ドローン機体

【200g未満のドローン】Holy Stone HS120D 実機レビュー

【200g未満のドローン】Holy Stone HS120D 実機レビュー
今回はHoly Stone(ホーリーストーン)のドローンが「HS120D」を紹介します。
アマゾンで2019年4月11に販売された商品です。

スペックや特徴、おすすめポイントも紹介していきますので購入しようか迷っている方は参考にしてください。

2020年の個人的におすすめしたいドローンは、下の記事でランキング形式で紹介しています↓↓
【2020年最新機種】人気のおすすめドローンランキング30選!徹底比較
Holy Stone社から販売されているドローンを比較するなら、下の記事がおすすめです↓↓
Holy Stone(ホーリーストーン)ドローン 比較 10選【おすすめの機種を選んでみた!】

この記事で紹介しているドローン以外で、200g未満、GPS搭載のおすすめのドローンは下の記事で紹介しています↓↓

【200g以下 おすすめのGPS付きドローン】ランキング10 今回は自分がおすすめしたい200g以下でGPS付きのドローンをランキング形式で紹介していきます。 10位から順に紹介していきますね...

Holy Stone HS120D スペック

【200g未満のドローン】Holy Stone HS120D 実機レビュー
画質 1080P FHD
重量 198g(カメラ取り外し時)
伝送距離 300メートル
周波数 2.4Ghz
飛行時間 16分
バッテリー 機体バッテリー:7.4V 1200mAh
送信機バッテリー:7.4V 300mAh(内蔵)
操作モード モード1/モード2切り替えが可能
機体のサイズ 270 x 270 x 120 mm
価格 19990円(アマゾン)
その他の機能 ・GPS搭載
・フォローミーモード
・オートリターン

Holy Stone HS120D ドローン セット内容

【200g未満のドローン】Holy Stone HS120D 実機レビュー
  • ドローン本体×1
  • 送信機×1
  • 1080P HDカメラ(機体に装着済)×1
  • バッテリー(1個機体に装着済)×2
  • 送信機用USB充電ケーブル×1
  • 予備プロペラ×4
  • 機体バッテリー用2in1充電器×1
  • プロペラガード×6
  • 予備スタンド×2
  • 8GBマイクロSDカード(カメラに装着済)×1
  • ドライバー×1
  • 日本語取り扱い説明書×1

Holy Stone HS120D ドローンの特徴・実機レビュー

HS120D GPS搭載ドローン

【200g未満のドローン】Holy Stone HS120D 実機レビュー
GPS搭載のドローンということもあり、かなり安定したホバリングとフライトができるドローンだと感じました。

また万が一機体を見失ってもホームポイントまでドローンを帰還させることが可能な機能「オートリターン」も実装しています。
実際にオートリターンを行ってみたのですが、精度はなかなかいい感じでホームポイントまでの帰還をさせることができました。

ただDJIのドローンのように、オートリターン時の高度の設定ができないようで、オートリターンをするならあらかじめ高度を上げてから実施したほうがよさそうです。
帰還させる場所によっては障害物に接触してしまいますので。

バッテリーはカートリッチ式

【200g未満のドローン】Holy Stone HS120D 実機レビュー
バッテリーはカートリッチ式ですので交換が簡単ですし、

【200g未満のドローン】Holy Stone HS120D 実機レビュー
最初から予備のバッテリーがついていくるので、長いフライトを楽しむことができます。

フォローミーモード付き

【200g未満のドローン】Holy Stone HS120D 実機レビュー
フォローミーモード付きのドローンですので、自動で追尾させながら空撮することも可能です。

【200g未満のドローン】Holy Stone HS120D 実機レビュー
DJIのドローンのフォロミーモードは対象物を設定して、自動追尾させるのですが「Holy Stone HS120D」は送信機の場所を特定して動く仕組みです。

【200g未満のドローン】Holy Stone HS120D 実機レビュー
それとフォロミーモードは2種類あります。
ドローンの位置は変わらずその場でホバリングしながら、回転しながら追尾しいてくれるモードの方は対象物の設定がありました。

