ドローン機体

【200g未満】ARRIS X110 HD ブラシレスドローン レビュー

【200g未満】ARRIS X110 HD ブラシレスドローン レビュー
今回は日本のアマゾンで売っている「ARRIS X110 HD」という「CADDX Turtl V2」を搭載したFHDで空撮できるブラシレスマイクロドローンがなかなかよさそうだったので紹介します。

ARRIS X110 HD ブラシレスドローン スペック

カメラ CADDX Turtl V2
FHD1080P60fpsで撮影可能(マイクロSDに保存されます)
重量 96.5g (バッテリーなし)
フレーム 110mm
モーター 1106 4000kv
VTX Speedy Bee TX500 5.8G 48CH 25/200/500mW Video Transmitter
系統図ありの「VTX03S」あたりに簡単に換装できそう(たぶん)
レシーバー なし。別でつける必要があります。
推奨バッテリー 3S 550mAh
価格 22000円前後(2019年9月現在)アマゾン

ARRIS X110 HD ブラシレスドローン セット内容

ARRIS X110 HD Frame kit x 1
ARRIS 1106 4000KV Motor x 4
Omnibus F4 Flight controller with 4in1 20A ESC tower x 1
Gemfan 2540 propeller x 1
Mini 5.8g 48CH VTX x 1
CADDX Turtle 2 camera x 1
Battery Straps x 2

ARRIS X110 HD ブラシレスドローン 特徴・レビュー

基盤の構成


基盤の構成はこんな感じ。

DVRの基盤が一番上にあり、
その下にVTX、
その下にFC、
一番下にESC。

FHDで空撮可能

【200g未満】ARRIS X110 HD ブラシレスドローン レビュー
マイクロSDスロットがあり、FHDで空撮することができます。

重心が安定しているせいかなのか、かなりブレの少ない綺麗な空撮はできるようです↓

VTXだけ交換して日本で運用できそう

VTXが「Speedy Bee TX500」となっているので、タワー型ではないのでこれだったら他のVTXに交換も可能だと思います。
系統図が戸澤さんのところにある「VTX03S」あたりと交換すればちょうどいいのかなぁと。

電圧もOKかと。

「Eachine VTX03S」は価格が安いし戸澤さんのところに系統図があり申請が通るVTXですのでおすすめです↓↓何個かまとめて購入して申請しておけば新しく中華フープを購入した時に換装できるのでいいと思います。

ほんとうは純正でついている「Speedy Bee TX500」で飛ばしたいところですけどね。
系統図はどこにもなさそうなので、、、、

モーターは1106 4000kv

【200g未満】ARRIS X110 HD ブラシレスドローン レビュー
モーターは「1106 4000kv」のものを搭載。
3s~4s対応とのこと。かなりスピードも出るのかと思いきや、youtubeで動画を見ているとそこまでぶっ飛び仕様ではないようですね。

まとめ

VTXの換装も簡単にできそうだし、3s~4sでそこそこスピード感のある飛びっぷりもしてくれそうなので、なかなか良さそうなFHDブラシレスマイクロドローンだと思いました。

この記事で紹介したブラシレスマイクロドローンは日本のアマゾンで購入できます↓それとレシーバーはついていないので、送信機にあったレシーバーを取り付けてくださいね。

FPV飛行をするにはFPVゴーグルが必須です。2019年おすすめの5.8GhzFPVゴーグルは下の記事で紹介しています↓↓

【ドローンレースに必要】5.8GhzおすすめのFPVゴーグル10選【2020年最新版】今回はドローンレースや「Tiny Whoop(タイニーフープ)」を操縦するのに必須なFおすすめの5.8GhzFPVゴーグルを紹介します。初心者が使うような安いものから、上級者が使うような高いものまで厳選して10個選んでみました。 ...

この記事で紹介しているドローンは本体のみですので、送信機も必要になります。おすすめの送信機は下の記事で紹介しています↓↓

【マイクロドローン送信機】おすすめのプロポ比較5選!Tiny Whoop(タイニーフープ) 今回はTiny Whoop系のマイクロドローンにおすすめしたい送信機を紹介していきます。 綺麗な空撮動画が撮影できるFHDのマ...

ブレの少ない空撮をしたい人は、ジンバル付きかブラシレスマイクロドローン

ブレの少ない綺麗な空撮をしたい人はジンバル付きのドローンか、ブラシレスマイクロドローンがおすすめです。

ジンバル付きのおすすめのドローンは下の記事で紹介しています↓↓

2019年最新ジンバル付き おすすめのドローン10選【ジンバルとは?】 今回はジンバル付きのおすすめのドローンを10選紹介します。 ドローンのジンバルとは? まずはじめにジンバルとは?...
DJI製品のでジンバル付きドローンは、下の記事で比較しています。
LINKDJIの最新ドローン比較「Phantom、Mavic Pro(Air)、SPARK、Inspire(インスパイア)」 初心者にはどれがおすすめ?

200g未満ブラシレスマイクロドローン


FHD以上のブラシレスマイクロドローンなら、安定した飛行ができるのでブレの少ない綺麗な空撮をすることができます。
下の動画は200g未満のブラシレスマイクロドローン「FullSpeed TinyLeader 75mm HD」で空撮したものです。
そこそこブレのない空撮ができていいると思います。

ちなみにプロの方が200g未満ブラシレスマイクロドローンを使うとこのくらい綺麗な空撮をすることができます↓↓

上で紹介したようなFHDで撮影できる200g未満のブラシレスマイクロドローンは下の記事で紹介しています↓↓

綺麗な画質で空撮できるおすすめのマイクロドローン10選【FHD画質のタイニーフープ Tiny Whoop】 今回はFHD画質(1920×1080)で空撮できるおすすめのマイクロドローンを紹介していきます。 どのような形状、またはサイズや重...

ちなみに4k動画の撮影できるブラシレスマイクロドローンも発売されています。4kブラシレスマイクロドローンは下の記事で紹介しています↓↓

【200g以下で4K動画が撮影可能】高画質なおすすめのドローン10選 機体の重量が200g以下で、高画質(4K)な動画が撮影可能なドローンを紹介します。 ついにDJIからジンバル付きの200g未満...

ブラシレスマイクロドローンは基本的にFPVゴーグルを装着して5.8Ghzの電波を使用して飛行するので、「アマチュア無線免許」または「第三級陸上特殊無線技士」の免許と、無線局の開局が必要になります。

詳しくは下の記事で紹介しています↓↓

タイニーフープでFPV飛行をする為に、必要な準備や手順を解説【マイクロドローン】 冒頭いきなりyoutubeの埋め込み動画ではじまりますが、この動画を見て「tiny-whoop(タイニーフープ)」FPV飛行に興味を...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です