ドローン機体

【200g未満】Holy Stone GPS搭載ドローン HS110G レビュー(ホーリーストーン)

【200g未満】Holy Stone ドローン HS110G 実機レビュー(ホーリーストーン)
今回はHoly Stone(ホーリーストーン)から2019年9月4日に発売されたばかりの、新機種「HS110G」の実機レビューをしていきます。

DEERC
¥16,990
(2019/09/21 17:40:36時点 Amazon調べ-詳細)

2019年の個人的におすすめしたいドローンは、下の記事でランキング形式で紹介しています↓↓
【2019年最新機種】人気のおすすめドローンランキング30選!徹底比較
Holy Stone社から販売されているドローンを比較するなら、下の記事がおすすめです↓↓
Holy Stone(ホーリーストーン)ドローン 比較 10選【おすすめの機種を選んでみた!】

Holy Stone ドローン HS110G スペック

画質 1080P FHD
重量 182g
伝送距離 300メートル
周波数 2.4Ghz
飛行時間 12~13分
バッテリー 機体バッテリー:7.4V 1500mAh
送信機バッテリー:7.4V 300mAh(内蔵)
操作モード モード1/モード2切り替えが可能
機体のサイズ 322×322×91mm
価格 16990円(アマゾン)
2019年9月6日現在20%OFFで販売されています
その他の機能 ・GPS搭載
・フォローミーモード
・オートリターン

Holy Stone ドローン HS110G 開封レビュー

【200g未満】Holy Stone ドローン HS110G 実機レビュー(ホーリーストーン)
箱をあけると専用の収納ケースが入っています。

【200g未満】Holy Stone ドローン HS110G 実機レビュー(ホーリーストーン)
外側にはチャック式の収納と、内側にもマジック式の収納があります。

【200g未満】Holy Stone ドローン HS110G 実機レビュー(ホーリーストーン)
収納ケースをあけると、こんな感じになっていて、

【200g未満】Holy Stone ドローン HS110G 実機レビュー(ホーリーストーン)
綺麗にドローン本体や、送信機、バッテリーを収納できるようになっています。

【200g未満】Holy Stone ドローン HS110G 実機レビュー(ホーリーストーン)
【200g未満】Holy Stone ドローン HS110G 実機レビュー(ホーリーストーン)

  • ドローン本体×1
  • 送信機×1
  • 収納ケース×1
  • バッテリー×2
  • 予備プロペラ×4
  • 予備のランディングギア×2
  • USB充電ケーブル×1
  • 日本語マニュアル×1

Holy Stone ドローン HS110G 外観のレビュー

【200g未満】Holy Stone ドローン HS110G 実機レビュー(ホーリーストーン)
機体の外観はこんな感じ。
HS120Dよりは、少しランディングギアが短く、高さが低めです。

【200g未満】Holy Stone ドローン HS110G 実機レビュー(ホーリーストーン)
正面からはこんな感じ。

【200g未満】Holy Stone ドローン HS110G 実機レビュー(ホーリーストーン)
HS120Dはチルト式のカメラで角度を変えることができましたが、今回のカメラは固定式でカメラの角度を変えることはできません。

【200g未満】Holy Stone ドローン HS110G 実機レビュー(ホーリーストーン)
技適マーク入っていますが、カメラにかくれちゃっていますね。

【200g未満】Holy Stone ドローン HS110G 実機レビュー(ホーリーストーン)
送信機はこんな感じで、HS120Dとたぶん一緒です。

【200g未満】Holy Stone ドローン HS110G 実機レビュー(ホーリーストーン)
カメラの角度を変える、くるくる回るレバーは上部についていますが、、、まぁダミーって感じですかね(たぶん)

【200g未満】Holy Stone ドローン HS110G 実機レビュー(ホーリーストーン)
送信機の裏側には技適マークが入っていました。

Holy Stone ドローン HS110Gのその他特徴・レビュー


Holy Stone ドローン HS110Gの特徴を紹介します。

GPS搭載ドローン

【200g未満】Holy Stone ドローン HS110G 実機レビュー(ホーリーストーン)
GPS搭載のドローンですので、オートリターンが可能です。
初心者でも安心して飛ばすことができます。
バッテリーの残量が減ってきた場合などにも、オートリターンは発動します。

