ドローン機体

水陸空 対応!EACHINE E016F ドローンの紹介【ホバークラフト?】

水陸空 対応!EACHINE E016F ドローンの紹介【ホバークラフト?】
今回は「水、陸、空」全部OKなドローンを紹介します。
ホバークラフトとも少し似ていますが、ドローンとして空を飛ばすことも可能です。

2019年の個人的におすすめしたいドローンは、下の記事でランキング形式で紹介しています↓↓
【2019年最新機種】人気のおすすめドローンランキング30選!徹底比較

EACHINE(イーシン)から発売されているドローンは下の記事でまとめています↓↓

【EACHINE ドローン 比較 10選】おすすめの機種を選んでみた!海外では「EACHINE」というメーカーのドローンは有名で、以前からいろいろな機種が販売されていましたが、技適マークの問題からか日本では...

EACHINE E016F ドローン スペック

水陸空 対応!EACHINE E016F ドローンの紹介【ホバークラフト?】
画質 カメラなし
重量
伝送距離 30m
周波数 2.4Ghz
飛行時間 6分
バッテリー 3.7V 350mah
操作モード ?たぶんモード2
機体のサイズ
価格 2999円(2019年10月現在アマゾン)
その他の機能

EACHINE E016F ドローン セット内容

  • 1×ドローン本体
  • 1×EPPホバークラフト
  • 1×リモコン
  • 1×3.7V 350mahバッテリー(内蔵)
  • 1×USB充電器
  • 4×予備プロペラ
  • 1×ドライバー
  • 1×DIYステッカー
  • 1×取扱説明書

水陸空 対応!EACHINE E016F ドローンの特徴


こちらの動画を見ていただければどんなドローンかはほぼわかると思いますが、自分なりにこのドローンの特徴を紹介して生きます。

水上、陸上、空、どこでもOK

水陸空 対応!EACHINE E016F ドローンの紹介【ホバークラフト?】
水上、陸上、空、どこでも飛ばしたり、走らせたりすることができます。
しかも冒頭の動画をみてみると、完全防水かはわかりませんが、そこそこの防水性能を持っているのかもしれません。

スピード調整は3段階


スピード調整は3段階でできるようです。

定電圧アラート

水陸空 対応!EACHINE E016F ドローンの紹介【ホバークラフト?】
空中モードでは定電圧になると、自動で着陸するしくみになっているようです。

ヘッドレスモード搭載

水陸空 対応!EACHINE E016F ドローンの紹介【ホバークラフト?】
ヘッドレスモード搭載のドローンですので、機体の向きがわからなくなっても、自分視点で操縦することができます。

上部に人形をのせられる

水陸空 対応!EACHINE E016F ドローンの紹介【ホバークラフト?】
詳しくはわかりませんが、上部がレゴのブロックの突起になっていて、人形が乗せられるんですかね(たぶん)

まとめ

カメラはついていないので空撮はできませんが、そこそこ楽しめるドローンかもしれません。
価格が3000円くらいで安いので遊びで購入してもいいかもしれませんね!!

その他、3000円前後で購入できるドローンは下の記事で紹介しています↓↓

3000円前後で購入できるおすすめのドローン10選【カメラ付きもあり】今回は3000円前後で購入できるトイドローンをまとめて紹介してきます。 DJIの高価なドローンを購入する前の練習用や、お部屋でちょっと...

ブレの少ない空撮をしたい人は、ジンバル付きかブラシレスマイクロドローン

ブレの少ない綺麗な空撮をしたい人はジンバル付きのドローンか、ブラシレスマイクロドローンがおすすめです。

ジンバル付きのおすすめのドローンは下の記事で紹介しています↓↓

2019年最新ジンバル付き おすすめのドローン10選【ジンバルとは?】 今回はジンバル付きのおすすめのドローンを10選紹介します。 ドローンのジンバルとは? まずはじめにジンバルとは?...
DJI製品のでジンバル付きドローンは、下の記事で比較しています。
LINKDJIの最新ドローン比較「Phantom、Mavic Pro(Air)、SPARK、Inspire(インスパイア)」 初心者にはどれがおすすめ?

200g未満ブラシレスマイクロドローン


FHD以上のブラシレスマイクロドローンなら、安定した飛行ができるのでブレの少ない綺麗な空撮をすることができます。
下の動画は200g未満のブラシレスマイクロドローンで空撮したものです。
そこそこブレのない空撮ができていいると思います。
※複数の機種、違うカメラで空撮しています。

ちなみにプロの方が200g未満ブラシレスマイクロドローンを使うとこのくらい綺麗な空撮をすることができます↓↓

上で紹介したようなFHDで撮影できる200g未満のブラシレスマイクロドローンは下の記事で紹介しています↓↓

綺麗な画質で空撮できるおすすめのマイクロドローン10選【FHD画質のタイニーフープ Tiny Whoop】 今回はFHD画質(1920×1080)で撮影することのできるマイクロドローンを紹介していきます。 どのくらいのサイズや重量でマイク...

ちなみに4k動画の撮影できるブラシレスマイクロドローンも発売されています。4kブラシレスマイクロドローンは下の記事で紹介しています↓↓

【200g以下で4K動画が撮影可能】高画質なおすすめのドローン10選 機体の重量が200g以下で、高画質(4K)な動画が撮影可能なドローンを紹介します。 ついにDJIからジンバル付きの200g未満...

ブラシレスマイクロドローンは基本的にFPVゴーグルを装着して5.8Ghzの電波を使用して飛行するので、「アマチュア無線免許」または「第三級陸上特殊無線技士」の免許と、無線局の開局が必要になります。

詳しくは下の記事で紹介しています↓↓

タイニーフープでFPV飛行をする為に、必要な準備や手順を解説【マイクロドローン】 冒頭いきなりyoutubeの埋め込み動画ではじまりますが、この動画を見て「tiny-whoop(タイニーフープ)」FPV飛行に興味を...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です