ドローン機体

【200g未満】Holy Stone GPS搭載 HS175 レビュー

【200g未満】Holy Stone GPS搭載 HS175 レビュー
今回は「Holy Stone」から新しく発売されたGPS搭載ドローン「HS175」を紹介します。

メーカー様から割引クーポンを発行してもらいました。購入する際にご使用ください。

下記のクーポンは「HS175」「HS175B」両製品とも使用可能です
5%割引コード:IK5UZNA7(製品ページに記載しているクーポンと一緒に利用可能)
有効期間:2021年10月4日 PM 10時から2022年12月31日 PM 11時59分まで
割引コードの利用方法:お支払い方法選択画面で「Amazonギフト券・Amazonショッピングカードまたはクーポン」の欄に割引コードを入力しますと5%割引が適用されます

色違いの「HS175B」の販売がはじまりました。今から購入するならこっちのほうがカッコイイ色かも。

Holy Stoneから販売されているドローンは下の記事でまとめています↓

>>Holy Stone(ホーリーストーン)ドローン 比較 15選

Holy Stone GPS搭載 HS175 スペック

【200g未満】Holy Stone GPS搭載 HS175 レビュー
画質写真:4096*3072p(SD側)、2048*1080p(アプリ側)
動画:2048*1080p(SD側)、1920*1080p(アプリ側)
重量198g
伝送距離約350m(障害物なし、信号障害なし)
wifi(FPVから飛んでくる画像)約50m(障害物なし、信号障害なし)
周波数送信機:2.4Ghz
FPVカメラ:2.4Ghz(アプリでかんたんに5Ghzに変更できてしまいます自分の環境iPhoneXSでは簡単に変更できないように改善されました)
飛行時間22分
バッテリー7.6V 1300mAh
操作モードモード1/モード2切替可能
機体のサイズ145*90*60mm(折り畳み式)
360*300*70mm(展開式)
価格18990円(2020年11月10日現在3500円OFFで購入可能)
その他の機能GPS搭載

※スペックはメーカーが公表している数字を記載して、僕のところで計測したものだけ補足をいれています。

【200g未満】Holy Stone GPS搭載 HS175 レビュー

【200g未満】Holy Stone GPS搭載 HS175 レビュー
まずは開封レビューからしていきます。

【200g未満】Holy Stone GPS搭載 HS175 レビュー
箱をあけると専用の収納ケースが入っています。

【200g未満】Holy Stone GPS搭載 HS175 レビュー
こんな感じで収納できるので、持ち運びは便利なドローンです。

Holy Stone GPS搭載 HS175 セット内容

【200g未満】Holy Stone GPS搭載 HS175 レビュー
  • ドローン本体*1
  • 2.4G送信機*1
  • バッテリー*3
  • 充電ケーブル*2
  • 予備プロペラ*4
  • プロペラガード*4
  • 収納ケース*1
  • 送信機充電ケーブル*1
  • 日本語マニュアル*1

ドローン本体


折りたたみ式のドローンですので、そこそこコンパクトなサイズにすることが可能です。

【200g未満】Holy Stone GPS搭載 HS175 レビュー
アームを広げるとこんな感じ。

【200g未満】Holy Stone GPS搭載 HS175 レビュー
技適マークは機体の横に記載されています。

送信機

【200g未満】Holy Stone GPS搭載 HS175 レビュー
送信機は電池式ではなくUSBで充電するタイプです。

【200g未満】Holy Stone GPS搭載 HS175 レビュー
上部にスマホホルダー。下には持ち手つき。

【200g未満】Holy Stone GPS搭載 HS175 レビュー
裏側には技適マークの記載があります。

チルト式カメラ搭載

【200g未満】Holy Stone GPS搭載 HS175 レビュー

カメラの角度は90°調整可能で、送信機から変更することができます。
送信機の右上に角度を変更するボタンがついています。

【200g未満】Holy Stone GPS搭載 HS175 レビュー
【200g未満】Holy Stone GPS搭載 HS175 レビュー
こちらはHS175で空撮した写真。


こちらはサンプル動画。
SDカード保存の解像度はメーカー公表のスペック通り「2048 × 1080」でした。

FPVの伝送距離

FPVの伝送距離が最大50mとの記載がありましたが、僕が飛ばした環境ではフリーズして20m程度までしか届きませんでした。
機会があれば別の場所でも飛ばしてみたいと思います。

GPS搭載ドローン


GPS搭載ドローンでオートリターンをすることができます。
またフェイルセーフ付きとの記載がありますので、バッテリー残量がへると自動でホームポイントまで戻ってくる機能がついていると予測されます(フェイルセーフはまだ試していません)。

フォロミーモード


フォロミーモードを搭載しているドローンです。
電波の環境が悪い場所だったのか、エラーが出てうまくできませんでした。
またの機会に挑戦してみます。

ホバリングモード


ホバリングモードも搭載しているドローンです。
まだ試してないです。

ヘッドレスモード


ヘッドレスモード使えるドローンのようですね。
僕はヘッドレスモードじたい使った時がありませんが….今回は実際に使えるかだけ試してみました。
とりあえずoKでした。

オプティカルフローポジショニング


オプティカルフローポジショニングがついているので、GPSをきった状態でも安定したホバリングができるとの記載があります。

GPSをきってみましたが、ビタホバはしないですね。
とりあえずGPSの入る環境で飛ばすことをおすすめします。

長時間飛行が可能


商品には「7.6V 1300mAh」のバッテリーが3個ついていきます。
自分の飛ばし方、10%くらいバッテリー残しで、17分くら連続飛行できました。
バッテリーによって少しばらつきがあるような気もします。

まとめ


気になる方はAmazonでチェックしてみてください。

綺麗な空撮をしたい人は、ジンバル付きかFPVドローン

ブレの少ない綺麗な空撮をしたい人はジンバル付きのドローンか、ブラシレスFPVドローンがおすすめです。

ジンバル付きのおすすめのドローンは下の記事で紹介しています↓↓

200g未満ブラシレスFPVドローン


ブラシレスFPVドローンなら、安定したフライトができるので綺麗な空撮をすることができます。
下の動画は200g未満の4Kカメラを搭載したブラシレスFPVドローンで空撮したものです。

FHDで撮影できる200g未満のブラシレスFPVドローンは下の記事で紹介しています↓↓

4k動画の撮影できるブラシレスFPVドローンも発売されています。4kブラシレスFPVドローンは下の記事で紹介しています↓↓

ブラシレスFPVドローンは基本的にFPVゴーグルを装着して5.8Ghzの電波を使用して飛行するので、「アマチュア無線免許」または「第三級陸上特殊無線技士」の免許と、無線局の開局が必要になります。

詳しくは下の記事で紹介しています↓↓

タイニーフープでFPV飛行をする為に、必要な準備や手順を解説【マイクロドローン】 冒頭いきなりyoutubeの埋め込み動画ではじまりますが、僕はこの動画を見て「tiny-whoop(タイニーフープ)」FPV飛行に興...

初心者におすすめのFPVゴーグル、マイクロドローン(ブラシレスFPVドローン)、送信機は下の記事で紹介しています↓

POSTED COMMENT

  1. Kaz Snow より:

    こんばんは、kaz snowです。突然すいません。
    釣り動画出さないなーなんて思っていたら
    ドローンしてたんですね。知らずにこのブログ見てました。良かったら色々教えて頂けたら嬉しいです。よろしくお願いします。

    • akira より:

      お久しぶりです(・∀・) 
      メール送りましたので確認してもらえると助かります。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です