カメラは1080P


カメラは1080P広角カメラです。

【200g未満】Holy Stone ドローン HS110G 実機レビュー(ホーリーストーン) 【200g未満】Holy Stone ドローン HS110G 実機レビュー(ホーリーストーン) 【200g未満】Holy Stone ドローン HS110G 実機レビュー(ホーリーストーン)

【200g未満】Holy Stone ドローン HS110G 実機レビュー(ホーリーストーン)
上の画像は実際に撮影した静止画で、そこそこ綺麗に撮影できると思いました。
ただプロペラが少し入ってしまうところがいまいちポイントですね。

動画に関してはこの記事の最後の方にyoutube動画を埋め込んでありますので、そちらでご確認ください。

バッテリーは2個つき

【200g未満】Holy Stone ドローン HS110G 実機レビュー(ホーリーストーン)
バッテリーはデフォルトで2個付いてきますので、合わせて25分くらいのフライトを楽しむことが可能です。

ウェイポイントモード(自動飛行)


ウェイポイントモード(自動飛行)もできるドローンです。
離陸後、高度を決めてからマップ上に空路を点と点で結んで描き飛行させます。
スタートした時の高度で飛んでいきますので、空路に木などの高い障害物がないか確かめてから実行した方がいいです。

トイドローンとは思えないほどの精度で飛んでくれます。

フォローミモード搭載

【200g未満】Holy Stone ドローン HS110G 実機レビュー(ホーリーストーン)
フォロミーモードもできるドローンです。
個人的な感想としてはそこそこ精度もよくトイドローンにしてはまぁOKなラインではないでしょうか。


こちらはフォロミーモードを実際にやっている動画です。
参考にしてください。

Holy Stone ドローン HS110G HS120Dとの比較・ポイント


今回は発売された「Holy Stoneのドローン HS110G」と2019年4月ごろに発売された「HS120D」はスペック的に似ています。

Holy Stone Toys
¥19,990
(2019/09/21 18:12:35時点 Amazon調べ-詳細)

上の画像は「HS120D」です

スペックで違うところは、

  • HS110Gのカメラは角度を変更することができませんが、HS120Dはカメラがチルト式になっていて、カメラの角度を変えることができる
  • 連続飛行時間はHS120Dの方が2~3分長い
  • HS120Dは簡単にカメラの取り外しができる

バッテリーの容量をみるとHS110Gの方が1500mAhで容量は多くなっているのですが、なぜか飛行時間はHS110Gの方が短くなっているんですよね。ただ使用している感じですと、そこまで体感的にはかわらないと思いました。

まぁあくまでアマゾンのスペック表の値ですので、正確に連続飛行時間を計測しているわけではありませんけど。

それとスペックとは違いますが、HS110Gには付属品として収納ケースがついています。
HS110G用に設計されていますので、ぴったり収納できていい感じです。

HS120Dに関しては下の記事で詳しく紹介しています↓↓

【200g未満のドローン】Holy Stone HS120D 実機レビュー Holy Stone(ホーリーストーン)から新しいドローンが発売されました。 型番は「HS120D」。アマゾンで2019年4月11...

youtubeでのレビュー動画と実際にフライトしてみた感想


youtubeにアップしたレビュー動画です。
撮影した動画の画質についてはこちらを参考にしてみてください。

フライトしてみた感想としては、GPS搭載のドローンということもあり、とても安定した飛行を楽しむことができました。
ピタッとホバリングするので、そこそこ風があったのですが安心して飛ばすことができました。

パワーもそこそこあり飛ばしていて楽しいです。少しくらいの風ならフライトすることができると思いました。

wifi FPV画像が飛んでくる距離


FPVの画像はどのくらいまで飛んでくるか距離を測定してみました。

結果は200mまでFPVの画像が飛んでくるというなかなか良い数値がでてびっくりです
高度は15m~20mくらいで飛ばしています。
気になる方は動画をごらんください。

まとめ


「HS120D」と「HS110G」どちらの機種を購入するか迷っている人は、この記事の比較ポイントであげた3点を参考にして選んでみてください。個人的には「HS110G」の方がおすすめです。収納ケースがついていて、価格も安いので!!

