ドローン機体

【200g未満 4K動画が撮影可能】Geprc CinePro 4Kドローン 実機レビュー


今回はGeekBuying様から提供していただきました4Kマイクロドローン「Geprc CinePro 4K」を紹介していきます。
Caddx Tarsier 4K 1200TVL カメラを搭載している、4K動画の撮影が可能なマイクロドローンです。

200g未満で4K動画の撮影できるドローンは下の記事でも紹介しています↓↓

【200g以下で4K動画が撮影可能】高画質なおすすめのドローン10選 機体の重量が200g以下で、高画質(4K)な動画が撮影可能なドローンを紹介します。 この記事で紹介している「Caddx T...

海外通販で販売されているドローンを法律に問題なく飛ばす方法は下の記事で紹介しています↓

海外通販で売っている 5.8Ghzのマイクロドローンを合法的に飛ばす方法 今回は海外通販で売っているマイクロドローンを法律に問題なく飛ばす方法を紹介します。 今回の記事で言っているマイクロドローンとは...

おすすめの5.8Ghz FPVゴーグルは下の記事で紹介しています↓↓(VTXを取り外して飛ばすなら電波は飛んでこないので必要ありません)

【ドローンレースに必要】5.8GhzおすすめのFPVゴーグル10選【2019年最新版】今回はドローンレースや「Tiny Whoop(タイニーフープ)」を操縦するのに必須なFおすすめの5.8GhzFPVゴーグルを紹介します。初心者が使うような安いものから、上級者が使うような高いものまで厳選して10個選んでみました。 ...

geekbuyingから「Geprc CinePro 4K」の割引クーポンが発行されています!!50台限定ですのでお早目にどうぞ!


Frsky XM+ Receiverバージョン
クーポンコード:3CQASZFI
割引後の価格:249.99ドル
数量:50台
割引期限:7月31日

Geprc CinePro 4K マイクロドローン

【200g未満 4K動画が撮影可能】Geprc CinePro 4K レビュー
画質 4K Caddx Tarsier 4K 1200TVL
Dual Lens Camera
重量 129g(バッテリー含まず)
伝送距離 送信機による
周波数 FPV飛行:5.8Ghz
送信機は別で購入する必要あり。2.4Ghzの技適マーク付きのものを使用しましょう
飛行時間 バッテリーによる
バッテリー 2S〜4Sまで対応
推奨は4S 450mAh – 650mAh バッテリー
操作モード 送信機による
機体のサイズ
価格 26000円くらい(geekbuying)

英語での詳細スペックはこちら

Specification:
Frame:GEP-CX2(Improved version,Including Guards)
STABLE PRO F722 DUAL Gyro ICM20689
Camera:Caddx Tarsier 4K 1200TVL
Motor:GEP-GR1105 5000KV(4S lipo battery is Best)
Propeller:EMAX AVAN 2Inch or DalProp Q2035 4-blade
VTX 5.8G 500mW
Weight:Around 125g(without battery)
Flight Controller

Model:STABLE PRO F7 35A
MCU: STM32F722RET6
IMU: 2x ICM20689(SPI)
BlackBox: 32Mb onboard Flash
OSD: BetaFlight OSD w/ AT7456E chip
Firmware target: EXF722DUAL
Integrated LC Filter
Size: 26x26mm board, 20mm mounting holes (M2)
ESC BLheli_32 2-6S 4in1

MCU:STM32F051
Constant:35Amps
Burst:45Amps
Mounting Holes:20*20mm,M2
Supports Dshot1200,Proshot,Oneshot,Multishot
Current meter: Yes
Target: GEPRC-BL32-4IN1
5.8g 500mW VTX:

Input voltage: 5V
Channel: 48
Power transmission: 0mW(Pit mode) / 25mW / 100mW / 200mW / 400mW/ 500mW
Connector type: MMCX Connector
Traditional button
IRC Tramp protocol
Features:

Geprc CinePro 4K ドローン開封レビュー


まずは開封レビューから。外箱は海外から送られてきたものでしたが、ほとんどつぶれはなく綺麗でした(めずらしい)。


箱をあけるとクッション材が一枚入っていてその下にドローン本体。
透明なビニールで、梱包されていますね。海外で購入したドローンのほとんどは、クッション材につつまれているくらいですので、かなりレアな感じで、メーカーの丁寧さが感じられてGOODです。


とりあえずドローンを見た第一印象はカッコイイ!!


