ドローン機体

【200g未満drone】Potensic ドローン A30W レビュー

【200g未満drone】Potensic ドローン A30W レビュー
今回はアマゾンで2019年2月ぐらいから販売が開始された200g未満のドローン「Potensic A30W」をレビューします。

AKIRA
AKIRA
実際に購入しましたの、久しぶりの実機レビューになります。
2019年の個人的におすすめしたいドローンは、下の記事でランキング形式で紹介しています↓↓
【2019年最新機種】人気のおすすめドローンランキング30選!徹底比較
Potensic社から販売されているドローンを比較するなら、下の記事がおすすめです↓↓
【Potensic ドローン 比較 10選】おすすめの機種を選んでみた!

Potensic ドローン A30W スペック

画質 動画:720p
重量 65g
伝送距離 30m程度
周波数 2.4Ghz
飛行時間 飛行時間:5分程度
バッテリー
操作モード モード2
機体のサイズ 140x140x43.5mm
価格 5500円前後(2019年3月現在)アマゾン
その他の機能 ヘッドレスモード搭載

ドローン SG106 セット内容

  • A30W ドローン×1
  • 送信機×1
  • バッテリー×1
  • USB充電ケーブル×1
  • プロペラ×4
  • 説明書×1
  • 携帯ホルダー×1

Potensic ドローン A30W レビュー

Potensic ドローン A30W 開封


とりあえず初めに開封から。

【200g未満drone】Potensic ドローン A30W レビュー
箱をあけるとクッション材が入っています。

【200g未満drone】Potensic ドローン A30W レビュー
その下にはドローンが入っていました。

【200g未満drone】Potensic ドローン A30W レビュー
ドローンのモーター部分は下の小さな穴があるところに固定されていました。

【200g未満drone】Potensic ドローン A30W レビュー
そしていちばん下には送信機が入っています。

【200g未満drone】Potensic ドローン A30W レビュー
バッテリーの充電はUSBケーブルを使用して行います。
充電中は赤のLEDが点灯。

【200g未満drone】Potensic ドローン A30W レビュー
満充電になるとLEDは緑点灯に変わります。

機体とのバインド

機体のバインドはとても簡単です。送信機の電源を入れた後、機体の電源を入れます。
その後、送信機の左スティックを左下に、右スティッックを右下に、これを同時にやるとバインド完了です。

レビュー動画もyoutubeにアップしていますので、もしお時間あるならそちらも御覧ください。
まぁ日本語説明書が入っているので誰でもできると思いますけど(笑)

室内で初フライト


とりあえず室内で初フライトをしてみました。
高度維持センサーがついているドローンなので、高度はある程度維持してくれるため安定して飛ばすことができます。

若干左右前後のフラつきはでますので、右スティックで舵をとればその場でのホバリングはできます。

屋外でフライト


次に屋外でフライトさせてみました。
こちらのドローンは専用のアプリをスマホにインストールすることにより、FPV飛行と写真撮影や動画撮影をすることが可能です。
機体本体にはマイクロSDを入れる場所はないため、アプリを使わないと撮影はすることはできません。


アプリは「Potensic」と検索して上のマークのアイコンのアプリをインストールすればOKです。

アプリとの接続は「送信機の電源オン」→「機体の電源オン」→「wifiの設定で機体の型番が出るので選択」→「スマホでアプリを開く」
この順番でやればOKです。

屋外でのフライトは風が少しある日だったので、おもうようにコントロールすることが難しかったです。
風速2m程度でもあると飛ばすのは難しいと思った方がいいでしょう。

小型のドローンで価格も安いので仕方のないことですが、パワーはあまりありません。


まぁ重量が65gしかないので風に弱いのは当たり前なんですけどね。

youtubeにレビュー動画アップしました


youtubeにレビュー動画をアップしています。
お時間ある方はご視聴ください。
空撮した動画もアップしていますが、風が強いためうまく撮影はできませんでした。

ただ写真や動画の画質については、お世辞にもいいとは言えません。
写真や動画の画質のクオリティーをトイドローンで求めるなら、「DJIのTello」か「hubsan h216a」あたりが綺麗です。
まぁ動画に関してはジンバルがついていないのでブレブレになりますけど。

【DJI Tello レビュー】200g以下ドローン「テロー」を実際に飛ばした感想 2月15日に予約したDJIドローン Tellがやっと手元に届きました。 2019年の個人的におすすめしたいドローンは、...
【Hubsan H216A ドローン レビュー】GPS内蔵で200g未満のドローン 今回は「Hubsan H216A」ドローンを紹介します。 GPS内蔵で200g未満の無人航空機の規制対象外のドローンです。 Hu...

少し価格があがってもいいなら、「Zino h117s」が今イチオシです!!

【Hubsan ドローン Zino H117S レビュー】4K動画が撮影できてジンバル付きドローンがついに発売! GPS内蔵ドローンを安く販売している「Hubsan」社から、ジンバル付きのドローンが発売されましたね! 名前は「Zino」。ちなみ...

それとできましたらyoutubeのチャンネル登録お願いします!!
動画を更新するモチベーションに繋がります。

カメラの角度は若干変えられる


もともとの仕様なのかは不明ですが、カメラの角度は少しだけ変えることができました。
まぁ空撮はおまけ程度のものですので、どっちでもいいような気もしますけどね(笑)

まとめ

最後に「Potensic ドローン A30W」の良かったところ、いまいちなポイントをまとめると、

良かったところ

  • 価格が安い
  • 室内でもプロペラガードがついていて安全に飛ばすことができる
  • FPV飛行ができる

いまいちポイント

  • 動画、写真はおまけ程度の画質
  • 重量から考えればしょうがないことだけど、風のある日は外では飛ばせない

こんなところでしょうか。
気になる方はアマゾンでチェックしてみてください↓2019年3月20日現在で調べたところ、販売してるのはアマゾンだけのようです

アマゾンで詳細を確認する

技適マーク付きで200g未満の機種は下の記事で紹介しています↓
LINK【200g以下 おすすめのドローン 10選】無人航空機の法律 対象外の機種

綺麗な空撮をしたいならジンバル付きのドローンを購入しよう

AKIRA
AKIRA
綺麗な空撮を楽しみたい人は、ジンバル付きのドローンがおすすめです。
200g以上になりますが、ジンバル付きの綺麗な空撮のできるドローンは下の記事で紹介しています。
LINKDJIの最新ドローン比較「Phantom、Mavic Pro(Air)、SPARK、Inspire(インスパイア)」 初心者にはどれがおすすめ?
ドローンを趣味ではなく仕事に変えてみよう!

将来ドローンを仕事にしたいと思っている方は、ドローンスクールに通ってみませんか!?
今後ドローンの仕事の需要はどんどん増えていくと予想されています。
ドローンを趣味ではなく仕事にしたいなら、資格は取得しておきまししょう。
下で紹介する「DSJ東京中目黒校」は無料体験説明会を随時開催しています。
卒業後はドローンの仕事を探すアフターフォローまでしてくれるようですよ。
気になる方は公式ホームページでご確認ください↓↓

DSJ東京中目黒校の無料説明会の詳細はこちら

banggood春の大セール実施中!お得なクーポン付き

詳しくはバナーをクリック!banggoodのセール会場へ移行します↓↓
banggood春のセール

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です