ドローン機体

SPCMAKER Mini Whale HD Pro 78mm 販売開始

SPCMAKER Mini Whale HD Pro 78mm 販売開始
SPCMAKER Whale HDが「UMMA」形状になってが生まれ変わりました。
今回は「SPCMAKER Mini Whale HD Pro 78mm」を紹介します。

SPCMAKER Mini Whale HD Pro 78mm スペック

SPCMAKER Mini Whale HD Pro 78mm 販売開始
カメラ RunCam SPLIT 3 MICRO 1080P FPV Camera
視野(FOV):165°/16:9/4:3
ビデオ解像度: 1080 @ 60fps / 1080 @ 50fps / 1080 @ 30fps / 720 @ 60fps
ビデオファイル形式: MOV
画像の解像度: 2 MP
サポートされている最大のマイクロSDカード: 64G(クラス6以上が必要、クラス10 / UHS-I / UHS-II / UHS-IIIを推奨)
取付けの穴の間隔: 20*20mm
外形寸法: PCB 29 * 29 mm /レンズモジュール19 * 19 mm
電源入力: DC 5-20V(
重量:13.5g
重量 52g
フレーム 78mm
FC MICRO F4 Flight Controller
Betaflight 4.0.6
MATEK F411
ESC MICRO 12A 4 In 1 ESC (2-3S LiPo)
VTX 5.8G 40CH 25-400MW VTX
モーター 1103 10000KV Motor
バッテリー:GNB 2S 7.4V 520mAh 80C or GNB 3S 11.4V 300mAh 80C Lipoあたりが推奨
プロペラ GEMFAN 1635 40mm 4-blade Propeller
機体のサイズ 95x112x40mm
レシーバー Futaba/Frsky/DSMX/Flysky (optional)
価格 US$142.00(2020年11月時点の価格)

SPCMAKER Mini Whale HD Pro 78mm 販売開始
モーターのkv値やサイズは前作と一緒。
大きな変更点は形状がUMMAタイプになったことと、VTXの出力が400mWまで上げられるようになったことでしょうか。
カメラは「RunCam SPLIT 3 MICRO」になっているので、前作より綺麗に空撮できそうです。

SPCMAKER Mini Whale HD Pro 78mm 販売開始
重量はスペック表だけをみてみると前作と一緒。

バッテリーは3sまで対応しているようです。

最後に

SPCMAKER Mini Whale HD Pro 78mm 販売開始
最近UMMAタイプのドローンがたくさん発売されていますが、メリットをよくわかっていませんw
僕も2台ほどUMMAタイプのものを作ってみましたが、モーターサイズ間違えるとプロペラ地面にあたりまくるし、まぁドローンによっては重心が低くなるところがメリットなのかな。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です