ドローン機体

Happymodel ドローン LARVA-X ブザーの取り付け方法

Happymodel ドローン LARVA-X ブザーの取り付け方法
Happymodel LARVA-X にブザーを取り付けてみました。

簡単に取り付けることができるので、ブザーはロスト防止のためにもつけるのがおすすめ。
操縦上手い人には必要ないかもしれないけど。

この記事でブザーを取り付けているドローンはこちら↓↓

初心者におすすめしたいマイクロドローン、送信機、FPVゴーグルのセットは下の記事で紹介しています↓↓

初心者におすすめのマイクロドローン、送信機、FPVゴーグルの紹介【200g未満のレース機】 今回は初心者におすすめしたい「マイクロドローン」「送信機」「FPVゴーグル」を紹介していきます。 今回の記事は初めてマイクロド...

Happymodel ドローン LARVA-X ブザーの取り付け方法

Happymodel ドローン LARVA-X ブザーの取り付け方法
まずは機体を分解していきます。前回VTXを交換した時にブザーも取り付けておけばよかったんですけどね。

前回VTXの交換や設定方法を記載したレビュー記事はこちら。VTXは戸澤さんのところに系統図がある「happymodel whoop_VTX」に変更しています。そのままの配線を使えて径も一緒なので換装するならオススメのVTXです↓↓

【200g未満】Happymodel LARVA-X ドローンレビュー【ブラシレスマイクロドローン】 今回はHappymodel「マイクロブラシレスドローン」LARVA-X をレビューしていきます。 banggoodで商...

Happymodel ドローン LARVA-X ブザーの取り付け方法
説明書にFCのブザーの取り付け位置がかいてあるので確認です。

電源はレシーバーと共通のようですね。

Happymodel ドローン LARVA-X ブザーの取り付け方法
とりあえずいつものように半田のノリがよくなるようにフラックスをつけます。

白光(HAKKO)
¥378
(2019/09/21 17:24:32時点 Amazon調べ-詳細)

Happymodel ドローン LARVA-X ブザーの取り付け方法
こんな感じでつければOK。

ちなみに基盤の固定は下のツールを利用しています。
かなり使いやすくておすすめ。

詳しくは下の記事でも紹介しています↓↓

はんだ付けにおすすめの精密基盤固定ツール【ドローン基盤 】 ドローンの基盤のはんだつけの時に、基盤を固定するツールが欲しいと思い、自作のドローン制作動画をあげている「きよっちさん」と同じものを...

まとめ


とりあえずブザーは機体の右側にグルーガンを使ってとりつけました。

「Happymodel ドローン LARVA-X」のブザーの取り付けは特に難しくはないので、つけることをおすすめします。

ちなみにブザーや配線はアマゾンでも購入できますが、海外通販サイトbanggoodでも購入できます↓↓

ブザーはこちら↓

banggood新規登録で金券ゲット!!

下記のリンクを通してアカウントを新規登録すれば10$(約1100円)分の金券がもらえます。banggoodでのアカウントを持っていない方はこちらから登録してみてください↓↓

海外通販が初めてで購入方法がいまいちわからない方は下の記事を参考にしてください↓↓

banggood(バングッド)商品の買い方やクーポンの使い方 今回はbanggoodでの商品の購入方法や、クーポンの使い方を紹介します。 日本語訳にできるので、そこまで難しくなく誰でも購入でき...

ブレの少ない空撮をしたい人は、ジンバル付きかブラシレスマイクロドローン

ブレの少ない綺麗な空撮をしたい人はジンバル付きのドローンか、ブラシレスマイクロドローンがおすすめです。

ジンバル付きのおすすめのドローンは下の記事で紹介しています↓↓

2019年最新ジンバル付き おすすめのドローン10選【ジンバルとは?】 今回はジンバル付きのおすすめのドローンを10選紹介します。 ドローンのジンバルとは? まずはじめにジンバルとは?...
DJI製品のでジンバル付きドローンは、下の記事で比較しています。
LINKDJIの最新ドローン比較「Phantom、Mavic Pro(Air)、SPARK、Inspire(インスパイア)」 初心者にはどれがおすすめ?

200g未満ブラシレスマイクロドローン


FHD以上のブラシレスマイクロドローンなら、安定した飛行ができるのでブレの少ない綺麗な空撮をすることができます。
下の動画は200g未満のブラシレスマイクロドローン「FullSpeed TinyLeader 75mm HD」で空撮したものです。
そこそこブレのない空撮ができていいると思います。

ちなみにプロの方が200g未満ブラシレスマイクロドローンを使うとこのくらい綺麗な空撮をすることができます↓↓

上で紹介したようなFHDで撮影できる200g未満のブラシレスマイクロドローンは下の記事で紹介しています↓↓

綺麗な画質で空撮できるおすすめのマイクロドローン10選【FHD画質のタイニーフープ Tiny Whoop】 今回はFHD画質(1920×1080)で撮影することのできるマイクロドローンを紹介していきます。 どのくらいのサイズや重量でマイク...

ちなみに4k動画の撮影できるブラシレスマイクロドローンも発売されています。4kブラシレスマイクロドローンは下の記事で紹介しています↓↓

【200g以下で4K動画が撮影可能】高画質なおすすめのドローン8選 機体の重量が200g以下で、高画質(4K)な動画が撮影可能なドローンを紹介します。 この記事で紹介している「Caddx T...

ブラシレスマイクロドローンは基本的にFPVゴーグルを装着して5.8Ghzの電波を使用して飛行するので、「アマチュア無線免許」または「第三級陸上特殊無線技士」の免許と、無線局の開局が必要になります。

詳しくは下の記事で紹介しています↓↓

タイニーフープでFPV飛行をする為に、必要な準備や手順を解説【マイクロドローン】 冒頭いきなりyoutubeの埋め込み動画ではじまりますが、この動画を見て「tiny-whoop(タイニーフープ)」FPV飛行に興味を...

ドローンを趣味ではなく仕事に変えてみよう!

将来ドローンを仕事にしたいと思っている方は、ドローンスクールに通ってみませんか!?
今後ドローンの仕事の需要はどんどん増えていくと予想されています。
ドローンを趣味ではなく仕事にしたいなら、資格は取得しておきまししょう。
下で紹介する「DSJ東京中目黒校」は無料体験説明会を随時開催しています。
卒業後はドローンの仕事を探すアフターフォローまでしてくれるようですよ。
気になる方は公式ホームページでご確認ください↓↓

DSJ東京中目黒校の無料説明会の詳細はこちら

「Qwinout」ドローン関連商品!クーポン使用で全品15%OFF


クーポンコード:DRONEBLOG
上のクーポンコードをコピーしてお使いください。バナーをクリックすれば、ショップの販売ページに移行します。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です