送信機

FrSky Taranis X9 Lite Pro URUAV Edition レビュー【Open TXの設定方法】

FrSky Taranis X9 Lite Pro URUAV Edition レビュー【Open TXの設定】
今回は最近技適が取得されたばかりの「FrSky Taranis X9 Lite Pro URUAV Edition」をレビューしていきます。

2019年8月20日時点で、banggoodで販売中の「FrSky Taranis X9 Lite Pro URUAV Edition」ですが、技適シールありとなしのものが混合してしまっているようで、シールなしのものが届いた場合は、注文番号をいって連絡を入れれば技適シールのデータをもらえます

FrSky Taranis X9 Lite Pro URUAV Edition スペック

Product Name: FrSky & URUAV
Product Name: Taranis X9 Light Pro transmitter
version: non-EU version
Dimensions: 184 × 170 × 101mm (L × W × H)
Weight: about 505g (without battery)
Operating system: ErskyTX / OpenTX (default: OpenTX)
Number of channels: 24 channels
Built-in RF module: ISRM-N
The operating voltage range: 6.0~8.4V
Operating current: 190mA @ 7.4V
Operating temperature: -20 ℃ ~60 ℃ (-4 ℉ ~140 ℉)
Backlit LCD Resolution: 128 * 64
Model memory (expandable with Micro SD card) 60 model
Smart port, micro SD card slot, micro-USB port, DSC port

FrSky Taranis X9 Lite Pro URUAV Edition レビュー

FrSky Taranis X9 Lite Pro URUAV Edition レビュー【Open TXの設定】
こちらは外箱。

FrSky Taranis X9 Lite Pro URUAV Edition レビュー【Open TXの設定】
付属品はこんな感じ。

  • FrSkyのステッカー×1
  • 英語の説明書×1
  • 送信機本体×1

FrSky Taranis X9 Lite Pro URUAV Edition レビュー【Open TXの設定】
機体の外観。
1万円の送信機にしては、素材感も悪くない感じ。

FrSky Taranis X9 Lite Pro URUAV Edition レビュー【Open TXの設定】
上からみたところ。
個人的には好きなデザインですね。

FrSky Taranis X9 Lite Pro URUAV Edition レビュー【Open TXの設定】
送信機の下にはマイクロSDスロット、イヤホンジャック、USBケーブルの差し込み口があります。


バッテリーは18650電池2本で動きます。

マイクロSDと、電池は付属しませんので、アマゾンなどで購入するといいと思います。

マイクロSDは32GBもあれば十分です。

サンディスク
¥625
(2019/09/21 23:10:48時点 Amazon調べ-詳細)

FrSky Taranis X9 Lite Pro URUAV Edition レビュー【Open TXの設定】
自分の持っている送信機たち。
ならべてみるとわかりますが自分がいちばん愛用している「Jumper T8SG V2.0 Plus」よりもひと周り大きい感じですね。

Jumper T8SG V2.0 Plus レビュー【ドローンのおすすめ送信機】 今回はタイニーフープ系のマイクロドローンを飛ばす人に、おすすめしたい送信機「Jumper T8SG V2.0 Plus」を紹介します...

FrSky Taranis X9 Lite Pro URUAV Edition レビュー【Open TXの設定】
これは横から見たところ。

FrSky Taranis X9 Lite Pro URUAV Edition 設定


いろいろ画像が飛んだり、あまり参考にならないかもしれませんが、とりあえず自分が送信機を動かすまでに行ったことを記載しときます。

「OpenTX Companion」のインストールの方法からファームウェアの書き換えは下の記事で紹介していますので省きます。

ドローン 送信機「Fraky Taranis X-Lite S」レビュー!技適マークつき 今回はFrakyから新しく発売された送信機 「Fraky Taranis X-Lite S」をレビューしていきます。 Fr...


前回は技適マーク付きの外部モジュールを利用しましたが、「FrSky Taranis X9 Lite Pro」は技適の取得ができましたので内部モジュールを利用します。

とりあえず、上の画像のような感じにしました。


スイッチ類は、ARMと


フライトmodeの変更と、ブザーのスイッチをわりあてて


最終的にミキサーの設定はこんな感じに。

あとはこの設定を送信機に書き込んでいきます。
送信機のUSBモードのやり方は、送信機の左右のトリム調整レバーを中央に押しながら電源を入れればOKです。
それと記事には書いていませんがマイクロSDに、送信機がしゃべるようになるデータを入れるのをお忘れなく。

わからない方は下の記事でも紹介しています↓

ドローン 送信機「Fraky Taranis X-Lite S」レビュー!技適マークつき 今回はFrakyから新しく発売された送信機 「Fraky Taranis X-Lite S」をレビューしていきます。 Fr...

FrSky Taranis X9 Lite Pro URUAV Edition レビュー【Open TXの設定】
あとは送信機と機体をバインドすればOK。
ちなみにInternal RF(内部モジュール)、でのバインドはMode「ACCST D16」にして、RxNumのBndを押しせばいいのですが、FrSkyの純正じゃない安いバージョンみたいなやつだとバインドできないのでご注意を。
FrSky XM+だったら間違いなくバインドできます。自分はXM+でバインドしました。

FrSky Taranis X9 Lite Pro URUAV Edition 操作してみた感想


サイズはいままで使用していた「Jumper T8SG V2.0 Plus」よりもひと周り大きい感じですが、特に使っていて違和感はないですね。
少しずっしりと印象がありますが、使いやすい送信機だと思います。

レバーは「Jumper T8SG V2.0 Plus」くらべると、硬くて反発感があります。
これは好みもあると思いますが、自分はどっちでもいい感じww

Jumper T8SG V2.0 Plus レビュー【ドローンのおすすめ送信機】 今回はタイニーフープ系のマイクロドローンを飛ばす人に、おすすめしたい送信機「Jumper T8SG V2.0 Plus」を紹介します...

まとめ


FrSky Taranis X9 Lite Pro URUAV Edition の技適が通ったことにより、送信機を選ぶことの選択肢が増えて嬉しい限りです。

あまり「OpenTX」の本質をまで自分自信理解できていないので、少しずつ勉強して理解できたら、設定方法などをアウトプットしていこうと思います。あまり日本人の人が書いているブログで「OpenTX」の設定を詳しく書いている人がいないんですよね。

2019年9月1日現在でyoutube検索してみると、日本人でyoutubeで「OpenTX」の設定を解説している人はほとんどいないんです。
誰かyoutubeで、詳しく解説してくれないかなぁ〜けっこう需要があると思うんですけどね。
自分はほとんど理解していないからyoutubeは無理(笑)

ドローンを趣味ではなく仕事に変えてみよう!

将来ドローンを仕事にしたいと思っている方は、ドローンスクールに通ってみませんか!?
今後ドローンの仕事の需要はどんどん増えていくと予想されています。
ドローンを趣味ではなく仕事にしたいなら、資格は取得しておきまししょう。
下で紹介する「DSJ東京中目黒校」は無料体験説明会を随時開催しています。
卒業後はドローンの仕事を探すアフターフォローまでしてくれるようですよ。
気になる方は公式ホームページでご確認ください↓↓

DSJ東京中目黒校の無料説明会の詳細はこちら

「Qwinout」ドローン関連商品!クーポン使用で全品15%OFF


クーポンコード:DRONEBLOG
上のクーポンコードをコピーしてお使いください。バナーをクリックすれば、ショップの販売ページに移行します。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です