ドローン機体

【200g未満】SNAPTAIN ミニドローン H823H Plus レビュー

【200g未満】SNAPTAIN ミニドローン H823H Plus レビュー
今回はSNAPTAIN ミニドローン「H823H Plus」をレビューしていきます。

SNAPTAINから販売されているドローンは下の記事でまとめています↓↓

Snaptain ドローン 比較 10選!おすすめの機種を選んでみた このDRONE BLOGでもいろいろな機種をレビューしてきた「Snaptain」のドローン。 今回は「Snaptain」のドローン...
2019年の個人的におすすめしたいドローンは、下の記事でランキング形式で紹介しています↓↓
【2019年最新機種】人気のおすすめドローンランキング30選!徹底比較

200g未満 SNAPTAIN ミニドローン H823H Plus スペック

画質 カメラなし
重量 25g(バッテリーを入れて実際に計測した重量)
伝送距離 30m
周波数 2.4Ghz
飛行時間 7分
バッテリー 3.7V 240mAh 3個付き
操作モード モード1、モード2 切り替えが可能
機体のサイズ 7.5×7.0×2.6cm
価格 3000円前後
その他の機能 ・高度維持機能
・ヘッドレスモード

200g未満 SNAPTAIN ミニドローン H823H Plus セット内容

  • ミニドローン本体×1
  • ドローン専用バッテリー× 3(一つは本体に付属しております)
  • 送信機× 1(単4電池3本が必要、電池は別売り)
  • USB充電ケーブル× 1
  • 予備プロペラ× 4
  • ねじ回し× 1
  • ネジ× 4

200g未満 SNAPTAIN ミニドローン H823H Plusの特徴

200g未満 SNAPTAIN ミニドローン H823H Plus レビュー
ここからはSNAPTAIN ミニドローン H823H Plusの特徴を紹介します。

高度維持機能付き

200g未満 SNAPTAIN ミニドローン H823H Plus レビュー
高度維持機能付きのドローンで初心者でも安定したホバリングをすることが可能です。

バッテリー3個付き

200g未満 SNAPTAIN ミニドローン H823H Plus レビュー
バッテリーが3個付きのドローンですので、長時間フライトを楽しむことができます。

操作モードは切り替え可能

200g未満 SNAPTAIN ミニドローン H823H Plus レビュー
操作モードは「モード1」「モード2」選ぶことができます。

3Dフリップ付き

200g未満 SNAPTAIN ミニドローン H823H Plus レビュー
360度宙返りができる「3Dフリップ機能」付きのドローンです。

3段階のスピード調節機能付き

200g未満 SNAPTAIN ミニドローン H823H Plus レビュー
3段階のスピード調節機能がついているドローンです。

プロペラガードがついていて安全


プロペラガードが上部にまでついているドローンですので、小さいお子様のいるご家庭でも比較的に安心して飛ばすことができそうです。
実際に飛ばしている最中に上からさわってみましたが、ペラにあらることなく安全なドローンだと思いました。

ただ小学生の低学年くらいのお子様だとゆびが細いのでペラガードの隙間から、ゆびが入るおそれもあるかもです。
無理やりつっこまなければ大丈夫だと思いますけど。

下で紹介しているyoutube動画でフライト中、上部から実際に触っている映像をのせています。気になる方は動画をご視聴ください。

ヘッドレスモード搭載

200g未満 SNAPTAIN ミニドローン H823H Plus レビュー
ヘッドレスモードもできるドローンです。
ヘッドレスモードとは機体の向きに関係なく操作できるモードのことを言います。
実際に使ってみましたが、ちゃんと機能しました(あたりまえか)

ワンキーで離陸や着陸が可能

200g未満 SNAPTAIN ミニドローン H823H Plus レビュー
ワンキーで離陸や着陸が可能です。
ちなみに送信機のボタン配置は上のとおりです。

機体の電源ボタン


機体の電源ボタンはドローンの後方にあります。
バッテリーも後方からさすタイプ。

実際に室内で飛ばしてレビューしています


youtubeに室内で飛ばしている動画をアップしています。

フライトは4分23秒あたりからです。
それまでは私のダラダラしたつまらないトークが収録されているだけですので、超〜〜〜暇な方だけよかったら最初からご視聴ください。

最後に

SNAPTAIN ミニドローン H823H Plus は子供のおもちゃや、室内でのドローン操縦練習用としておすすめできるドローンだと思います。
気になる方はアマゾンでチェックしてみてください。

その他、3000円前後で購入できるドローンは下の記事で紹介しています↓↓

3000円前後で購入できるおすすめのドローン10選【カメラ付きもあり】今回は3000円前後で購入できるトイドローンをまとめて紹介してきます。 DJIの高価なドローンを購入する前の練習用や、お部屋でちょっと...
その他のおすすめしたい200g未満のドローンは下の記事で紹介しています。
LINK【200g以下 おすすめのドローン 10選】無人航空機の法律 対象外の機種

ブレの少ない空撮をしたい人は、ジンバル付きかブラシレスマイクロドローン

ブレの少ない綺麗な空撮をしたい人はジンバル付きのドローンか、ブラシレスマイクロドローンがおすすめです。

ジンバル付きのおすすめのドローンは下の記事で紹介しています↓↓

2020年最新ジンバル付き おすすめのドローン10選【ジンバルとは?】 今回は2020年最新版!ジンバル付きのおすすめのドローンを10選紹介します。 ドローンのジンバルとは? まずはじ...
DJI製品のでジンバル付きドローンは、下の記事で比較しています。
LINKDJIの最新ドローン比較「Phantom、Mavic Pro(Air)、SPARK、Inspire(インスパイア)」 初心者にはどれがおすすめ?

200g未満ブラシレスマイクロドローン


FHD以上のブラシレスマイクロドローンなら、安定した飛行ができるのでブレの少ない綺麗な空撮をすることができます。
下の動画は200g未満のブラシレスマイクロドローンで空撮したものです。
そこそこブレのない空撮ができていいると思います。
※複数の機種、違うカメラで空撮しています。

ちなみにプロの方が200g未満ブラシレスマイクロドローンを使うとこのくらい綺麗な空撮をすることができます↓↓

上で紹介したようなFHDで撮影できる200g未満のブラシレスマイクロドローンは下の記事で紹介しています↓↓

綺麗な画質で空撮できるおすすめのマイクロドローン10選【FHD画質のタイニーフープ Tiny Whoop】 今回はFHD画質(1920×1080)で空撮できるおすすめのマイクロドローンを紹介していきます。 どのような形状、またはサイズや重...

ちなみに4k動画の撮影できるブラシレスマイクロドローンも発売されています。4kブラシレスマイクロドローンは下の記事で紹介しています↓↓

【200g以下で4K動画が撮影可能】高画質なおすすめのドローン10選 機体の重量が200g以下で、高画質(4K)な動画が撮影可能なドローンを紹介します。 2020年4月28日より「DJI Ma...

ブラシレスマイクロドローンは基本的にFPVゴーグルを装着して5.8Ghzの電波を使用して飛行するので、「アマチュア無線免許」または「第三級陸上特殊無線技士」の免許と、無線局の開局が必要になります。

詳しくは下の記事で紹介しています↓↓

タイニーフープでFPV飛行をする為に、必要な準備や手順を解説【マイクロドローン】 冒頭いきなりyoutubeの埋め込み動画ではじまりますが、この動画を見て「tiny-whoop(タイニーフープ)」FPV飛行に興味を...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です