ドローン機体

【200g未満】SNAPTAIN ミニドローン A10 レビュー

【200g未満】SNAPTAIN ミニドローン A10 レビュー
今回は「SNAPTAIN」から新しく発売されたドローン「A10」をレビューします。
小型で折りたたみ式のミニドローンです。

SNAPTAIN
¥5,280
(2020/12/04 21:35:24時点 Amazon調べ-詳細)

SNAPTAINから販売されているドローンは下の記事でまとめています↓↓

Snaptain ドローン 比較 10選!おすすめの機種を選んでみたSnaptainのドローンをまとめてみました。コスパの良い機種もたくさんあり、その中からおすすめのドローンを選んでいます。スペックの比較もしているのでどれを購入するか迷っている人は読んでみてください。...

SNAPTAIN ミニドローン A10 スペック

画質 720P スマホに保存
重量 バッテリー入れても100g以下
伝送距離 50m程度だと思います
周波数 2.4Ghz
飛行時間 7分くらい
バッテリー
操作モード モード1/モード2
機体のサイズ 8.2 x 7 x 3.5cm
価格 5000円くらい
その他の機能 ・360°フリップ
・ヘッドレスモード
・ジェスチャー撮影
・FPVリアルタイム伝送

【200g未満】SNAPTAIN ミニドローン A10 レビュー
まずは開封レビューから。
こちらは外箱。

【200g未満】SNAPTAIN ミニドローン A10 レビュー
箱をあけるとこのような感じで収納されていました。

SNAPTAIN ミニドローン A10 セット内容

【200g未満】SNAPTAIN ミニドローン A10 レビュー
  • ドローン本体×1
  • 送信機×1
  • バッテリー×2
  • プロペラガード×4
  • ドライバー×1
  • 説明書×1

セット内容はこんな感じです。
バッテリーは最初から2個付き。

【200g未満】SNAPTAIN ミニドローン A10 レビュー
折りたたみ時の機体は手のひらサイズ。
とても小さいです。

【200g未満】SNAPTAIN ミニドローン A10 レビュー
アームを広げてもとても小さいですけどね。

【200g未満】SNAPTAIN ミニドローン A10 レビュー
電源を入れるとLEDがカッコよく光ります。

SNAPTAIN ミニドローン A10 フライトレビュー

【200g未満】SNAPTAIN ミニドローン A10 レビュー
実際に飛ばした感想ですが、小さい機体のわりにはパワーがありスピードもかなりでます。
スピードは3段階で調整することができて、最高スピードにするとレーシングドローンのような飛びっぷりです。

FPVで飛んでくる画像は、かなりコマ落ちして映像がとまってしまっている感じでした。
個体差があるのかもしれませんが、録画される動画や写真には期待しない方がいいです。

まぁたまたま自分がハズレを引いただけかもしれませんが、、、

【200g未満】SNAPTAIN ミニドローン A10 レビュー

【200g未満】SNAPTAIN ミニドローン A10 レビュー
ちなみに実際に撮影した写真はうえのとおりです。

フライトしている動画をyoutubeにアップしていますので、よかったらご視聴ください。
ドローンを飛ばしている映像だけ見たい人は「3分20秒」あたりから再生お願いします。

まとめ

スピードがかなりでるので、最高スピードで飛ばしたいときは広い場所で飛ばした方がいいです。
それと伝送距離はあまりでない感じだったので、遠くまで飛ばすのもやめた方がいいです(バインドきれします)

スピードを出してガンガン飛ばしたい人はおもしろいドローンかもしれません。
空撮に関しては期待しないでおまけ程度と考えていた方がいいです。

SNAPTAIN
¥5,280
(2020/12/04 21:35:24時点 Amazon調べ-詳細)

ブレの少ない空撮をしたい人は、ジンバル付きかブラシレスマイクロドローン

ブレの少ない綺麗な空撮をしたい人はジンバル付きのドローンか、ブラシレスマイクロドローンがおすすめです。

ジンバル付きのおすすめのドローンは下の記事で紹介しています↓↓

2020年最新ジンバル付き おすすめのドローン10選【ジンバルとは?】 今回は2020年最新版!ジンバル付きのおすすめのドローンを10選紹介します。 日本版の「Hubsan ZINO PRO +...
DJI製品のでジンバル付きドローンは、下の記事で比較しています。
LINKDJIの最新ドローン比較「Phantom、Mavic Pro(Air)、SPARK、Inspire(インスパイア)」 初心者にはどれがおすすめ?

200g未満ブラシレスマイクロドローン


FHD以上のブラシレスマイクロドローンなら、安定した飛行ができるのでブレの少ない綺麗な空撮をすることができます。
下の動画は200g未満のブラシレスマイクロドローンで空撮したものです。
そこそこブレのない空撮ができていいると思います。
※複数の機種、違うカメラで空撮しています。

上で紹介したようなFHDで撮影できる200g未満のブラシレスマイクロドローンは下の記事で紹介しています↓↓

綺麗な画質で空撮できるおすすめのマイクロドローン10選【FHD画質のタイニーフープ Tiny Whoop】 今回はFHD画質(1920×1080)で空撮できるおすすめのマイクロドローンを紹介していきます。 どのような形状、またはサイズや重...

ちなみに4k動画の撮影できるブラシレスマイクロドローンも発売されています。4kブラシレスマイクロドローンは下の記事で紹介しています↓↓

4Kカメラ搭載のマイクロドローンまとめ!おすすめのドローンあり4K画質で撮影できるマイクロドローンを紹介と、おすすめの機種をまとめている記事です。 4Kカメラ単体で自作しても4Kマイクロドローンは作れるのでFPV4kカメラ単体でも紹介しています。...

ブラシレスマイクロドローンは基本的にFPVゴーグルを装着して5.8Ghzの電波を使用して飛行するので、「アマチュア無線免許」と、無線局の開局が必要になります。

詳しくは下の記事で紹介しています↓↓

タイニーフープでFPV飛行をする為に、必要な準備や手順を解説【マイクロドローン】 冒頭いきなりyoutubeの埋め込み動画ではじまりますが、この動画を見て「tiny-whoop(タイニーフープ)」FPV飛行に興味を...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です