送信機

ドローン 送信機「Fraky Taranis X-Lite S」レビュー!技適マークつき

ドローン 送信機「Fraky Taranis X-Lite S」レビュー!技適マークつき
今回はFrakyから新しく発売された送信機 「Fraky Taranis X-Lite S」をレビューしていきます。

Fraky Taranis X-Lite ProとS

今回購入したのは「Fraky Taranis X-Lite s」の方ですが、この送信機の概要を紹介します。
以下、英文を翻訳して一部引用。

「Fraky Taranis X-Lite ProとS」新しく開発されたACCESSプロトコルが使える送信機。
PROに新しく追加されたのは、高品質の全金属製CNCホールセンサージンバル。OpenTXファームウェアに追加された新しいパワーメータとスペクトラム解析機能を使用して、電波のRFノイズをチェックすることが可能になりました。Proモデルの最も良いところは、パイロットが新しいACCESS送信によりさらに低い待ち時間とパフォーマンスの向上を期待できることです。

まぁこの送信機について完全に理解していない自分が説明するのもなんですが、あたらしく開発された通信方式「ACCESS」が使えることとがいちばんなんじゃないんですかね。それとProモデルは特にレスポンスがよくなったとも記載されていました。

まぁ送信機の概要はこんな感じ。

初めての「OpenTX」ですので、うまくレビューできるかわかりませんが、とりあえず進めさせていただきます。

ドローン 送信機 Fraky Taranis X-Lite S レビュー!

ドローン 送信機「Fraky Taranis X-Lite S」レビュー!技適マークつき
まずは開封レビューから。外箱はこんな感じ。

ドローン 送信機「Fraky Taranis X-Lite S」レビュー!技適マークつき
箱をあけると専用の収納ケースが入っていました。

ドローン 送信機「Fraky Taranis X-Lite S」レビュー!技適マークつき
専用の収納ケースをあけるとこんな感じ。
クッション性のあるスポンジが間に入っていて、長旅でも安心できる梱包ですね。

ドローン 送信機「Fraky Taranis X-Lite S」レビュー!技適マークつき
送信機はビニールに入っていました。

ドローン 送信機「Fraky Taranis X-Lite S」レビュー!技適マークつき
外観はこんな感じ。
ほんとゲーム機のコントローラのようです。

モード2の設定

ドローン 送信機「Fraky Taranis X-Lite S」レビュー!技適マークつき
はじめて届いた状態だと、左右のスティックともにバネがきいている状態なのでモード2の人は左のスティックだけバネがきかないような状態にします。
やり方はとくにむずかしくなくイモネジを入れていくだけです。
ただ一つ注意点がありまして、イモネジは長いものと短いものがあって、短いものをさしてしまうと、ネジごとコントローラーの中に入れてしまうことになります。

かならず長いイモネジの方を入れていきましょう。

Fraky Taranis X-Lite S 分解方法

ドローン 送信機「Fraky Taranis X-Lite S」レビュー!技適マークつき
自分は短いイモネジを間違って入れてしまい、ネジが送信機本体に入ってしまってカチャカチャ音がするという、、、、
悲しい状況になってしまったので、分解してネジをとりのぞく作業をしました。
せっかくなので分解方法を紹介しておきます。
とりあえず上の画像の矢印部分のネジを2本とり、

ドローン 送信機「Fraky Taranis X-Lite S」レビュー!技適マークつき
送信機のバッテリーを入れる部分のキャップもはずします。

あとはマイナスドライバー送信機の隙間にいれて、パキパキとはずしていく感じです。


つめの部分は矢印部分とか、、です。
へたすると、かんたんに折れますが、分解することになってしまったら、しょうがないくらいでやりましょう。

ドローン 送信機「Fraky Taranis X-Lite S」レビュー!技適マークつき
せっかくなんで、分解した時の画像ものせておきます。

ドローン 送信機「Fraky Taranis X-Lite S」レビュー!技適マークつき
まさかレビューをする前から、分解することになるとは、、、、

ドローン 送信機「Fraky Taranis X-Lite S」レビュー!技適マークつき
ちなみにイモネジを入れていくと上の画像の矢印部分を押すことになり、スティックのバネが効かなくなる仕組みになっているようです。

送信機 Fraky Taranis X-Lite S 設定

ここからがなかなか大変でした。
はじめての「OPEN TX」ということで、設定がよくわからんです(笑)
先人の知恵を借りようと思っても、そこまで詳しく書いている人もいない感じで、、、、

