カメラ

Hawkeye Firefly Split Mini 4Kカメラ レビュー【Runcam Hybrid 4kとの比較も】

Hawkeye Firefly Split Mini 4Kカメラ レビュー【Runcam Hybrid 4kとの比較も】
今回は「Hawkeye Firefly Split Mini 4k」の実機レビューをしていきます。

「caddx tarsier 4k」「runcam hybrid 4k」に続き、3インチ機くらいに搭載するにはちょうど良さそうな感じのカメラですが、、、実際に使ってみた感想は、、、

カメラのクーポン一覧です。クーポンコードをクリックすれば、コードがコピーされて商品ページに移動します。

カメラ本体名(型番) クーポンコード 価格 台数 期限

DJI Osmo Pocket

BGJPOP930

$249.00 50 2020/10月8日

Feiyu Pocket

BGJPFP930

$159.00 30 2020/10月8日

Insta360go

BGJPGi930

$149.99 50 2020/10月8日

「runcam hybrid 4k」は下の記事で実機レビューをしています↓

RunCam Hybrid 4K カメラ 実機レビュー【自作ドローンにおすすめのカメラ】 ついにRunCamの方から新しく4kカメラが発売されましたね。 「Caddx Tarsier 4K」の対抗馬といったところでしょう...

banggoodの割引クーポンは下の記事でまとめています↓↓

banggood(バングッド)ドローン送信機 FPVゴーグル クーポン 一覧 banggood(バングッド)のプローモーション担当者様からいただいているクーポンコードのページです。 購入するときに使用してくだ...

Hawkeye Firefly Split Mini 4Kカメラ スペック

Hawkeye Firefly Split Mini 4Kカメラ発売開始!
カメラの解像度 4K 30FPS(16:9),2.7K 60FPS(16:9),2.7K 30FPS, 2.5K 60FPS(16:9), 2.5K 30FPS,1080P 120FPS,1080P 60FPS,720P 240FPS,720P 60FPS
FOV:170
※2020年1月17日のフォームウェアアップデートで4K50fpsでの撮影が可能になりました。
重量 14g
基盤ネジ穴のサイズ 20mmx 20mm
基盤のサイズ 28x28mm
Cameraのサイズ(幅) 19mmx19mm
価格 8800円くらい
その他スペック WDR: YES
Sensor: CMOS
Distortion Corrrection: YES
TV System: NTSC/PAL
ISO: Auto, 100, 200, 400, 800, 1600, 3200.
Manual Shutter: YES
Exposure: -2.0 to + 2.0
Format: H.265/H.264(.MP4)
Video repair: YES
SD card: Micro SD card U1
SD card size: 8-128G
Interface: Micro USB
Language: Egnlish/ Chinese/Multi
Frequency: 50/60HZ
Power: 5V
Current: 500MA

Hawkeye Firefly Split Mini 4Kカメラ 開封レビュー


まずは開封レビューから。

Hawkeye Firefly Split Mini 4Kカメラ レビュー【Runcam Hybrid 4kとの比較も】
「養家用??」中国語で翻訳したら「家族を育てる」よく意味がわからないステッカー。

Hawkeye Firefly Split Mini 4Kカメラ レビュー【Runcam Hybrid 4kとの比較も】
付属品はこんな感じ。

1 x Hawkeye Firefly Split 4K FPV Action Camera Mini
1 x Mainboard
1 x Extend board
1 x keyboark
1 x 19MM to 28MM extened backet
1 x 20MM to 30MM extened board
1 x FPC cable

予備の配線や。カメラの幅を広げるマウント付き。
今回搭載するドローンは3インチ機で、19mmなのでそのままマウントなしでカメラを使います。

Hawkeye Firefly Split Mini 4Kカメラ レビュー【Runcam Hybrid 4kとの比較も】
カメラの重量は基盤や長い配線も含めて20gくらいです。

Hawkeye Firefly Split Mini 4Kカメラ レビュー【Runcam Hybrid 4kとの比較も】
カメラは思ったより大きいです。

Hawkeye Firefly Split Mini 4Kカメラ レビュー【Runcam Hybrid 4kとの比較も】
カメラの配線は長いのでカットして使用しました。

