、。。汗)
    貴重な時間を割いていただきありがとうございました。

    • akira より:

      Shigeru さん、こんにちは。

      “この記事の最後に添付した画像”「RX」「TX」を使ってカメラのDVR基盤とFCとを配線で接続。
      ベータフライトの設定の「ポート」の部分を変更して、送信機側からカメラのON・OFFやなどのコントロールしたいということですね(間違っていたらすいません)

      自分は今まで何個か4KカメラやHDカメラを取り付けてきましたが、下の記事のように、カメラの「黄色→cam」「黒→GND」「赤→5v」を配線でハンダ接続するだけのかんたんなことしかやったことがありません。
      ※ベータフライトのポートの設定は必要はありません
      https://drone-info.net/jisaku-microdrone

      カメラの設定は専用のドングルを使用して、設定していました(RX TX を使用。カメラのDVR基盤を購入するとデフォルトで黒と緑でハンダされている配線)。

      FCは違うかもしれませんが、RunCam Split 4も同じように「黄色→cam」「黒→GND」「赤→5v」3本の線を接続しただけです。

      まとめると、送信機からカメラのコントロールする設定やハンダ付けはやったことがないので、詳しくはわかりません(^▽^;)
      ※挑戦すればできるかもしれませんが、なかなか難しそうです。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です