DJI Air 2S 販売開始!


DJIから新しいドローン「DJI Air 2S」の販売が開始されました!
詳細はこちらから

カメラ

格安4Kアクションカメラ VANTOP MOMENT4 実機レビュー【ドローンに搭載】

格安4Kアクションカメラ VANTOP MOMENT4 実機レビュー【ドローンに搭載】
今回は中華系のアクションカメラ「VANTOP MOMENT 4」の実機レビューをしていきます。
アマゾンで6000円くらいで購入できる格安4kアクションカメラです。

アクションカメラ VANTOP MOMENT4 スペック

カメラの解像度 4K24fps
2K30fps
1080P60FPS
重量 65g
サイズ 59.3*24.6*41.1㎜
価格 6000円

アクションカメラ VANTOP MOMENT4 セット内容

格安4Kアクションカメラ VANTOP MOMENT4 実機レビュー【ドローンに搭載】
  • アクションカメラ本体× 1
  • 32G micro SDカード× 1
  • 折りたたみ式カバン× 1 
  • 防水ケース× 1
  • リモコン× 1  
  • リモコンバンド× 1
  • 1080mhAバッテリー× 2
  • コネクター× 3
  • Jフックバックル× 1 
  • 360マウント× 1
  • 三脚マウント× 1 
  • 自転車ハンドルバー× 1
  • ハンドルバーマウント× 1
  • ヘルメット固定マウント× 2(粘着テープがついている)
  • USBケーブル× 1
  • ワイヤーロープ×1

セット内容はかなり豊富です。ついていて嬉しかったアイテムは、マイクロSD32GBと、予備のバッテリーですかね。
6000円で購入できて、すぐに使用するのに必要なアイテムは揃っている感じです。

アクションカメラ VANTOP MOMENT4 実機レビュー

格安4Kアクションカメラ VANTOP MOMENT4 実機レビュー【ドローンに搭載】
とりあえずドローンに搭載して使用してみました。
マウントはGoProHERO7のものを使用。
サイズはぴったり合いませんでしたが、横をバンドでとめて固定して飛ばしました。

撮影した動画


こちらは実際に撮影した動画です。

4K24fps
2K30fps
1920×1080 60fps
1080P/30fps、
720P/30fps

商品説明のスペック表記では上のようになっていたんですけど、実際に撮影した動画のサイズは、

4K24fps → 2880×2160 24fps
2K30fps → 2560×1440 30fps
   
上のとおりでした。

パソコン上で動画ファイルの上で「右クリック→プロパティ→詳細」で確認。
理由はよくわかりませんが、、、、4k動画なら「3840×2160」だと思うのですが、、、
もしかすると、FOVをワイド設定にしているからかもしれませんね。

今回はドローン動画を撮影してきましたが、今度釣りに行った時にでも釣り動画を撮影して検証してみようと思います。

撮影した動画は手ぶれ補正をONにしております。
当たり前ですがGoProHERO7の手ぶれ補正と比較してしまうと天と地の差はありますが、6000円のカメラだと思えばわるくない画質かと思いました。4K動画に関しては24fpsでしか撮影できないので、少しカクカクした動画に感じますね。

個人的には1080p60fpsで撮影するのが、なめらかな映像で綺麗に撮影できると思いました。

液晶はタッチセンサーパネル

 
格安4Kアクションカメラ VANTOP MOMENT4 実機レビュー【ドローンに搭載】
液晶モニターはタッチセンサーパネルです。価格が安いカメラなので誤動作などが心配でしたが、特に問題なく快適に反応してくれました。

防水性のは水深30m

格安4Kアクションカメラ VANTOP MOMENT4 実機レビュー【ドローンに搭載】
防水性能は専用のケースに入れれば水深30mまで耐えられるようです。
ただ、ケースに入れると音声はほとんど入らない仕様なのが少し残念なポイントでした。

最後に

格安4Kアクションカメラ VANTOP MOMENT4 実機レビュー【ドローンに搭載】
価格が6000円と考えれば、悪くないアクションカメラだと思います。
マイクロSD32GB、予備のバッテリー、そしてマウントがたくさんついていて、コスパはいいと思いますよ。

割引クーポン

メーカーよりクーポンコードが発行されていました。必要な方はお使いください。

クーポンコード:A82ANYDI
値引き額:500円
期限:2020/02/29 23:59日まで

   

ブレの少ない空撮をしたい人は、ジンバル付きかブラシレスマイクロドローン

ブレの少ない綺麗な空撮をしたい人はジンバル付きのドローンか、ブラシレスマイクロドローンがおすすめです。

ジンバル付きのおすすめのドローンは下の記事で紹介しています↓↓

2020年最新ジンバル付き おすすめのドローン10選【ジンバルとは?】 今回は2020年最新版!ジンバル付きのおすすめのドローンを10選紹介します。 ドローンのジンバルとは? まずはじめにジン...
DJI製品のでジンバル付きドローンは、下の記事で比較しています。
LINKDJIの最新ドローン比較「Phantom、Mavic Pro(Air)、SPARK、Inspire(インスパイア)」 初心者にはどれがおすすめ?

200g未満ブラシレスマイクロドローン


FHD以上のブラシレスマイクロドローンなら、安定した飛行ができるのでブレの少ない綺麗な空撮をすることができます。
下の動画は200g未満のブラシレスマイクロドローンで空撮したものです。
そこそこブレのない空撮ができていいると思います。
※複数の機種、違うカメラで空撮しています。

ちなみにプロの方が200g未満ブラシレスマイクロドローンを使うとこのくらい綺麗な空撮をすることができます↓↓

上で紹介したようなFHDで撮影できる200g未満のブラシレスマイクロドローンは下の記事で紹介しています↓↓

綺麗な画質で空撮できるおすすめのマイクロドローン10選【FHD画質のタイニーフープ Tiny Whoop】 今回はFHD画質(1920×1080)で空撮できるおすすめのマイクロドローンを紹介していきます。 どのような形状、またはサイズや重...

ちなみに4k動画の撮影できるブラシレスマイクロドローンも発売されています。4kブラシレスマイクロドローンは下の記事で紹介しています↓↓

4Kカメラ搭載のマイクロドローンまとめ!おすすめのドローンあり4K画質で撮影できるマイクロドローンを紹介と、おすすめの機種をまとめている記事です。 4Kカメラ単体で自作しても4Kマイクロドローンは作れるのでFPV4kカメラ単体でも紹介しています。...

ブラシレスマイクロドローンは基本的にFPVゴーグルを装着して5.8Ghzの電波を使用して飛行するので、「アマチュア無線免許」または「第三級陸上特殊無線技士」の免許と、無線局の開局が必要になります。

詳しくは下の記事で紹介しています↓↓

タイニーフープでFPV飛行をする為に、必要な準備や手順を解説【マイクロドローン】 冒頭いきなりyoutubeの埋め込み動画ではじまりますが、僕はこの動画を見て「tiny-whoop(タイニーフープ)」FPV飛行に興...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です