Hawkeye Firefly Split Mini 4Kカメラ レビュー【Runcam Hybrid 4kとの比較も】
こんかいこのカメラを搭載するドローンの、FC側の接続がコネクタだったので配線をはんだで直結。

Hawkeye Firefly Split Mini 4Kカメラ レビュー【Runcam Hybrid 4kとの比較も】
圧縮チューブで、接続部分はコーティングしました。

Hawkeye Firefly Split Mini 4Kカメラ レビュー【Runcam Hybrid 4kとの比較も】
DVR基盤はこんな感じです。上に出ている緑と黒の配線は、カメラ設定用の基盤(ドングル)と接続するためようの配線です。

Hawkeye Firefly Split Mini 4Kカメラ レビュー【Runcam Hybrid 4kとの比較も】
DVR基盤のマイクロSD差込口側はこんな感じです。

Hawkeye Firefly Split Mini 4Kカメラ レビュー【Runcam Hybrid 4kとの比較も】
こんな感じでカメラはおさまりました。

フレームは下のフレームの2.5インチバージョンを使用しています。

カメラの設定は基盤を接続して使用


このような基盤をドローンと接続してカメラの設定はおこないます。
「caddx tarsier 4k」に関してはカメラの設定をwifiで行う仕様だったので技適問題がありましたが、「Hawkeye Firefly Split Mini 4K」はwifi使用はないので法律に問題なく使用できます。

Hawkeye Firefly Split Mini 4Kカメラ レビュー【Runcam Hybrid 4kとの比較も】 Hawkeye Firefly Split Mini 4Kカメラ レビュー【Runcam Hybrid 4kとの比較も】

Hawkeye Firefly Split Mini 4Kカメラ レビュー【Runcam Hybrid 4kとの比較も】
1080pならフレームレート120fpsにもできます。


2.7kでも4:3のpxで撮影もできるようです。
60fpsは16:9のみ(たぶん)。

※ファームウェアアップデートで4K50fpsでの撮影ができるようになりました。

Hawkeye Firefly Split Mini 4Kカメラ レビュー【Runcam Hybrid 4kとの比較も】
解像度の項目はかなり細かく設定できます。


ちなみに設定項目の表記を日本語に変えることもできました。

それ以外には、ループ録画の設定や、電源を入れると自動で録画は入る「自動録画のON/OFF」やIOSの設定など、がありました。

Hawkeye Firefly Split Mini 4K 比較


こちらの動画は同じ4kカメラ「runcam hybrid 4k」と「Hawkeye Firefly Split Mini 4K」を比較してみた動画です。
同じ日に同じ場所でほぼ同時刻で撮影しています。
「Hawkeye Firefly Split Mini 4K」の方が黄色が強く、「runcam hybrid 4k」は青が強い印象です。

Hawkeye Firefly Split Mini 4Kカメラ レビュー【Runcam Hybrid 4kとの比較も】
ちなみに「caddx tarsier 4k」はこれの間といった感じですかね。

比較して思ったことは好みもあるのかと思いますが「runcam hybrid 4k」の方が、ぶっちゃけ映像は綺麗だと思いました。
たぶん大半の方は「runcam hybrid 4k」の方が綺麗みえるのではないかと、自分はかってに思っています。

「Hawkeye Firefly Split Mini 4K」を買うメリットはこの記事を書いている日、12月13日の時点では価格が7600円と安いとこと、FPVで飛んでくる画質は「runcam hybrid 4k」より綺麗にみえることでしょうか(そこまで変わらないけど)

それと「Hawkeye Firefly Split Mini 4K」はカメラの設定を基盤で行うので、スマホを持っていない方でもカメラの設定ができるところですかね。

Hawkeye Firefly Split Mini 4K ファームウェアアップデート方法

まずは「Hawkeye Firefly」公式サイトにアクセスしてファームウェアの最新バージョンを入手します。
公式サイト↓↓
http://www.cnfpv.com/portal.php

Hawkeye Firefly Split Mini 4Kカメラ レビュー【Runcam Hybrid 4kとの比較も】
グローバルメニューのファームウェアの中から「Split Mini」を選択

