カメラ

Hawkeye Firefly Split Mini 4Kカメラ発売開始!

Hawkeye Firefly Split Mini 4Kカメラ発売開始!
新しくマイクロドローンに搭載するのにちょうど良さそうな4Kカメラの発売決定しました。

「caddx tarsier 4k」「runcam hybrid 4k」
「Hawkeye Firefly Split Mini 4k」で3機種目ですね(他にもあるかもしれない)。

今回は「Hawkeye Firefly Split Mini 4Kカメラ」を紹介します。

記事を書いた後に調べていたら「Hawkeye Firefly Split Mini 4k」の旧モデルもあって「Hawkeye Firefly Split 4K」ってのもあるんですね。知らなかった。

「runcam hybrid 4k」は下の記事で実機レビューをしています↓

RunCam Hybrid 4K カメラ 実機レビュー【自作ドローンにおすすめのカメラ】 ついにRunCamの方から新しく4kカメラが発売されましたね。 「Caddx Tarsier 4K」の対抗馬といったところでしょう...

Hawkeye Firefly Split Mini 4Kカメラ スペック

Hawkeye Firefly Split Mini 4Kカメラ発売開始!
カメラの解像度 4K 30FPS(16:9),2.7K 60FPS(16:9),2.7K 30FPS, 2.5K 60FPS(16:9), 2.5K 30FPS,1080P 120FPS,1080P 60FPS,720P 240FPS,720P 60FPS
FOV:170
重量 14g
基盤ネジ穴のサイズ 20mmx 20mm
基盤のサイズ 28x28mm
Cameraのサイズ(幅) 19mmx19mm
価格 8800円くらい
その他スペック WDR: YES
Sensor: CMOS
Distortion Corrrection: YES
TV System: NTSC/PAL
ISO: Auto, 100, 200, 400, 800, 1600, 3200.
Manual Shutter: YES
Exposure: -2.0 to + 2.0
Format: H.265/H.264(.MP4)
Video repair: YES
SD card: Micro SD card U1
SD card size: 8-128G
Interface: Micro USB
Language: Egnlish/ Chinese/Multi
Frequency: 50/60HZ
Power: 5V
Current: 500MA

Hawkeye Firefly Split Mini 4Kカメラ セット内容

Hawkeye Firefly Split Mini 4Kカメラ発売開始!
1 x Hawkeye Firefly Split 4K FPV Action Camera Mini
1 x Mainboard
1 x Extend board
1 x keyboark
1 x 19MM to 28MM extened backet
1 x 20MM to 30MM extened board
1 x FPC cable

Hawkeye Firefly Split Mini 4Kカメラの特徴

カメラの設定はwifi使用なし?

「caddx tarsier 4k」に関してはカメラの設定をwifiで行う仕様だったので技適問題がありましたが、「Hawkeye Firefly Split Mini 4K」はたぶんwifi使用はなさそうなので、合法で使用できそうですね。たぶん商品ページを見ているとwifiの記載はなかったので。

Hawkeye Firefly Split Mini 4Kカメラ発売開始!
その代わりに、このような基盤が付属品でついてくるので、これを使用してカメラの設定をするのだと思います。

マイク付き

Hawkeye Firefly Split Mini 4Kカメラ発売開始!
基盤にたぶんマイクらしきものがついていますね。
たぶん音声を拾うこともできそうです。


旧モデル「Hawkeye Firefly Split 4K」の動画ですが、そこそこ画質はよさそうです。

最後に

4kカメラが増えてきましたね。
もう1年前にはここまで4kカメラがたくさんでるとは考えられなかったです。

気になる方はbanggoodでチェックしてみてください。

ブレの少ない空撮をしたい人は、ジンバル付きかブラシレスマイクロドローン

ブレの少ない綺麗な空撮をしたい人はジンバル付きのドローンか、ブラシレスマイクロドローンがおすすめです。

ジンバル付きのおすすめのドローンは下の記事で紹介しています↓↓

2019年最新ジンバル付き おすすめのドローン10選【ジンバルとは?】 今回はジンバル付きのおすすめのドローンを10選紹介します。 ドローンのジンバルとは? まずはじめにジンバルとは?...
DJI製品のでジンバル付きドローンは、下の記事で比較しています。
LINKDJIの最新ドローン比較「Phantom、Mavic Pro(Air)、SPARK、Inspire(インスパイア)」 初心者にはどれがおすすめ?

200g未満ブラシレスマイクロドローン


FHD以上のブラシレスマイクロドローンなら、安定した飛行ができるのでブレの少ない綺麗な空撮をすることができます。
下の動画は200g未満のブラシレスマイクロドローンで空撮したものです。
そこそこブレのない空撮ができていいると思います。
※複数の機種、違うカメラで空撮しています。

ちなみにプロの方が200g未満ブラシレスマイクロドローンを使うとこのくらい綺麗な空撮をすることができます↓↓

上で紹介したようなFHDで撮影できる200g未満のブラシレスマイクロドローンは下の記事で紹介しています↓↓

綺麗な画質で空撮できるおすすめのマイクロドローン10選【FHD画質のタイニーフープ Tiny Whoop】 今回はFHD画質(1920×1080)で撮影することのできるマイクロドローンを紹介していきます。 どのくらいのサイズや重量でマイク...

ちなみに4k動画の撮影できるブラシレスマイクロドローンも発売されています。4kブラシレスマイクロドローンは下の記事で紹介しています↓↓

【200g以下で4K動画が撮影可能】高画質なおすすめのドローン10選 機体の重量が200g以下で、高画質(4K)な動画が撮影可能なドローンを紹介します。 ついにDJIからジンバル付きの200g未満...

ブラシレスマイクロドローンは基本的にFPVゴーグルを装着して5.8Ghzの電波を使用して飛行するので、「アマチュア無線免許」または「第三級陸上特殊無線技士」の免許と、無線局の開局が必要になります。

詳しくは下の記事で紹介しています↓↓

タイニーフープでFPV飛行をする為に、必要な準備や手順を解説【マイクロドローン】 冒頭いきなりyoutubeの埋め込み動画ではじまりますが、この動画を見て「tiny-whoop(タイニーフープ)」FPV飛行に興味を...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です