初心者が初めて買う送信機としてはあまり向いていないですね。ただ使えるようになってしまえばそうでもないのかも??
まぁよくわからないまま1日ついやして、なんとか動かせるようにはなりましたが、ここから動かすまでの説明することも若干間違っているところがあるかもしれません。
というのも、とりあえず画像を撮りながら作業をしていたのですが、うまくいかなくて、初期化をして、を何度も繰り返していたので、どれがどれなのかよくわからなくなってしまいました。

今後、本質を理解できるようになったら再度、整理して説明したいと思いますが、この記事でも誰かの役に立つかもしれませんので、このまま説明を続けてみます。


とりあえずバッテリーは「18650 」のリチウムイオン電池が家にあったのでそれを使用。
これよりひとまわり小さい電池タイプのやつでもあうみたい。
というか、合わせられるように、送信機の下の部分が2種類ありました。
「18650」電池を使用すると少し送信機が下に長くなります。

18650充電池3.7 V 5000 mAh 高速充電器付き
Hqdz


説明書英語だし、もう電池の向きまでよくわからなかったですよ。
今回はほんとうにわからないことだらけ。

電池は画像の向きで、やればOK。

日本で合法で飛ばすには技適モジュール別売りが必要


最初に説明しておきますが、こちらの商品は送信機には技適マークが入っておりません。
日本で飛ばすには以下の2点の商品も一緒に揃える必要があります。

こちらの技適マーク入りモジュールと、

それを接続するための配線が必要。

技適が入っているモジュールで電波を飛ばすので、OKになるというわけなんですね。
そこまでして、この送信機が使いたいのか!!ってなるかもしれませんが今大人気の「Jumper T8SG V2.0 Plus」が出る前にはかなり画期的なことだったようですね。


まずは配線をこの向きで差し込んであげて、


あとは技適付きのモジュールを差し込んであげればOK。
いきなり写真が飛びましたね(笑)
初めてのOpenTxなのでいろいろなところでテンパっております。
まぁそこまで難しくないので形状をみればわかると思います。

OpenTXのサイトから「TX2.3 nightlies版」のインストール


まずはOpenTXのサイトから「TX2.3 nightlies版」をインストールします。
なぜ「OpenTX2.3nightlies版」をインストールしなければいけないかというと、この送信機のファームが2.3だからだそうです。
drone4さんのブログでそう書いてありました。なので私の知識ではありませんが、、、

「TX2.3 nightlies版」をインストールしましょう↓↓

http://www.open-tx.org


「TX2.3 nightlies版」をインストールする以外に、SDカードって書いてあるやつもクリックして、


上の画像のいちばん下のZIPファイルをダウンロードして、解凍してマイクロSDにいれてあげます。
zipファイルのままマイクロSDにいれても動作しないので注意してくださいね。

マイクロSDには普通にカードリーダーなんかを使っていれてあげれば大丈夫です。


マイクロSDは送信機の下の部分に入れるところがあります。32GBあれば十分です。あまり容量のでかいものだと認識しないかもしれません(試してはいないけど)

プロファイルの設定


次に先ほどインストールした「TX2.3 nightlies版」を起動して、メニューバーの設定から
プロファイルの設定をします。
設定した値はこんな感じ。


これもdrone4さんのブログをみて真似しただけ。


あとはファームウェアを書きこんであげます。
メニューバーんの「書き込み・読み込み」から送信機にファームウェアを書き込みを選択すればOK


それとファームを書き込む時は送信機をUSBモードにしてあげる必要があります。
USBモードは上の画像の左側の十字キーの真ん中を押しながら電源を入れてあげればOKです。
けっこうボタン操作がシビアです。真ん中を押しているつもりでも右だったり、左だったりするようで、普通に起動しています。


接続中はこんな表示になります。

これで、技適マーク入りの「Jumper JP4IN1モジュール」が使えるようになると思います(たぶん)


次にメニューバーの「ファイル」→「新規」から機体ごとの設定ファイルをつくってあげます。
とりあえず手持ちのUR65用の設定ファイルを作成します。


内部送信システム→OFF

外部送信モジュールを上記のようにします。


次にミキサーを上記の画像のようにします。
まぁこれと同じにしないでもいいけど、自分はSDスイッチをARMに。
SAスイッチをモードの切り替えに割り当てようと思い、こんな感じにしました。


