ドローン機体

200g未満 SNAPTAIN SP350 ミニドローン 実機レビュー

200g未満 SNAPTAIN SP350 ミニドローン 実機レビュー
今回は200g未満のミニドローン「SNAPTAIN SP350」の実機レビューをしていきます。

SNAPTAIN
¥2,999
(2020/08/10 11:22:55時点 Amazon調べ-詳細)

SNAPTAINから販売されているドローンは下の記事でまとめています↓↓

Snaptain ドローン 比較 10選!おすすめの機種を選んでみた このDRONE BLOGでもいろいろな機種をレビューしてきた「Snaptain」のドローン。 今回は「Snaptain」のドローン...

似たようなサイズと大きさの、子供のおもちゃにおすすめのドローンは下の記事で紹介しています↓↓

【2020年最新版】子供のおもちゃにおすすめしたいドローン10選子供におもちゃのドローンをプレゼンとしたい。子供が遊ぶので安全なドローンがいい。おもちゃのドローンの種類が多すぎてどれがいいかわからない。 今回の記事はこのような悩みをもった方に、おすすめの記事です。...

200g未満 SNAPTAIN SP350 ミニドローン スペック

画質 カメラなし
重量 25gくらい
伝送距離 50m以内
周波数 2.4Ghz
飛行時間 7分
バッテリー 3.7v 300mAh
操作モード モード2
機体のサイズ 手のひらサイズ
価格 3000円くらい
その他の機能 ・高度維持機能
・ヘッドレスモード
・3Dフリップ

200g未満 SNAPTAIN SP350 ミニドローン セット内容

200g未満 SNAPTAIN SP350 ミニドローン 実機レビュー
外箱はこんな感じ。

200g未満 SNAPTAIN SP350 ミニドローン 実機レビュー
こちらが付属品一覧。

  • ドローン本体×1
  • 送信機×1
  • バッテリー×3
  • 充電用USBケーブル×1
  • 予備のプロペラ×1セット
  • プロペラ取り外し工具×1
  • ドライバー×1
  • 説明書×1

200g未満 SNAPTAIN SP350 ミニドローン 実機レビュー
バッテリーは全部で3個ついていきます。
あと予備のプロペラつき。

200g未満 SNAPTAIN SP350 ミニドローン 実機レビュー
送信機は単4電池2本。

技適マークも入っていました。

200g未満 SNAPTAIN SP350 ミニドローン 実機レビュー
ドローンの電源ボタンは、機体の裏側にあります。
バッテリーを入れるのも裏側から。

200g未満 SNAPTAIN SP350 ミニドローン 実機レビュー
機体は手のひらサイズってところですね。

室内でも簡単に飛ばしてレビューしています(youtube動画)


室内でかんたんに飛ばしてレビューしています。

フライトは動画の5:00秒あたりから。
それまでは自分のダラダラトークが収録されているだけですので飛ばしてください(笑)

それと、子供のおもちゃとして最適なのか危険性を確かめるために、プロペラに手をつっこんで怪我をしないチェックしています。
動画4:00ぐらいあたり。
結果はとりあえず痛いです(笑)

血は出ませんでしたけど。

まぁわざわざ手を入れなければ、ほぼ怪我するおそれはないと思いますので子供のおもちゃとしてプレゼントしてもいいかもしれません。
さらに安全性をもとめるなら下のドローンがおすすめです。

プロペラガードが上にもついています↓↓

【200g未満】SNAPTAIN ミニドローン H823H Plus レビュー 今回はSNAPTAIN ミニドローン「H823H Plus」をレビューしていきます。 SNAPTAINから販売...

屋外で飛ばして見た感想 レビュー

それと屋外でも飛ばしてきました。写真撮り忘れてしまったのでないけど。

ヘッドレスモード→正常に機能しました
スピード調整→3段階で機能しました

それと飛ばし方によって変わると思いますが、実際の飛行時間は5~6分くらいでしたね。
バッテリーが3個ついていきますので、十分遊ぶことができます。

まとめ


価格が3000円ということを考えれば、楽しく遊べておすすめできるドローンです。
まぁ別のメーカーでも3000円で同じようなドローンは発売されていますけどね。

気になる方はAmazonでチェックしてみてください。

SNAPTAIN
¥2,999
(2020/08/10 11:22:55時点 Amazon調べ-詳細)

ブレの少ない空撮をしたい人は、ジンバル付きかブラシレスマイクロドローン

ブレの少ない綺麗な空撮をしたい人はジンバル付きのドローンか、ブラシレスマイクロドローンがおすすめです。

ジンバル付きのおすすめのドローンは下の記事で紹介しています↓↓

2020年最新ジンバル付き おすすめのドローン10選【ジンバルとは?】 今回は2020年最新版!ジンバル付きのおすすめのドローンを10選紹介します。 ドローンのジンバルとは? まずはじ...
DJI製品のでジンバル付きドローンは、下の記事で比較しています。
LINKDJIの最新ドローン比較「Phantom、Mavic Pro(Air)、SPARK、Inspire(インスパイア)」 初心者にはどれがおすすめ?

200g未満ブラシレスマイクロドローン


FHD以上のブラシレスマイクロドローンなら、安定した飛行ができるのでブレの少ない綺麗な空撮をすることができます。
下の動画は200g未満のブラシレスマイクロドローンで空撮したものです。
そこそこブレのない空撮ができていいると思います。
※複数の機種、違うカメラで空撮しています。

ちなみにプロの方が200g未満ブラシレスマイクロドローンを使うとこのくらい綺麗な空撮をすることができます↓↓

上で紹介したようなFHDで撮影できる200g未満のブラシレスマイクロドローンは下の記事で紹介しています↓↓

綺麗な画質で空撮できるおすすめのマイクロドローン10選【FHD画質のタイニーフープ Tiny Whoop】 今回はFHD画質(1920×1080)で空撮できるおすすめのマイクロドローンを紹介していきます。 どのような形状、またはサイズや重...

ちなみに4k動画の撮影できるブラシレスマイクロドローンも発売されています。4kブラシレスマイクロドローンは下の記事で紹介しています↓↓

【200g以下で4K動画が撮影可能】高画質なおすすめのドローン10選 機体の重量が200g以下で、高画質(4K)な動画が撮影可能なドローンを紹介します。 2020年4月28日より「DJI Ma...

ブラシレスマイクロドローンは基本的にFPVゴーグルを装着して5.8Ghzの電波を使用して飛行するので、「アマチュア無線免許」または「第三級陸上特殊無線技士」の免許と、無線局の開局が必要になります。

詳しくは下の記事で紹介しています↓↓

タイニーフープでFPV飛行をする為に、必要な準備や手順を解説【マイクロドローン】 冒頭いきなりyoutubeの埋め込み動画ではじまりますが、この動画を見て「tiny-whoop(タイニーフープ)」FPV飛行に興味を...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です