レビュー

【対戦型ドローン HS177 レビュー】室内で対戦ゲームができます!200g以下ドローン

【対戦型ドローン HS177 レビュー】室内で対戦ゲームができます!200g以下ドローン
Holy Stone社から面白いドローンが発売されました。
以前も対戦型ドローンの記事は書きましたが、今度のドローンはさらに価格が安くコスパがよい対戦型ドローンです。

以前に紹介した対戦型ドローンの記事↓↓

あわせて読みたい
対戦用トイドローン X1 FPV 登場!空撮できて70gで規制外 2018年7月19日から大手家電量販店、SoftBank SELECTION オンラインショップ、Amazon.co.jpなどを通じ...

対戦型トイドローン HS177 の特徴

  • 2台セットで販売。価格は6000円と安い
  • サイズは手のひらサイズ室内向け
  • 高気圧センサー内蔵
  • 連続飛行時間は9分

2台セットで販売。価格は6000円と安い

【対戦型ドローン HS177 レビュー】室内で対戦ゲームができます!200g以下ドローン
コントローラー2台、機体2台セットで6000円前後というかなり安い価格で販売されています。
1台あたりの価格は3000円程度ですので、かなり安いですよね。

通常は2台セットでの販売ですが、アマゾンやyahooショッピングなどでは1台でも販売されています。

サイズは手のひらサイズ

サイズは手のひらサイズで、機体の重量が33gとかなり軽い為、室内で遊ぶのに適しているドローンです。
外で飛ばすとなると、ほぼ無風の日でないとたぶん飛ばされてしまうでしょう。

高精度気圧センサー内蔵

【対戦型ドローン HS177 レビュー】室内で対戦ゲームができます!200g以下ドローン
内蔵された高精度気圧センサーの働きにより、機体はスロットルを離している状態でもホバリングをしてくれます。
始めてドローンを操作する人でも、簡単に飛ばすことができます。

連続飛行時間は9分

連続飛行時間は9分で、トイドローンの中ではそこそこ長い飛行時間です。

ちなみに予備のバッテリーは1000円以下で安く売っているので、1個は欲しいところです。

対戦の方式

【対戦型ドローン HS177 レビュー】室内で対戦ゲームができます!200g以下ドローン
機体の全面には赤外線が出る送信部と、赤外線を受ける受信部がついています。
赤外線の送信はコントローラーの右スティックを押すと送信され、それが相手の受信部にあたるとダメージを受ける仕組みになっています。

そして合計4回赤外線が受信部にあたると、ドローンの機能が停止して墜落する仕組みになっているようですね。
それとダメージを受けた回数によって、機体の反応が変わってきます。

1発当てると、敵機は2~3秒くらいで左右へ揺れて、2発当てると、敵機は2~3秒くらいで左へ旋回し、3発当てると、敵機は左右各一回宙返り。そして4発当てると、敵機は旋回しながら機能停止をするようです。

かなり工夫のこらした面白い仕組みをしていますよね。

AKIRA
AKIRA
こちらは実際に対戦している動画です。かなり楽しそうです。

まとめ

カメラがついていないので空撮はできませんが、お子様と一緒に遊んだり、本格的なドローンを始める前の練習用として使える機種だと思いました。気になる方はチェックしてみてください。

その他のおすすめしたい200g以下のドローンは下の記事で紹介しています。
LINK【200g以下 おすすめのドローン 10選】無人航空機の法律 対象外の機種
Amazonでお得にドローンを購入する方法

Amazonでドローンを購入するならAmazonギフト券をチャージしてから購入するのがおすすめ。
チャージをすれば、チャージ額に対して最大2.5%のAmazonポイントがつきます。
ギフト券の詳細や、チャージ方法は公式サイトでご確認ください。

アマゾンギフト券 公式サイト

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です