DEERC
¥16,990
(2019/09/21 17:40:36時点 Amazon調べ-詳細)

AKIRA
AKIRA
すでにHS120Dを持っている人は、特にHS110Gを購入することもないのかなぁ〜と思いました。
あまり変更点もないし、そこまでスペックもかわらないので。

ブレの少ない空撮をしたい人は、ジンバル付きかブラシレスマイクロドローン

ブレの少ない綺麗な空撮をしたい人はジンバル付きのドローンか、ブラシレスマイクロドローンがおすすめです。

ジンバル付きのおすすめのドローンは下の記事で紹介しています↓↓

2019年最新ジンバル付き おすすめのドローン10選【ジンバルとは?】 今回はジンバル付きのおすすめのドローンを10選紹介します。 ドローンのジンバルとは? まずはじめにジンバルとは?...
DJI製品のでジンバル付きドローンは、下の記事で比較しています。
LINKDJIの最新ドローン比較「Phantom、Mavic Pro(Air)、SPARK、Inspire(インスパイア)」 初心者にはどれがおすすめ?

200g未満ブラシレスマイクロドローン


FHD以上のブラシレスマイクロドローンなら、安定した飛行ができるのでブレの少ない綺麗な空撮をすることができます。
下の動画は200g未満のブラシレスマイクロドローン「FullSpeed TinyLeader 75mm HD」で空撮したものです。
そこそこブレのない空撮ができていいると思います。

ちなみにプロの方が200g未満ブラシレスマイクロドローンを使うとこのくらい綺麗な空撮をすることができます↓↓

上で紹介したようなFHDで撮影できる200g未満のブラシレスマイクロドローンは下の記事で紹介しています↓↓

綺麗な画質で空撮できるおすすめのマイクロドローン10選【FHD画質のタイニーフープ Tiny Whoop】 今回はFHD画質(1920×1080)で撮影することのできるマイクロドローンを紹介していきます。 どのくらいのサイズや重量でマイク...

ちなみに4k動画の撮影できるブラシレスマイクロドローンも発売されています。4kブラシレスマイクロドローンは下の記事で紹介しています↓↓

【200g以下で4K動画が撮影可能】高画質なおすすめのドローン8選 機体の重量が200g以下で、高画質(4K)な動画が撮影可能なドローンを紹介します。 この記事で紹介している「Caddx T...

ブラシレスマイクロドローンは基本的にFPVゴーグルを装着して5.8Ghzの電波を使用して飛行するので、「アマチュア無線免許」または「第三級陸上特殊無線技士」の免許と、無線局の開局が必要になります。

詳しくは下の記事で紹介しています↓↓

タイニーフープでFPV飛行をする為に、必要な準備や手順を解説【マイクロドローン】 冒頭いきなりyoutubeの埋め込み動画ではじまりますが、この動画を見て「tiny-whoop(タイニーフープ)」FPV飛行に興味を...

banggood新規登録で金券ゲット!!

下記のリンクを通してアカウントを新規登録すれば10$(約1100円)分の金券がもらえます。banggoodでのアカウントを持っていない方はこちらから登録してみてください↓↓

海外通販が初めてで購入方法がいまいちわからない方は下の記事を参考にしてください↓↓

banggood(バングッド)商品の買い方やクーポンの使い方 今回はbanggoodでの商品の購入方法や、クーポンの使い方を紹介します。 日本語訳にできるので、そこまで難しくなく誰でも購入でき...
ドローンを趣味ではなく仕事に変えてみよう!

将来ドローンを仕事にしたいと思っている方は、ドローンスクールに通ってみませんか!?
今後ドローンの仕事の需要はどんどん増えていくと予想されています。
ドローンを趣味ではなく仕事にしたいなら、資格は取得しておきまししょう。
下で紹介する「DSJ東京中目黒校」は無料体験説明会を随時開催しています。
卒業後はドローンの仕事を探すアフターフォローまでしてくれるようですよ。
気になる方は公式ホームページでご確認ください↓↓

DSJ東京中目黒校の無料説明会の詳細はこちら

「Qwinout」ドローン関連商品!クーポン使用で全品15%OFF


クーポンコード:DRONEBLOG
上のクーポンコードをコピーしてお使いください。バナーをクリックすれば、ショップの販売ページに移行します。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です