ドローンで空撮した動画を使って、パノラマ航空写真(地図)を作成する方法

ドローンで空撮した動画を使って、パノラマ航空写真(地図)を作成する方法
精度はいまいちですがドローンで空撮した動画で、簡単なパノラマ航空写真を作る方法を紹介します。

ドローンで空撮

ドローンで空撮した動画を使って、パノラマ航空写真(地図)を作成する方法
まずはドローンで一定の高度を保ちながら、写真を作成したいエリアを旋回しながら空撮します。
今回は高度30mでグルグル旋回しながら動画を作成(空撮)しました。

とりあず下準備は完了。あとは自宅で空撮した動画を使いパソコンで編集します。

高度を変更しながら撮影してしまうと、うまく航空写真が作れません。

フリーソフトImage Composite Editor

航空写真を作るにはフリーソフト(無料)の「Image Composite Editor」を使用します。

ダウンロードはこちらからできます↓
LINKhttps://www.microsoft.com/en-us/download/details.aspx?id=52459

win64bitと32bitのバージョンがありますので、お使いのパソコンに合わせてダウンロードしてください。

Image Composite Editorの使い方

ドローンで空撮した動画を使って、パノラマ航空写真(地図)を作成する方法
Image Composite Editorを起動したら、今回は動画で航空写真(地図)を作るので矢印部分をクリックし、

ドローンで空撮した動画を使って、パノラマ航空写真(地図)を作成する方法
動画を開きます。

ドローンで空撮した動画を使って、パノラマ航空写真(地図)を作成する方法
動画の読み込みが終わったら、航空写真に使いたい部分の範囲を指定します。
今回は高度30mに上昇させて安定した部分から指定。

範囲の指定が終わったら、画面右上の「NEXT」を選択します。

ドローンで空撮した動画を使って、パノラマ航空写真(地図)を作成する方法
自動で動画の編集が始まります。
動画の時間が長いと1時間以上かかります。

ドローンで空撮した動画を使って、パノラマ航空写真(地図)を作成する方法
何種類か地図が作成されていますので選択後、右上の「NEXT」を選択します。

ドローンで空撮した動画を使って、パノラマ航空写真(地図)を作成する方法
次の画面でも右上の「NEXT」選択。

この画面でも何か指定できるのだと思いますが、自分は何も変更せず次に進みました。

ドローンで撮影した動画を使って、パノラマ航空写真(地図)を作成する方法
最後に作成されたパノラマ写真を保存したいので、矢印部分をクリックしてデスクトップにでも保存します。

最後に

精度はいまいちかもしれませんが、簡単な航空写真を作りたいなら無料で使用できる「Image Composite Editor」を使用してみてはいかがでしょうか。

航空写真の作成に使用したドローンはこちら↓↓
公式DJIオンラインストア


ドローンの購入を考えている方は「公式DJIオンラインストア」で!!
最大36%割引の商品も?!

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

【ZERO TECH ドビー】ゲームパッドを「Dobby」のプロポ代わりにする方...

【Dobby 動画】 アクティブトラッキングモードにしたら暴走、墜落、破損 修理...

【Dobby 墜落注意】コンパスキャリブレーションエラー後、暴走 ロスト

【Dobby】コンパスキャリブレーションのやり方・コツ

Hubsan X4 まっすぐ飛ばなくなったら、加速度(ジャイロ)センサーの初期化...

【Dobby】300MB以上の動画をダウンロード・パソコンに移動する方法