デザインがよくて素材も高級感があります。


付属品はこんな感じで予備のプロペラつきです。
予備のプロペラは黒でした。黒もカッコ良さそう!!


モーターのKV値は5000で4sバッテリー対応です。
とりあず手持ちの4sがないので3sで運用する予定ですが、そのうち4sにも挑戦してみようと思っています。
ただ4sの600mahくらいのバッテリーを使用してしまうと、重量が200gを超えてしまいそうなので、、、、、どうするか迷い中。
3sの650mahなら190gくらいで収まりそうなので、そのせんで行く予定。


マイクロSDのスロットル位置は上の画像のとおり。
プロペラガードより平行すると下の位置にあるので、プロペラガードを少し下に押しながら入れる必要がありますね。
まぁそこまで問題ないので大丈夫。


レシーバーは「Frsky XM+」を選択。
裏側のすきまからバインドボタンを押せるようになっています。
この設計もすばらしいですね。いろいろな部分の完成度が高いです。


とりあず送信機との「bind」をやってみます。

レシーバーのバインドボタンをドライバーで押しながら、バッテリーを差し込んで電源ON。


あとは送信機の方でbindをすればOK。
いっぱつで成功しました。たまにうまくいかないことがあるんですよね〜
よかった。

Geprc CinePro 4Kドローン セッティング


モードタブはこんな感じ。操縦が下手なのでアングルモードもいつも入れています。

とりあえずいきなり墜落してカメラが壊れたらいやなので、最初のうちは4K動画を楽しもうかと思っています。

それとこの「Geprc CinePro 4Kドローン」にははじめからブザーがついていたので、ブザーの設定をAUX3でおこないました。
リポバッテリーがなくなってきた時の、定電圧アラームもついています。

「Geprc CinePro 4Kドローン」まじで完成度がかなり高いです!

Geprc CinePro 4Kドローン モーターの設定


モーターはデフォルトでDSHOT1200になっていますね。


そして逆回転モードになっていました。
ここも特にいじらずです。

4K Caddx Tarsier 4K 1200TVL カメラの設定

カメラは専用のアプリを使って、解像度などの設定を行うことができます。

詳しくは下の記事で紹介しています↓↓

Caddx Tarsier 4K 1200TVL カメラとの接続や設定方法・使いかた「Caddx Tarsier 4K 1200TVL」を搭載しているドローンを購入したのですが、いがいとカメラの使い方が難しい、、、 と...

4K動画の撮影が可能


ちなみにこちらの動画はこちらのドローンに装着されている「Caddx Tarsier 4K 1200TVL」で撮影されたものです。

カメラ単体でも販売されていますので、ドローンの改造に詳しい方ならカメラだけ購入して、軽い重量のドローンに装着する方法もできるかと思います↓↓


Caddx Tarsier 4K 1200TVLカメラをネットショップでみてみる。

VTX取り外せば4K空撮機としても

こちらのドローンはFPVに5.8Ghzの電波を使用しているので、アマチュア無線4級以上の免許と無線局の開局が必要になりますが、VTXを取り外せば5.8Ghzの電波はでないので、4K空撮機としても使用することができます。

もちろんFPV飛行ができませんので、本来の楽しみ方ができませんし、目視飛行のみになるので操縦が難しいとは思いますが、、、、
送信機は下のような2.4Ghzの技適マーク付きのものを購入すれば大丈夫です↓

ちなみに送信機は技適マーク付きの「Jumper T8SG V2.0 Plus」がおすすめ。

色違いのカーボン色も技適マーク付きであります。

バッテリーはどれがいいの


機体の重量が130gくらいある「Geprc CinePro 4K」ですが、バッテリーはどれにすればいいか迷うところでもあります。
日本には200g以上の機種にはたいへん面倒な規制があります。

ですので200g未満に抑えたいところですよね。


とりあえずおすすめのバッテリーが「GAONENG 650mAh リポ バッテリー 3S 11.1V」。


重量は60gくらいですので、機体と重量を合わせても190gくらいにおさまります。
ちょっと上の画像だと数字がみずらいですが189.??gになっています。


ちなみに「GAONENG 650mAh リポ バッテリー 3S 11.1V」使用の場合、室内ホバリングテスト5分30秒くらいを記録しました。

4sリポバッテリーでおすすめなのが、「Gaoneng GNB 15.2V 520mAh」

重量が55gですので、185gくらいでおさまります。
現在注文中でまだ手元にない状態なので、家に届いたらホバリングテストをしてみたいと思います。

3sバッテリーでもぜんぜんパワー不足という印象はありませんでしたが、たぶん4sだと飛びっぷりがまた違うんだと思います。
4sで飛ばしたらまたこの記事に追記して更新します。