ちょっと文章だと説明しずらいです、、、
この記事の下の方のyoutubeでのレビュー動画を埋め込んでいますのでフォロミーモードや空撮映像の良し悪しは動画でご確認ください。

ウェイポイントモード搭載

【200g未満のドローン】Holy Stone HS120D 実機レビュー
「ウェイポイントモード」もできるドローンです。
ウェイポイントモードとはアプリで空路を描けば自動で飛行できる機能です。

実際にはまだやったことがないので、精度はどの程度かはわかりませんが、、、。

ヘッドレスモード搭載

【200g未満のドローン】Holy Stone HS120D 実機レビュー
ヘッドレスモード搭載のドローンですので、機体の向きがわからなくなっても自分視点で操縦することが可能です。

1080Pカメラ付き

【200g未満のドローン】Holy Stone HS120D 実機レビュー
1920×1080のFHDカメラ付きのドローンです。
ジンバルはついていませんのでブレのある空撮動画になりますが、まぁまぁ綺麗な映像を残すことができます。

【200g未満のドローン】Holy Stone HS120D 実機レビュー 【200g未満のドローン】Holy Stone HS120D 実機レビュー

【200g未満のドローン】Holy Stone HS120D 実機レビュー
こちらは実際に空撮した時の静止画です。
静止画はまぁまぁ綺麗なのかなぁ~と個人的には思います。

それとカメラは取り外しが可能で、カメラを取り外すと200g未満の重量になります。

取り外しが可能な場合、カメラを取り付けて200g以上の重量になっても航空法の規制の対象にはなりませんのでご安心ください。


それとカメラの角度を送信機から変えられるようになっています。
可動範囲が狭いのでおまけ程度ですけどね。
DJIのドローンのように真下まで角度を変えることはできません。


ちなみにマイクロSDの差し込み口はカメラの裏側についています。

HS120d SDカード

どの容量まで使えるかは商品説明に記載がないので、詳細はわかりませんが僕の場合はサンディスクの32GBクラス10で空撮を行いました。
画質はFHDなのでそこまで容量の大きいファイルサイズにはならないので、32GBもあれば十分です。

オートリターン付き


GPS搭載ドローンでオートリターンが可能な他、バッテリーの残量が減ると自動で帰還する機能フェイルセーフモードもついています。

HS120D フォローミーモードの実践動画と商品レビュー


youtubeでもレビューしています。
空撮の画質は動画でご確認ください。
また動画ではフォロミーモードも実際にやっていますので、参考にしてみてください。

それとできましたらyoutubeのチャンネル登録よろしくお願いします。
動画更新のモチベーションにつながります。

まとめ


200g未満のドローンですので法律の対象にならないので、飛ばす場所がなくて困っている人にはかなりおすすめできるドローンです。
198gあるので他の重量の軽いドローンと比べれば、風の影響も比較的受けにくいと感じました。

気になる方はアマゾンでチェックしてみてください↓

Holy Stone Toys
¥19,990
(2020/12/04 04:11:02時点 Amazon調べ-詳細)

その他のおすすめしたい200g未満のドローンは下の記事で紹介しています。
LINK【200g以下 おすすめのドローン 10選】無人航空機の法律 対象外の機種

Holy Stone HS120Dにジンバルを取り付ける

トイドローンにジンバルを別で購入してつける方もいますが、hs120dはパワーもあまりないのでジンバルを別で取り付けるのは無理だと思った方がいいです。

ブレの少ない空撮をしたいのであれば、手ブレ補正の強い「Insta360GO」を別でつけて空撮すると綺麗に撮影できると思います。

Insta360
¥23,500
(2020/12/04 17:06:45時点 Amazon調べ-詳細)

トイドローンに「Insta360GO」を搭載して飛ばした記事↓↓
LINKHoly Stone ドローン 新型 F181W レビュー!Insta360 GOを搭載して飛ばしてみた

綺麗な空撮をしたい人は、ジンバル付きかFPVドローン

ブレの少ない綺麗な空撮をしたい人はジンバル付きのドローンか、ブラシレスFPVドローンがおすすめです。

ジンバル付きのおすすめのドローンは下の記事で紹介しています↓↓

2020年最新ジンバル付き おすすめのドローン10選【ジンバルとは?】 今回は2020年最新版!ジンバル付きのおすすめのドローンを10選紹介します。 日本版の「Hubsan ZINO PRO +...

