ドローン機体

【200g未満】Holy Stone GPS搭載 HS175 レビュー


今回は「Holy Stone」から新しく発売されたGPS搭載ドローン「HS175」を紹介します。

2020年11月11日に商品が到着して重量を計測したところ、自分の機体は202gありました。現在メーカーに問い合わせ中です。自分の機体だけが200g超えているのか、それともはかりが壊れているのか….はかりを使いGoProの重量をはかったところ、メーカー発表の重量とほぼ一緒でしたのではかりは壊れてはいないと思うのですが…..ちなみにHS175はバッテリーが3個ついているのですが、どれを搭載しても202gになりました。それと現状アプリ上で5Ghzの周波数にかんたんに変更できてしまうので、今のところ購入しない方がいいです。まだメーカーから直接の返信はありません。
2020年11月14日追記:同じ測りでDJI mini2の重量を計測したところ197gだったので、重量は200g以上あることは間違いないです。

Facebookグループの「Holy Stone JP」より、5Ghzの周波数に簡単に変更できる件についていのインフォメーションがありましたので、引用して追記いたします。(2020年11月16日 16時追記)

まず、HS175について皆様に大変ご迷惑をおかけしている事をお詫び致します。
周波数選択式であれば大丈夫と誤った判断をしてしまい、誠に申し訳ございません。
ご指摘頂いた方へは、厚くお礼を申し上げます。
現在、社内で次の様に対応を進めております。
「アプリ言語を日本語に切り替えると、5Ghz帯周波数が選択出来ない様に修正します。 更に、経緯度で日本と判定した場合、5Ghzを選択不可とします」 アプリの修正が完了次第、当グループでも報告致します。
もうしばらくお待ちください。
重ねてお詫び申し上げます。
今後も皆様の期待に応える様に努力致しますので、何卒よろしくお願い申し上げます。

言語を日本語に選択すると、5Ghzの周波数に変更できない仕様に、アプリを修正するとのことです
それと重量についてのインフォメーションは、いまのところありません。

2020年11月16日(18時追記)
ホーリーストーンのプロモーション担当の方から重量の件で連絡がありました。
Amazonの商品ページにある200g未満の説明を削除し、次回のロットからバッテリーの重さを下げて、200g未満にするそうです。次のロットの販売はいつからなのかはわかりませんが、また連絡をくれるそうです。



Holy Stone GPS搭載 HS175 スペック

画質 写真:4096*3072p(SD側)、2048*1080p(アプリ側)
動画:2048*1080p(SD側)、1920*1080p(アプリ側)
重量 198g(200gは超えてます)
伝送距離 約350m(障害物なし、信号障害なし)
wifi(FPVから飛んでくる画像)約50m(障害物なし、信号障害なし)
周波数 送信機:2.4Ghz
FPVカメラ:2.4Ghz(アプリでかんたんに5Ghzに変更できてしまいます)
飛行時間 22分
バッテリー 7.6V 1300mAh
操作モード モード1/モード2切替可能
機体のサイズ 145*90*60mm(折り畳み式)
360*300*70mm(展開式)
価格 18990円(2020年11月10日現在3500円OFFで購入可能)
その他の機能 GPS搭載

※スペックはメーカーが公表している数字です

Holy Stone GPS搭載 HS175 セット内容

  • ドローン本体*1
  • 2.4G送信機*1
  • バッテリー*3
  • 充電ケーブル*2
  • 予備プロペラ*4
  • プロペラガード*4
  • 収納ケース*1
  • 送信機充電ケーブル*1
  • 日本語マニュアル*1

Holy Stone GPS搭載 HS175 の特徴

4Kチルト式カメラ搭載


写真は4K、動画は2Kで撮影可能です。
またカメラの角度は90°調整可能。
調整は送信機でできるかの記載はなかったので、商品が到着したら実際にどうなのか追記します。

GPS搭載ドローン


GPS搭載ドローンでオートリターンをすることができます。
またフェイルセーフ付きとの記載がありますので、バッテリー残量がへると自動でホームポイントまで戻ってくる機能がついていると予測されます。

フォロミーモード


フォロミーモードを搭載しているドローンとのことです。
精度はどんな感じなのか商品が到着したらレビューしたいと思います。

ホバリングモード


ホバリングモードも搭載しているドローンです。

ヘッドレスモード


ヘッドレスモード使えるドローンのようですね。
僕はヘッドレスモードじたい使った時がありませんが….