Geprc CinePro 4K 外観

【200g未満 4K動画が撮影可能】Geprc CinePro 4K レビュー

【200g未満 4K動画が撮影可能】Geprc CinePro 4K レビュー
ちなみにカメラの横のネジを緩めれば、カメラの角度の調整は簡単にすることが可能です。

【200g未満 4K動画が撮影可能】Geprc CinePro 4K レビュー 【200g未満 4K動画が撮影可能】Geprc CinePro 4K レビュー 【200g未満 4K動画が撮影可能】Geprc CinePro 4K レビュー

よだれがでるくらいカッコイイフォルムをしていますねぇ〜(笑)
26000円くらいするので、少しおたかいですが、それだけ完成度の高いマイクロドローンですよ〜

youtubeでのレビュー動画

自分も空撮をしてきたのですが、操縦が下手なこともあり、あまりカッコイイ映像を撮影できなかったので海外のレビュー動画を載せておきます。画質や飛びっぷりはこちらの動画を参考にしてください。

まとめ

「Geprc CinePro 4K」はデザインがめっちゃカッコイイし、ブザーなどもついていてかなり完成度の高いドローンになっています。
4Kで綺麗な空撮ができるのもおすすめできるポイントですね。

今度はアクロモードでちょっとむちゃな飛行もして、カッコイイ映像を撮影したいと思います。

geekbuyingから「Geprc CinePro 4K」の割引クーポンが発行されています!!50台限定ですのでお早目にどうぞ!


Frsky XM+ Receiverバージョン
クーポンコード:3CQASZFI
割引後の価格:249.99ドル
数量:50台
割引期限:7月31日

GeekBuying様にはこの場をお借りしてお礼申し上げます。この度は素晴らしい商品を提供していただきありがとうございました。

ドローンを趣味ではなく仕事に変えてみよう!

将来ドローンを仕事にしたいと思っている方は、ドローンスクールに通ってみませんか!?
今後ドローンの仕事の需要はどんどん増えていくと予想されています。
ドローンを趣味ではなく仕事にしたいなら、資格は取得しておきまししょう。
下で紹介する「DSJ東京中目黒校」は無料体験説明会を随時開催しています。
卒業後はドローンの仕事を探すアフターフォローまでしてくれるようですよ。
気になる方は公式ホームページでご確認ください↓↓

DSJ東京中目黒校の無料説明会の詳細はこちら

「Qwinout」ドローン関連商品!クーポン使用で全品15%OFF


クーポンコード:DRONEBLOG
上のクーポンコードをコピーしてお使いください。バナーをクリックすれば、ショップの販売ページに移行します。

POSTED COMMENT

  1. 74 より:

    このサイトに釣られてcinepro 4kとT8SGを買ったのですが、バインド出来ません。
    バインドボタン押しながら起動してもダメです。
    レシーバーはfrsky xmです。
    よろしくお願いいします。

    • akira より:

      こんにちは。以下手順です。

      レシーバーのバインドボタンを押しながらバッテリーを入れる→
      機体がバインド待ちになります。

      送信機側で「Frsky X」を選択してbindを選択して送信機のエンターボタンを押す。

      レシーバーのLEDが赤で点滅する→

      ドローンのバッテリーを抜き差しする。レシーバーのLEDが緑点灯に変わればbind OKです。
      それと送信機とレシーバーの距離が近すぎるとうまくバインドできない時もあります。

      動画を作成しました↓↓
      https://www.youtube.com/watch?v=wjM5Ei7oAnc&feature=youtu.be

      自分の場合、レシーバーとのバインドが緑色に変わりバインドはOKになってもベータフライト側で受信機タブが反応しない時もありました。その時の原因はFCの接続(はんだ不良)でした。以上ご参考までに。

      それとFacebookなどをやっているなら、ドローンのコミュニティーグループに参加して質問してみると解決できる場合があります。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です