ドローン機体

SKYZONE ATOMRC Dodo D120 PRO 販売開始!

SKYZONE ATOMRC Dodo D120 PRO 販売開始!
今回はSKYZONEから新しく発売された「ATOMRC Dodo D120 PRO」を紹介します。
3s仕様のドローンジャンルだと「Toothpick」あたりになるんでしょうか。
パーツ構成をみると、パワーのあるフライトができそうです。

ドローンのクーポンコード。コードをクリックするとクーポンコードがコピーされて、商品ページに移動します。そのまま貼り付けて使用できます。

ドローン本体(型番) クーポンコード 価格 台数 期限

URUAV UZ85
85mm 2S DIY

BG68a6a3

$79.99 10 2021年7月7日午後5時
2021年7月10日午後5時

その他のbanggoodのクーポンは下の記事でまとめています↓↓

banggood(バングッド)ドローン送信機 FPVゴーグル クーポン 一覧 banggood(バングッド)のプローモーション担当者様からいただいているクーポンコードのページです。 購入するときに使用してくだ...

SKYZONE ATOMRC Dodo D120 PRO スペック

SKYZONE ATOMRC Dodo D120 PRO 販売開始!
カメラ Foxeer Razer NANO 1.8mm 4:3 Camera
重量 記載なしバッテリー入れても200g未満になると思います
フレーム 120mm(2.5インチ)
FC ATOMRC Exceed F411 MINI FC
ESC ATOMRC Exceed BL_S 15A 4in1 MINI ESC
VTX ATOMRC Exceed 300mW MINI VTX
モーター ATOMRC Photon 1105 5000KV Brushless Motor
レシーバー 自分で取り付ける必要あり
価格 12700円くらい(2020年12月6日現在)

パーツ構成はなんかよさそう。
使ったことないカメラですが、Youtubeでみてみると1200TVLで綺麗にうつる感じだし、なんとなく飛ばしやすそうです。

SKYZONE ATOMRC Dodo D120 PRO 販売開始!
ただ形状をみていると後付けのカメラ(insta360Go)などを載せるのは大変そうなので、空撮をするというよりは、かっ飛ばしてあそぶ感じでしょうか。

SKYZONE ATOMRC Dodo D120 PRO 販売開始!
セット内容として色違いのキャノピー赤と黒がついてくるので、好きな色を選択できるようになっているみたいです。

SKYZONE ATOMRC Dodo D120 PRO 販売開始!
VTXは最大300mW出力できるものを搭載しています。

SKYZONE ATOMRC Dodo D120 PRO 販売開始!
画像をみるかぎりでは、配線タイプなので開局済みのVTXがあれば変更することもできそうですね。

海外でのYoutubeフライトレビュー動画


Youtubeでは海外でのフライトレビュー動画がアップされていました。
カメラが1200TVLなのでDVR録画もそこそこ綺麗な映像だと思います。

最後に

パーツ構成を考えるとコスパはいいドローンだと思います。
気になる方はbanggoodでチェックしてみてください。

綺麗な空撮をしたい人は、ジンバル付きかFPVドローン

ブレの少ない綺麗な空撮をしたい人はジンバル付きのドローンか、ブラシレスFPVドローンがおすすめです。

ジンバル付きのおすすめのドローンは下の記事で紹介しています↓↓

2021年最新ジンバル付き おすすめのドローン10選【ジンバルとは?】 今回は2021年最新版!ジンバル付きのおすすめのドローンを10選紹介します。 ドローンのジンバルとは? まずはじめにジン...

200g未満ブラシレスFPVドローン


ブラシレスFPVドローンなら、安定したフライトができるので綺麗な空撮をすることができます。
下の動画は200g未満の4Kカメラを搭載したブラシレスFPVドローンで空撮したものです。

FHDで撮影できる200g未満のブラシレスFPVドローンは下の記事で紹介しています↓↓

綺麗な画質で空撮できるおすすめのマイクロドローン10選【FHD画質のタイニーフープ Tiny Whoop】 今回はFHD画質(1920×1080)で空撮できるおすすめのマイクロドローンを紹介していきます。 どのような形状、またはサイズや重量で...

4k動画の撮影できるブラシレスFPVドローンも発売されています。4kブラシレスFPVドローンは下の記事で紹介しています↓↓

4Kカメラ搭載のマイクロドローンまとめ!おすすめのドローンあり4K画質で撮影できるマイクロドローンを紹介と、おすすめの機種をまとめている記事です。 4Kカメラ単体で自作しても4Kマイクロドローンは作れるのでFPV4kカメラ単体でも紹介しています。...

ブラシレスFPVドローンは基本的にFPVゴーグルを装着して5.8Ghzの電波を使用して飛行するので、「アマチュア無線免許」または「第三級陸上特殊無線技士」の免許と、無線局の開局が必要になります。

詳しくは下の記事で紹介しています↓↓

タイニーフープでFPV飛行をする為に、必要な準備や手順を解説【マイクロドローン】 冒頭いきなりyoutubeの埋め込み動画ではじまりますが、僕はこの動画を見て「tiny-whoop(タイニーフープ)」FPV飛行に興...

初心者におすすめのFPVゴーグル、マイクロドローン(ブラシレスFPVドローン)、送信機は下の記事で紹介しています↓

初心者におすすめのマイクロドローン、送信機、FPVゴーグルの紹介【200g未満のレース機】 今回は初心者におすすめしたい「マイクロドローン」「送信機」「FPVゴーグル」を紹介します。 この記事ではマイクロドローンを...

GoPro Liteでも綺麗に空撮できます

GoProには手ブレ補正機能がついていますので、分解して軽量化してドローンに搭載しても綺麗な空撮ができます。
機体とカメラの重量を合わせても200g未満に収めることもできます。

実際にGoProliteで空撮した動画はこちら(FPV録画映像との比較動画)↓

GoProliteの作り方は下の記事で紹介しています↓↓

GoPro HERO7を分解!剥きプロ GoPro liteを作ってみた BetaFPVから剥きプロを作るためのキット「GoPro lite」が発売され、好奇心からついに自分もGoProを剥いてみることにし...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です