Hawkeye Firefly Split Mini 4Kカメラ レビュー【Runcam Hybrid 4kとの比較も】
一番上の最新のファームウェアを選択。

Hawkeye Firefly Split Mini 4Kカメラ レビュー【Runcam Hybrid 4kとの比較も】
ダウンロード完了したら、カラのマイクロSDにファームウェアを入れてあげて、

あとはドローン本体にマイクロSDを差し込みバッテリーを入れれば、1分ほどで更新されます。
2020年の1月17日の最新ファームウェアで4k50fpsでの撮影が可能になっています。

以下、英語でのファームウェアのやり方(Hawkeye ホームページ引用)

How to update:

1.Delete all the files and folders in the tf card(suggest:8G/16G).
2.Download the firmware to sd card .
3.Put the sd card into camere(make sure battery > 50%).
4.Power on the camera and it will update firmware automatically.
5.When updating, the LED will flash it takes about one minutes, Don’t power off when updating, or it will….die.
6.When update finish, the camera will turn on again.

最後に

Hawkeye Firefly Split Mini 4Kカメラ レビュー【Runcam Hybrid 4kとの比較も】
当初使い始めはあまり好みの色合いではないのと、録画の質があまりよくないように感じたので「あまりおすすめできないカメラだなぁ~」と思っていましたが、
ファームウェアアップデートにより、いろいろな面が改善され悪くないカメラじゃないか!って思うようになってきました。
値段も安いしこのカメラ「あり」かもしれません。

気になる方はbanggoodでチェックしてみてください。

4Kカメラを搭載しているマイクロドローンは下の記事でも紹介しています↓↓

4Kカメラ搭載のマイクロドローンまとめ!おすすめのドローンあり4K画質で撮影できるマイクロドローンを紹介と、おすすめの機種をまとめている記事です。 4Kカメラ単体で自作しても4Kマイクロドローンは作れるのでFPV4kカメラ単体でも紹介しています。...

ブレの少ない空撮をしたい人は、ジンバル付きかブラシレスマイクロドローン

ブレの少ない綺麗な空撮をしたい人はジンバル付きのドローンか、ブラシレスマイクロドローンがおすすめです。

ジンバル付きのおすすめのドローンは下の記事で紹介しています↓↓

2020年最新ジンバル付き おすすめのドローン10選【ジンバルとは?】 今回は2020年最新版!ジンバル付きのおすすめのドローンを10選紹介します。 日本版の「Hubsan ZINO PRO +...
DJI製品のでジンバル付きドローンは、下の記事で比較しています。
LINKDJIの最新ドローン比較「Phantom、Mavic Pro(Air)、SPARK、Inspire(インスパイア)」 初心者にはどれがおすすめ?

200g未満ブラシレスマイクロドローン


FHD以上のブラシレスマイクロドローンなら、安定した飛行ができるのでブレの少ない綺麗な空撮をすることができます。
下の動画は200g未満のブラシレスマイクロドローンで空撮したものです。
そこそこブレのない空撮ができていいると思います。
※複数の機種、違うカメラで空撮しています。

ちなみにプロの方が200g未満ブラシレスマイクロドローンを使うとこのくらい綺麗な空撮をすることができます↓↓

上で紹介したようなFHDで撮影できる200g未満のブラシレスマイクロドローンは下の記事で紹介しています↓↓

綺麗な画質で空撮できるおすすめのマイクロドローン10選【FHD画質のタイニーフープ Tiny Whoop】 今回はFHD画質(1920×1080)で空撮できるおすすめのマイクロドローンを紹介していきます。 どのような形状、またはサイズや重...

ブラシレスマイクロドローンは基本的にFPVゴーグルを装着して5.8Ghzの電波を使用して飛行するので、「アマチュア無線免許」または「第三級陸上特殊無線技士」の免許と、無線局の開局が必要になります。

詳しくは下の記事で紹介しています↓↓

タイニーフープでFPV飛行をする為に、必要な準備や手順を解説【マイクロドローン】 冒頭いきなりyoutubeの埋め込み動画ではじまりますが、この動画を見て「tiny-whoop(タイニーフープ)」FPV飛行に興味を...

POSTED COMMENT

  1. cosmos より:

    According to the manual, Don’t connect to flight controller, it;s not power enough.
    So where does this cam connect power?
    Can I connect to the FC’s 5V port like any other FPV Camera?

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です