オプティカルフローポジショニング


オプティカルフローポジショニングがついているので、GPSをきった状態でも安定したホバリングができるとの記載があります。
精度はどんな感じなのか商品が到着したらレビューしたいと思います。

長時間飛行が可能


商品には「7.6V 1300mAh」のバッテリーが3個ついていきます。
1個につき22分フライトできるとの記載がありますが、ほんとうにできるのかはちょっと微妙な気もします。
商品スペック実際に飛べる時間が、かけ離れている場合がよくあるので、これも商品が到着したら検証したいと思います。

まとめ

2020年11月11日に商品が到着して重量を計測したところ、自分の機体は202gありました。現在メーカーに問い合わせ中です。自分の機体だけが200g超えているのか、それともはかりが壊れているのか….はかりを使いGoProの重量をはかったところ、メーカー発表の重量とほぼ一緒でしたのではかりは壊れてはいないと思うのですが…..ちなみにHS175はバッテリーが3個ついているのですが、どれを搭載しても202gになりました。それと現状アプリ上で5Ghzの周波数にかんたんに変更できてしまうので、今のところ購入しない方がいいです。まだメーカーから直接の返信はありません。
2020年11月14日追記:同じ測りでDJI mini2の重量を計測したところ197gだったので、重量は200g以上あることは間違いないです。

Holy Stone Toys
¥18,990
(2020/11/25 00:28:50時点 Amazon調べ-詳細)

綺麗な空撮をしたい人は、ジンバル付きかFPVドローン

ブレの少ない綺麗な空撮をしたい人はジンバル付きのドローンか、ブラシレスFPVドローンがおすすめです。

ジンバル付きのおすすめのドローンは下の記事で紹介しています↓↓

2020年最新ジンバル付き おすすめのドローン10選【ジンバルとは?】 今回は2020年最新版!ジンバル付きのおすすめのドローンを10選紹介します。 日本版の「Hubsan ZINO PRO +...

200g未満ブラシレスFPVドローン


ブラシレスFPVドローンなら、安定したフライトができるので綺麗な空撮をすることができます。
下の動画は200g未満の4Kカメラを搭載したブラシレスFPVドローンで空撮したものです。

FHDで撮影できる200g未満のブラシレスFPVドローンは下の記事で紹介しています↓↓

綺麗な画質で空撮できるおすすめのマイクロドローン10選【FHD画質のタイニーフープ Tiny Whoop】 今回はFHD画質(1920×1080)で空撮できるおすすめのマイクロドローンを紹介していきます。 どのような形状、またはサイズや重...

4k動画の撮影できるブラシレスFPVドローンも発売されています。4kブラシレスFPVドローンは下の記事で紹介しています↓↓

4Kカメラ搭載のマイクロドローンまとめ!おすすめのドローンあり4K画質で撮影できるマイクロドローンを紹介と、おすすめの機種をまとめている記事です。 4Kカメラ単体で自作しても4Kマイクロドローンは作れるのでFPV4kカメラ単体でも紹介しています。...

ブラシレスFPVドローンは基本的にFPVゴーグルを装着して5.8Ghzの電波を使用して飛行するので、「アマチュア無線免許」または「第三級陸上特殊無線技士」の免許と、無線局の開局が必要になります。

詳しくは下の記事で紹介しています↓↓

タイニーフープでFPV飛行をする為に、必要な準備や手順を解説【マイクロドローン】 冒頭いきなりyoutubeの埋め込み動画ではじまりますが、この動画を見て「tiny-whoop(タイニーフープ)」FPV飛行に興味を...

初心者におすすめのFPVゴーグル、マイクロドローン(ブラシレスFPVドローン)、送信機は下の記事で紹介しています↓

初心者におすすめのマイクロドローン、送信機、FPVゴーグルの紹介【200g未満のレース機】 今回は初心者におすすめしたい「マイクロドローン」「送信機」「FPVゴーグル」を紹介していきます。 今回の記事では初めてマイクロ...

GoPro Liteでも綺麗に空撮できます

GoProには手ブレ補正機能がついていますので、分解して軽量化してドローンに搭載しても綺麗な空撮ができます。
機体とカメラの重量を合わせても200g未満に収めることもできます。

実際にGoProliteで空撮した動画はこちら(FPV録画映像との比較動画)↓

GoProliteの作り方は下の記事で紹介しています↓↓

GoPro HERO7を分解!剥きプロ GoPro liteを作ってみた BetaFPVから剥きプロを作るためのキット「GoPro lite」が発売され、好奇心からついに自分もGoProを剥いてみることにし...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です