ドローン機体

HGLRC XJB-145MM 3インチドローン!バージョンアップして登場!

HGLRC XJB-145MM 3インチドローン!バージョンアップして登場!
個人的に3インチ機の中で名作だと思っている「HGLRC XJB-145MM」がFC、ESC、VTX変更して新しいバージョンが発売されていましので紹介します。

GNB4s520mAhなら200g未満で飛ばせるドローンで、GotProHERO7も重たすぎて持っていかれるけどなんとか搭載可能な機種です。

前作の「HGLRC XJB-145MM」になりますが、実際にGotProHERO7を搭載している動画はこちら↓

HGLRC XJB-145MM 3インチドローン スペック

カメラ RunCam Nano 2
重量 135.5g
フレーム Wheelbase:145mm
Type:3″ Freestyle Frame
Weight:51.7g
FC Input Voltage:3-6S
MPU: MPU6000
Installing Hole: 20X20mm,M2
Weight:4.7g
ESC Input Voltage:3-6S
Constant Current: 35A
Peak Current: 40A(10 sec)
ESC Firmware:BLheli_32
Weight:6.5g
VTX Built-in Microphone
Input voltage:DC 5V
Antenna interface:IPEX
Weight:3.9g
モーター 1407 3600KV
レシーバー Flysky FS-A8S V2/FrSky R9MM Receiver/Frsky XM+ Receiver/TBS Crossfire Nano RX/選択可能
価格 16500円くらい

HGLRC XJB-145MM セット内容

  • 1 x XJB VX145 Frame Kit
  • 1 x Forward F4 Mini Flight Control
  • 1 x Forward 35A 4in1 3-6S ESC
  • 4 x FLAME 1407 3600KV Brushless Motor
  • 1 x RunCam Nano 2 Camera
  • 1 x Forward MT VTX mini
  • 6 x Gemfan 3052 propeller

FC,ESCは6s対応

HGLRC XJB-145MM 3インチドローン!バージョンアップして登場!
FCとESCは6s対応のもののようです。
まぁモーターが4sまでしか使用できなそうなkv値なので、6sは使用できませんけど。

モーターは1407 3600KV

HGLRC XJB-145MM 3インチドローン!バージョンアップして登場!
モーターは前作同様「1407 3600KV」です。
おそらく前作同様、マイルドでいい感じの飛びっぷりをしてくれると思います。

カラーは2色

HGLRC XJB-145MM 3インチドローン!バージョンアップして登場!
カラーはブルーとピンクの2色あります。
個人的にはブルーが好み。

重量は200g未満でギリいけます


重量はバッテリーの容量にもよりますが200g未満でギリいけます。
前作同様ならGNB4s 520mAhで200g未満におさまりました。

少し重いですがGoProHERO7を乗せて飛ばすこともできます。

下の画像は前作の「HGLRC XJB-145MM」にGoProHERO7を搭載したもの↓
GoPro HERO7はドローンにおすすめ!電子補正で綺麗な空撮ができます

HERO7を搭載させると、重たさをかなり感じて、持っていかれる感じがしますが、なんとか飛ばせます。
ちなみにRuncam5くらいなら、普通に飛ばせます。

まとめ

200g未満でGoProHERO7を搭載できるドローンを探しているならおすすめできる商品です。

AKIRA
AKIRA
これ以外だと自作する以外、HERO7を搭載しやすい機体はあまり見たことがないですね

今回紹介したドローンでFPV飛行をするなら「FPVゴーグル」が必要です。
2020年おすすめの5.8GhzFPVゴーグルは下の記事で紹介しています↓↓

【ドローンレースに必要】5.8GhzおすすめのFPVゴーグル10選【2020年最新版】今回はドローンレースや「Tiny Whoop(タイニーフープ)」を操縦するのに必須なFおすすめの5.8GhzFPVゴーグルを紹介します。初心者が使うような安いものから、上級者が使うような高いものまで厳選して10個選んでみました。 ...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です