ドローン機体

【200g未満のドローン】Holy Stone HS120D 実機レビュー


Holy Stone(ホーリーストーン)から新しいドローンが発売されました。
型番は「HS120D」。アマゾンで2019年4月11日から販売が開始された商品です。

今回は「Holy Stone HS120D」の実機を購入しましたのでレビューしていきます。
それとスペックや特徴なども紹介していきます。

2019年の個人的におすすめしたいドローンは、下の記事でランキング形式で紹介しています↓↓
【2019年最新機種】人気のおすすめドローンランキング30選!徹底比較
Holy Stone社から販売されているドローンを比較するなら、下の記事がおすすめです↓↓
Holy Stone(ホーリーストーン)ドローン 比較 10選【おすすめの機種を選んでみた!】

Holy Stone HS120D スペック

画質 1080P FHD
重量 198g(カメラ取り外し時)
伝送距離 300メートル
周波数 2.4Ghz
飛行時間 16分
バッテリー 機体バッテリー:7.4V 1200mAh
送信機バッテリー:7.4V 300mAh(内蔵)
操作モード モード1/モード2切り替えが可能
機体のサイズ 270 x 270 x 120 mm
価格 19990円(アマゾン)
その他の機能 ・GPS搭載
・フォローミーモード
・オートリターン

Holy Stone HS120D ドローン セット内容

  • ドローン本体×1
  • 送信機×1
  • 1080P HDカメラ(機体に装着済)×1
  • バッテリー(1個機体に装着済)×2
  • 送信機用USB充電ケーブル×1
  • 予備プロペラ×4
  • 機体バッテリー用2in1充電器×1
  • プロペラガード×6
  • 予備スタンド×2
  • 8GBマイクロSDカード(カメラに装着済)×1
  • ドライバー×1
  • 日本語取り扱い説明書×1

Holy Stone HS120D ドローンの特徴・実機レビュー

GPS搭載ドローン


GPS搭載のドローンということもあり、かなり安定したホバリングとフライトができるドローンだと感じました。

また万が一機体を見失ってもホームポイントまでドローンを帰還させることが可能な機能「オートリターン」も実装しています。
実際にオートリターンを行ってみたのですが、精度はなかなかいい感じでホームポイントまでの帰還をさせることができました。

ただDJIのドローンのように、オートリターン時の高度の設定ができないようで、オートリターンをするならあらかじめ高度を上げてから実施したほうがよさそうです。
帰還させる場所によっては障害物に接触してしまいますので。

バッテリーはカートリッチ式


バッテリーはカートリッチ式ですので交換が簡単ですし、


最初から予備のバッテリーがついていくるので、長いフライトを楽しむことができます。

フォローミーモード付き


フォローミーモード付きのドローンですので、自動で追尾させながら空撮することも可能です。


DJIのドローンのフォロミーモードは対象物を設定して、自動追尾させるのですが「Holy Stone HS120D」は動くものに反応するのか、とくに設定しないでも自動で追尾してくれました。
まだ一度しか試していないのでなんとも言えませんが、たぶん動くものに反応するのかと。


それとフォロミーモードは2種類あります。
ドローンの位置は変わらずその場でホバリングしながら、回転しながら追尾しいてくれるモードの方は対象物の設定がありました。

ちょっと文章だと説明しずらいです、、、
この記事の下の方のyoutubeでのレビュー動画を埋め込んでいますのでフォロミーモードや空撮映像の良し悪しは動画でご確認ください。

ウェイポイントモード搭載


「ウェイポイントモード」もできるドローンです。
ウェイポイントモードとはアプリで空路を描けば自動で飛行できる機能です。

実際にはまだやったことがないので、精度はどの程度かはわかりませんが、、、。

ヘッドレスモード搭載


ヘッドレスモード搭載のドローンですので、機体の向きがわからなくなっても自分視点で操縦することが可能です。

1080Pカメラ付き


1920×1080のFHDカメラ付きのドローンです。
ジンバルはついていませんのでブレのある空撮動画になりますが、まぁまぁ綺麗な映像を残すことができます。


こちらは実際に空撮した時の静止画です。
静止画はまぁまぁ綺麗なのかなぁ~と個人的には思います。

それとカメラは取り外しが可能で、カメラを取り外すと200g未満の重量になります。

取り外しが可能な場合、カメラを取り付けて200g以上の重量になっても航空法の規制の対象にはなりませんのでご安心ください。


それとカメラの角度を送信機から変えられるようになっています。
可動範囲が狭いのでおまけ程度ですけどね。
DJIのドローンのように真下まで角度を変えることはできません。


ちなみにマイクロSDの差し込み口はカメラの裏側についています。

オートリターン付き


GPS搭載ドローンでオートリターンが可能な他、バッテリーの残量が減ると自動で帰還する機能フェイルセーフモードもついています。

youtubeでもレビューしています


youtubeでもレビューしています。
空撮の画質は動画でご確認ください。
また動画ではフォロミーモードも実際にやっていますので、参考にしてみてください。

それとできましたらyoutubeのチャンネル登録よろしくお願いします。
動画更新のモチベーションにつながります。

まとめ


200g未満のドローンですので法律の対象にならないので、飛ばす場所がなくて困っている人にはかなりおすすめできるドローンです。
198gあるので他の重量の軽いドローンと比べれば、風の影響も比較的受けにくいと感じました。

気になる方はアマゾンでチェックしてみてください↓

Holy Stone Toys
¥19,990
(2019/07/19 16:26:04時点 Amazon調べ-詳細)

その他のおすすめしたい200g未満のドローンは下の記事で紹介しています。
LINK【200g以下 おすすめのドローン 10選】無人航空機の法律 対象外の機種

綺麗な空撮したい人はジンバル付きのドローンがおすすめ

綺麗な空撮したい人はジンバル付きのドローンを購入しましょう。
下の記事では200g以上のDJIのおすすめのドローンを紹介しています。
お時間ある方はこちらの記事も合わせてお読みください。

200g以上でジンバル付きの綺麗な空撮のできるドローンは、下の記事でも紹介しています。
LINKDJIの最新ドローン比較「Phantom、Mavic Pro(Air)、SPARK、Inspire(インスパイア)」 初心者にはどれがおすすめ?
ドローンを趣味ではなく仕事に変えてみよう!

将来ドローンを仕事にしたいと思っている方は、ドローンスクールに通ってみませんか!?
今後ドローンの仕事の需要はどんどん増えていくと予想されています。
ドローンを趣味ではなく仕事にしたいなら、資格は取得しておきまししょう。
下で紹介する「DSJ東京中目黒校」は無料体験説明会を随時開催しています。
卒業後はドローンの仕事を探すアフターフォローまでしてくれるようですよ。
気になる方は公式ホームページでご確認ください↓↓

DSJ東京中目黒校の無料説明会の詳細はこちら

ドローンを安く買うならbanggoodがおすすめ!!バナーをクリック


バナーをクリックすればbanggoodのセール会場に移動します。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です