設定が終わったら、メニューバーの「読み込み・書き込み」→「機体モデルと設定を送信機に書き込み」を選択して、送信機に設定を書き込みます。

ちなみに書き込む時はファームウェアの書き込みをした時同様に、送信機をUSBモードにしてからPCと送信機をケーブルでつないで書き込みます。

Fraky Taranis X-Lite S 送信機と機体のバインド


送信機とのバインド方法は、とりあえず電源を入れたら、送信機の右側のスティックキー(ドローンを操作する方のキーではない右下のキー)の右を長押しして、


2/11のセットアップの下の方に、


このような項目があるので、

「MULT」に変更して任意のプロトコル、自分の場合はUR65はFrskyにしたので「Frsky」、Subtype D16に変更して、もうちょっと下にスクロールすると「BND」とあるので、エンタキーを押してあげるとバインドがはじまります。

もちろんドローン本体の方はバインド待ちにしてくださいね。

最近知ったのですがUR65などのドローンでもレシーバーをFrskyで選択した場合、ベータフライトのCLIコマンドラインに「bind」と入力すればbind待ちにすることが可能なんですね。今まで基盤のバインドボタンを利用してバインドしていました。もちろんインストールされているベータフライトなどにもよるのかもしれません。

ドローン 送信機「Fraky Taranis X-Lite S」外観


外観はこんな感じ

ドローン 送信機「Fraky Taranis X-Lite S」レビュー!技適マークつき

ドローン 送信機「Fraky Taranis X-Lite S」レビュー!技適マークつき
そういえば付属品でステッカーがついているのを記載してなかったので画像をのせておきます。
まぁ自分は使用しないけど。

ドローン 送信機「Fraky Taranis X-Lite S」重量

ドローン 送信機「Fraky Taranis X-Lite S」レビュー!技適マークつき
重量は技適モジュール、バッテリー「18650 」のリチウムイオン電池を含めて「463g」でした。

ドローン 送信機「Fraky Taranis X-Lite S」レビュー!技適マークつき
ちなみに自分のお気に入りの「Jumper T8SG V2.0 Plus」が424gでしたので、若干重いですね。
ちなみに「Jumper T8SG V2.0 Plus」の方は、350mahのリポバッテリー込みです。

こちらの商品の割引クーポンコードを発行してもらいました!かなりおすすめできる送信機ですので持っていない方ぜひこの機会にどうぞ!!限定20台となっております。

【マイクロドローン送信機】おすすめのプロポ比較5選!Tiny Whoop(タイニーフープ)
クーポンコード:BGJPT8SGV2
数量:20台限定
適用後価格:$89.99

色違いのカーボン色も技適マーク付きであります。

初心者の人には「Jumper T8SG V2.0 Plus」の方がおすすめですね。
設定などが簡単ですし、設定方法や使い方の解説がyoutubeやブログなどいろいろな場所で紹介されていますので。

最後に


ゲーム感覚でドローンを操縦している感じで、操作性は悪くない感じでしたが、設定は少しなれるまで時間がかかりそうで難しいです。
少し慣れてきたら、詳しい設定方法なども記事にしていこうと思います。

今使っている送信機に物足りなさを感じてきた方は、「Fraky Taranis X-Lite S」や「Fraky Taranis X-Lite Pro」を購入してみてはいかがでしょうか。

今後「ACCESS」という通信方式が主流になるかもしれないので、とりあえず今のうちから慣れるつもりで使用してみてもいいかもしれません。

Fraky Taranis X-Lite Pro ↓↓

Fraky Taranis X-Lite S ↓↓

ドローンを趣味ではなく仕事に変えてみよう!

将来ドローンを仕事にしたいと思っている方は、ドローンスクールに通ってみませんか!?
今後ドローンの仕事の需要はどんどん増えていくと予想されています。
ドローンを趣味ではなく仕事にしたいなら、資格は取得しておきまししょう。
下で紹介する「DSJ東京中目黒校」は無料体験説明会を随時開催しています。
卒業後はドローンの仕事を探すアフターフォローまでしてくれるようですよ。
気になる方は公式ホームページでご確認ください↓↓

DSJ東京中目黒校の無料説明会の詳細はこちら

「Qwinout」ドローン関連商品!クーポン使用で全品15%OFF


クーポンコード:DRONEBLOG
上のクーポンコードをコピーしてお使いください。バナーをクリックすれば、ショップの販売ページに移行します。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です