ドローン機体

DJI ドローン Mavic Air 2 実機レビュー【マビックエアー2】

DJI ドローン Mavic Air 2 実機レビュー【マビックエアー2】
今回は2020年4月28日に発売されたDJIの最新ドローン「DJI Mavic Air 2」の実機レビューをしていきます。

通常版はこちら↓↓

バッテリーが合計3個の「Mavic Air 2 Fly More コンボ」はこちら↓↓

DJI Mavic Air 2 スペック

DJI ドローン Mavic Air 2 販売開始!
画質 動画4K/60fps
ハイパーラプス:8K
写真:48MP
重量 570 g
伝送距離 最大伝送距離6km
周波数 2.4Ghz
飛行時間 34 分
バッテリー 5200mAh
操作モード モード1/モード2
機体のサイズ 折りたたみ時:180×97×84 mm
展開時:183×253×77 mm
価格 通常版:¥105,600
フライモアコンボ:¥132,000
その他の機能 最大時速:68.4 km/h
手ブレ補正機能あり
内部ストレージ8GB

DJI Mavic Air 2 セット内容

  • Mavic Air 2 ドローン本体 ×1
  • インテリジェントフライトバッテリー×1(フライモアコンボは3個)
  • 送信機×1
  • プロペラ×3(ペア)
  • RCケーブル(USB-Cコネクタ)×1
  • RCケーブル(ライトニングコネクタ)×1
  • RCケーブル(Micro-USBコネクタ)×1本
  • コントロールスティック×1(ペア
  • ジンバルプロテクター×1
  • バッテリーチャージャー×1
  • マニュアル×1
  • AC電源ケーブル×1
  • USB 3.0 Type-C ×1
  • バッテリー充電ハブ(Mavic Air 2 Fly More Combo)
  • バッテリー パワーバンク アダプター(Mavic Air 2 Fly More Combo)
  • ショルダーバッグ (Mavic Air 2 Fly More Combo)
  • ND フィルターセット(ND16/64/256) (Mavic Air 2 Fly More Combo)

DJI Mavic Air 2 の特徴

画質は最大4K60fps

動画の画質は最大4K60fpsで撮影が可能です。
1080Pなら240fpsで空撮できるので、スローモーション動画を作っても面白そうです。
Mavic Air 2は、4K/60fps、とりあえず今のところ4K/60fpsで空撮してみましたが、めっちゃ綺麗でした。

内部ストレージ8GB搭載

初代のMavic Airもストレージが搭載されていましたが「Mavic Air 2」にも8GBストレージが搭載されています。
マイクロSDを忘れてしまっても空撮ができるのがいいところ。
ただ4K60fpsで空撮してしまうとすぐに満タンになってしまいますけどね。

フライモアコンボはNDフィルター付き


フライモアコンボは3種類の専用のNDフィルター付きです。

※「ND16 ND64 ND256」の3つ

DJI ドローン Mavic Air 2 実機レビュー

DJI ドローン Mavic Air 2 実機レビュー【マビックエアー2】
まずは開封レビューからしていきます。
購入したのは通常盤(フライモアコンボじゃないほう)です。

DJI ドローン Mavic Air 2 実機レビュー【マビックエアー2】
箱をあけるとドローン本体はこんな感じで収納されていました。

DJI ドローン Mavic Air 2 実機レビュー【マビックエアー2】
機体は折りたたんだ状態でこんな感じ。
DJI Mavic 2 Pro と Mavic miniの間くらいのサイズ感ですね。

DJI ドローン Mavic Air 2 実機レビュー【マビックエアー2】
送信機は「DJIスマート送信機」のモニターがなくなった、、、そんな形状になっていますね。

DJI ドローン Mavic Air 2 実機レビュー【マビックエアー2】
送信機の裏側はこんな感じです。
技適マークは裏側に記載されていました。

DJI ドローン Mavic Air 2 実機レビュー【マビックエアー2】
プロポのスティックは送信機の下側に収納できるようになっています。

それと、充電ポートは送信機の下側にあり、タイプCになっていますね。

DJI ドローン Mavic Air 2 実機レビュー【マビックエアー2】
スマホホルダーは送信機の上部に収納されるようになっていて、スマホホルダーを引き上げるとその下に、スマホと接続するためのケーブルも収納されています。とてもスマートに設計されていると感じました。

