ドローン機体

200g未満ドローン G-FORCE SKYHIGH 発売開始!【ジーフォース スカイハイ】

200g未満ドローン G-FORCE SKYHIGH 発売開始!【ジーフォース スカイハイ】
G-FORCE(ジーフォース)からSKYHIGH(スカイハイ)というドローンが本日2019年11月30日に発売されたので紹介します。

ジーフォース(G-Force)
¥18,000
(2019/12/08 11:41:19時点 Amazon調べ-詳細)

2019年の個人的におすすめしたいドローンは、下の記事でランキング形式で紹介しています↓↓
【2019年最新機種】人気のおすすめドローンランキング30選!徹底比較

200g未満 G-FORCE SKYHIGH GPSドローン スペック

200g未満ドローン G-FORCE SKYHIGH 発売開始!【ジーフォース スカイハイ】
画質 静止画:3840×2160 (JPG)
動画:2048×1152 (MP4)
重量 185g
伝送距離 送信機、wifiともに約100mくらい
周波数 2.4Ghz
飛行時間 18分
バッテリー 1800mAh
操作モード モード1/モード2切り替え可能
機体のサイズ 全長:180mm 全幅:218mm 全高:58mm
価格 22500円(楽天bigカメラだと2万円くらいで購入可能)
その他の機能 ・ビジョン気圧センサー搭載
・技適取得済み

200g未満 G-FORCE SKYHIGH ドローン セット内容

  • 送信機×1
  • ドローン本体×1
  • プロペラガード×4
  • 予備のプロペラ×4
  • 工具×1
  • 充電用USBケーブル×1
  • 説明書×1
  • 専用収納ケース×1
  • 送信機ベルト×1

2.4GHz 4ch送信機(充電式) プロペラガード 飛行用Li-Poバッテリー(機体に内蔵)  予備プロペラ×4 工具 USB充電ケーブル 取扱説明書 専用キャリングケース ショルダーベルト

200g未満 G-FORCE SKYHIGH ドローンの特徴

ここからはG-FORCE(ジーフォース)からSKYHIGH(スカイハイ)の特徴を簡単に説明していきます。

写真は4k 動画は2kで撮影可能

200g未満ドローン G-FORCE SKYHIGH 発売開始!【ジーフォース スカイハイ】
写真は4k 動画は2kで撮影可能です。
しかもデュアルカメラ採用していて、ドローンの真下にもう一個カメラがついていて、瞬時に真下のアングルのカメラに切り替えすることも可能みたいですね。

安定したホバリング

200g未満ドローン G-FORCE SKYHIGH 発売開始!【ジーフォース スカイハイ】
ビジョン気圧センサーを搭載していて、安定したホバリングが可能です。
youtubeにあがっている動画を確認したところ、いい感じでホバリングしていました。

操作モード切り替え可能

200g未満ドローン G-FORCE SKYHIGH 発売開始!【ジーフォース スカイハイ】
操作はモードは簡単にモード1、モード2と切り替えが可能みたいですね。

カメラはチルト式で真下の空撮も可能

200g未満ドローン G-FORCE SKYHIGH 発売開始!【ジーフォース スカイハイ】
カメラはチルト式で90°真下の空撮も可能です。

連続飛行時間は18分

200g未満ドローン G-FORCE SKYHIGH 発売開始!【ジーフォース スカイハイ】
200g未満のドローン中ではかなり長い連続飛行時間を実現しています。
18分と言う時間はMavic miniとちょうど同じですね。
ちなみにバッテリーの容量は1800mAhで、カートリッジ式で簡単に取り付け取り外しができる仕様になっています。

専用ケース付き

200g未満ドローン G-FORCE SKYHIGH 発売開始!【ジーフォース スカイハイ】
機体は折りたたみ式で、専用の収納ケースがついていきますので持ち運びに便利です。

専用のアプリあり

200g未満ドローン G-FORCE SKYHIGH 発売開始!【ジーフォース スカイハイ】
専用のアプリをインストールすればスマートフォンを使ったFPV飛行も可能です。
またスマートフォンだけでもドローンを操作することができるようですね。

専用のプロペラガード付き

200g未満ドローン G-FORCE SKYHIGH 発売開始!【ジーフォース スカイハイ】
専用のプロペラガード付きですので、室内で飛ばす場合でもそこそこ安心して飛ばせます。
まぁパワーがありそうなドローンなので屋外で飛ばした方がよさそうですけど。

youtubeのメーカーPR動画


こちらはメーカーのPR動画です。室内で飛ばしているのですが安定感がありそうなドローンだと思いました。
途中で空撮動画がでてくるのですが、色味もなかなか綺麗でブレブレの動画ではないので、なかなかよさそうな感じがします。

最後に


200g未満でそこそこ楽しめそうなドローンですが、GPSはついていないようですね。商品説明欄には書いていなかったので。
メーカーの空撮動画はあがっていますが、あとは実際に撮影した時の映像がどれほどなのか??

そこらへんが気になるところです。

ジーフォース(G-Force)
¥18,000
(2019/12/08 11:41:19時点 Amazon調べ-詳細)

ブレの少ない空撮をしたい人は、ジンバル付きかブラシレスマイクロドローン

ブレの少ない綺麗な空撮をしたい人はジンバル付きのドローンか、ブラシレスマイクロドローンがおすすめです。

ジンバル付きのおすすめのドローンは下の記事で紹介しています↓↓

2019年最新ジンバル付き おすすめのドローン10選【ジンバルとは?】 今回はジンバル付きのおすすめのドローンを10選紹介します。 ドローンのジンバルとは? まずはじめにジンバルとは?...
DJI製品のでジンバル付きドローンは、下の記事で比較しています。
LINKDJIの最新ドローン比較「Phantom、Mavic Pro(Air)、SPARK、Inspire(インスパイア)」 初心者にはどれがおすすめ?

200g未満ブラシレスマイクロドローン


FHD以上のブラシレスマイクロドローンなら、安定した飛行ができるのでブレの少ない綺麗な空撮をすることができます。
下の動画は200g未満のブラシレスマイクロドローンで空撮したものです。
そこそこブレのない空撮ができていいると思います。
※複数の機種、違うカメラで空撮しています。

ちなみにプロの方が200g未満ブラシレスマイクロドローンを使うとこのくらい綺麗な空撮をすることができます↓↓

上で紹介したようなFHDで撮影できる200g未満のブラシレスマイクロドローンは下の記事で紹介しています↓↓

綺麗な画質で空撮できるおすすめのマイクロドローン10選【FHD画質のタイニーフープ Tiny Whoop】 今回はFHD画質(1920×1080)で撮影することのできるマイクロドローンを紹介していきます。 どのくらいのサイズや重量でマイク...

ちなみに4k動画の撮影できるブラシレスマイクロドローンも発売されています。4kブラシレスマイクロドローンは下の記事で紹介しています↓↓

【200g以下で4K動画が撮影可能】高画質なおすすめのドローン10選 機体の重量が200g以下で、高画質(4K)な動画が撮影可能なドローンを紹介します。 ついにDJIからジンバル付きの200g未満...

ブラシレスマイクロドローンは基本的にFPVゴーグルを装着して5.8Ghzの電波を使用して飛行するので、「アマチュア無線免許」または「第三級陸上特殊無線技士」の免許と、無線局の開局が必要になります。

詳しくは下の記事で紹介しています↓↓

タイニーフープでFPV飛行をする為に、必要な準備や手順を解説【マイクロドローン】 冒頭いきなりyoutubeの埋め込み動画ではじまりますが、この動画を見て「tiny-whoop(タイニーフープ)」FPV飛行に興味を...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です