200g未満ブラシレスFPVドローン


ブラシレスFPVドローンなら、安定したフライトができるので綺麗な空撮をすることができます。
下の動画は200g未満の4Kカメラを搭載したブラシレスFPVドローンで空撮したものです。

FHDで撮影できる200g未満のブラシレスFPVドローンは下の記事で紹介しています↓↓

綺麗な画質で空撮できるおすすめのマイクロドローン10選【FHD画質のタイニーフープ Tiny Whoop】 今回はFHD画質(1920×1080)で空撮できるおすすめのマイクロドローンを紹介していきます。 どのような形状、またはサイズや重...

4k動画の撮影できるブラシレスFPVドローンも発売されています。4kブラシレスFPVドローンは下の記事で紹介しています↓↓

4Kカメラ搭載のマイクロドローンまとめ!おすすめのドローンあり4K画質で撮影できるマイクロドローンを紹介と、おすすめの機種をまとめている記事です。 4Kカメラ単体で自作しても4Kマイクロドローンは作れるのでFPV4kカメラ単体でも紹介しています。...

ブラシレスFPVドローンは基本的にFPVゴーグルを装着して5.8Ghzの電波を使用して飛行するので、「アマチュア無線免許」または「第三級陸上特殊無線技士」の免許と、無線局の開局が必要になります。

詳しくは下の記事で紹介しています↓↓

タイニーフープでFPV飛行をする為に、必要な準備や手順を解説【マイクロドローン】 冒頭いきなりyoutubeの埋め込み動画ではじまりますが、この動画を見て「tiny-whoop(タイニーフープ)」FPV飛行に興味を...

初心者におすすめのFPVゴーグル、マイクロドローン(ブラシレスFPVドローン)、送信機は下の記事で紹介しています↓

初心者におすすめのマイクロドローン、送信機、FPVゴーグルの紹介【200g未満のレース機】 今回は初心者におすすめしたい「マイクロドローン」「送信機」「FPVゴーグル」を紹介していきます。 今回の記事では初めてマイクロ...

GoPro Liteでも綺麗に空撮できます

GoProには手ブレ補正機能がついていますので、分解して軽量化してドローンに搭載しても綺麗な空撮ができます。
機体とカメラの重量を合わせても200g未満に収めることもできます。

実際にGoProliteで空撮した動画はこちら(FPV録画映像との比較動画)↓

GoProliteの作り方は下の記事で紹介しています↓↓

GoPro HERO7を分解!剥きプロ GoPro liteを作ってみた BetaFPVから剥きプロを作るためのキット「GoPro lite」が発売され、好奇心からついに自分もGoProを剥いてみることにし...

POSTED COMMENT

  1. こうちゃん より:

    Holystoneの日本語説明書ありませんか。

    • akira より:

      メーカーサポートに連絡したところ、下記のリンク先からダウンロードしてとのことでした(ダウンロードできる期間があると思いますのでお早めに)

      https://17.gigafile.nu/0726-c7442b17c0428af3b4ad2d4e59aad5b42?fbclid=IwAR1MlMru-l5Fw8qJPXRCv578k9Ws4Go4DYevHuqXa4lVg9r_O_vvofgj40A

      わからないことがあったら、購入時に記載されているメーカーのサポートに連絡するといいですよ(・∀・)
      それと、ホーリーストーンはFacebookに専用のグループがありますので、参加するといろいろな情報や質問をすることができますので、よかったらご活用ください。
      たしか、ホーリーストーンのドローンを購入した方なら参加資格があると思います٩( ‘ω’ )و

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です