あとで画像アップしますが、このスマホホルダーiphone XSのボタン配置と相性があまりよくない気がします。
スマホをちょうど真ん中にセットしようとすると、スマホの音量ボタンなどがぶつかってしまうんですよね。

まぁ位置をずらせばOKなんですけどw

実際に飛ばしてみた感想


風速2mくらいの日に飛ばしたのですが、風の影響はほとんど感じず空撮できました。
クイックショット、アクティブトラックは試してみてかなりいい感じで機能していましたね

それとわざと目の前に立って自分が障害物になってセンサー類のチェックをしたんですけど、バッチリきいて止まっていました。
センサー類もいい感じです。


こちらは「DJI Mavic Air 2」で空撮した動画です。
色やその他編集はしていません。IOSはAUTOで撮影してそのままアップの動画です。

パノラマ写真

DJI ドローン Mavic Air 2 パノラマ写真
DJI ドローン Mavic Air 2 パノラマ写真
DJI ドローン Mavic Air 2 パノラマ写真
DJI ドローン Mavic Air 2 パノラマ写真
横長、縦長など、、いろいろな形状のパノラマ写真の撮影も可能です。

DJI Mavic Air 2 アクティブトラック(自動追尾機能)実践レビュー

アクティブトラックを実際に使って自動で追尾させてみました。
「Mavic Air 2」には対象物の周りを回転させならが自動追尾させる機能があり、それがなかなかいい感じだと思いました。
ドローンの回転スピードも調整できます。

それとアクティブトラックの時の画質はフレームレートが30fpsまでしかできない仕様になっているようです。
60fpsの設定だと「高フレームレートでの録画中はスポットライト使用不可」と表示されアクティブトラックの画面に移行されません。

アクティブトラックを使っている時の動画はこちら↓

DJI Mavic Air 2 クイックショットの実践レビュー

「Mavic Air 2」に実装されている5種類あるクイックショットを使ってみました。
風速3mくらいある日に実践したのですが、風に負けないであんしんて見ていられる感じでしたね。
クイックショットはスタートを押すと自動で録画が始まるのですが、空撮される動画は「FHD1920×1080 30fps」でした。
おそらく、画質は固定かと思われます(たぶん設定では変更できない)。

下の動画は5種類のクイックショットを実践している動画です↓

「Mavic Air 2」に実装されている5種類あるクイックショットは「ドロニー」「ロケット」「サークル」「ヘリックス」「ブーメラン」です。

まとめ

「DJI Mavic Air 2」は飛行時間も長いですし、風に負けないパワーもあり、空撮映像も綺麗。
そして、アクティブトラックやクイックショットなどの性能も抜群です。

仕事で使えるレベルの空撮ができるドローンだと思いますので、中級者~上級者向けのドローンですね。

ここはイマイチだなぁ〜というところはスマホホルダーの位置くらいでしょうか。

価格は10万円以上して少しお高いですが、それなりの価値はあると思います!

通常版はこちら↓↓

バッテリーが合計3個の「Mavic Air 2 Fly More コンボ」はこちら↓↓

POSTED COMMENT

  1. MAX より:

    こんばんは☆
    mavic air2いいですね^ ^
    mavic pro とsparkを売ったら買えるからなあ…
    と思いながらサンプル動画を観ていたのですが、もしかして、YouTubeのAkira Tさんとしてアップされておられますか?

    • akira より:

      MAXさんこんにちは。
      はい、最近動画はそっちのアカウントにアップしています。
      mavic air2 飛行時間も長いしなかなかいい感じです٩( ‘ω’ )و

  2. MAX より:

    やはりそうでしたか^ ^
    mavic air2の動画にかぎらず同じ景色だ!って思って気がつきました。

    • akira より:

      たまには景色の良い場所で飛ばしてみたいいんですけど、遠出が苦手なものでいつも同じ場所ばっかりで飛ばしています(笑)

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です