ドローン機体

【200g未満】Holy Stone HS161 ドローン 実機レビュー

200g未満 Holy Stone HS161 ドローン 実機レビュー
今回はHoly Stone(ホーリーストーン)から6月3日に発売された新商品「HS161 ドローン」の実機レビューをしていきます。

2019年6月15日現在、表示価格の20%OFFで購入可能です。

Holy Stone Toys
¥11,520
(2019/08/19 01:32:51時点 Amazon調べ-詳細)

2019年の個人的におすすめしたいドローンは、下の記事でランキング形式で紹介しています↓↓
【2019年最新機種】人気のおすすめドローンランキング30選!徹底比較
Holy Stone社から販売されているドローンを比較するなら、下の記事がおすすめです↓↓
Holy Stone(ホーリーストーン)ドローン 比較 10選【おすすめの機種を選んでみた!】

200g未満 Holy Stone HS161 ドローン スペック

画質 1080P(カメラの角度は変えられます)
重量 約130g
伝送距離 50m
周波数 2.4Ghz
飛行時間 約10分
バッテリー 3.7V 1000mAh
操作モード モード1 モード2 切り替えが可能
機体のサイズ 収納サイズ:175×35×30mm
展開サイズ:240×210×30mm
価格 11520円
その他の機能 ・高度維持機能

Holy Stone HS161 ドローン 開封・セット内容

200g未満 Holy Stone HS161 ドローン 実機レビュー
まずは開封から。

200g未満 Holy Stone HS161 ドローン 実機レビュー
箱をあけるとこのうような感じで収納されています。
まず思ったことが、ドローンが細長いってこと(笑)

200g未満 Holy Stone HS161 ドローン 実機レビュー
付属品はこんな感じです。

  • 送信機×1
  • 機体× 1
  • 3.7V 1000mAhバッテリー× 1
  • USB充電ケーブル× 1
  • プロペラガード× 4
  • 予備プロペラ× 4
  • ドライバー× 1
  • プロペラ取り外し用具× 1
  • マイクロSDカード× 1(装着済)
  • カードリーダー× 1
  • 日本語マニュアル× 1

Holy Stone HS161 ドローン 特徴・実機レビュー

200g未満 Holy Stone HS161 ドローン 実機レビュー
それではここからは「Holy Stone(ホーリーストーン)HS161ドローン」の特徴を、実機レビューをしていきます。

細長い形状

200g未満 Holy Stone HS161 ドローン 実機レビュー
「Holy Stone(ホーリーストーン)HS161ドローン」はいままでのドローンにはあまりなかった細長い形状をしています。
まぁ細長いからいいとか、悪いとか、どちらでもないのですが、商品販売ページをみただけでは、ここまで細長いとは思っていなかったのでびっくりしました。

安定したホバリング

200g未満 Holy Stone HS161 ドローン 実機レビュー
「オプティカルフローポジショニング」というシステムを実装しているようで、よりいっそう安定したホバリングができるドローンです。

実際に自分の部屋や、外で飛ばしてみたところホバリングの安定感はかなりあると思いました。

ただし「オプティカルフローポジショニング」を利用するときは、少し注意が必要なようです。

  • 飛行高度が0.5m以下、高速に飛行する場合
  • 無地な地面
  • 水と透明物の表面
  • 暗すぎる場所
  • 模様がまばらな表面
  • 模様の繰り返しが高い表面

など。このような状況下の場合うまく機能しないことがあるようです。
自分が使用していていまのところ、へんな動きをしたりしたことはありませんが、このことでまた新しく何かわかったら記事に追記していきます。

こちらのドローンは「オプティカルフローポジショニング機能」をONにするとフライト高度は10m程度しかあげることができません。それ以上あげようとしても制限がかかり高度が上がらない仕組みになっています。「オプティカルフローポジショニング機能」をOFFにすれば最大高度が10m以上あがる仕組みになっています。OFFにする場合はフライト前におこなう必要があります。フライト途中でOFFに切り替えることはできないようです。

ランプやモバイルバッテリーとしても使用可能

200g未満 Holy Stone HS161 ドローン 実機レビュー
「Holy Stone(ホーリーストーン)HS161ドローン」はランプやモバイルバッテリーとしても使用できます。
ランプはドローンの電源を入れていない状態でも、使用が可能です。
本体の下にランプのON/OFFの切り替えスイッチがついています。

モバイルバッテリーの使用は、ドローン本体の後方にUSBケーブルの差込口がありますので、そこからスマホなどと接続してスマートフォンの充電なども可能になっています。ただバッテリーの大きさが1000mAhですので、個人的にはモバイルバッテリーとしての使用はそこまでおすすめはできませんかね。すぐにバッテリーの残量がなくなります(笑)

ちなみに普通にフライトした場合、連続飛行時間は6~7分くらいでした。

Holy Stone Toys
¥4,080
(2019/08/18 10:00:30時点 Amazon調べ-詳細)

予備のバッテリーは2個セットで4000円くらいです。

Holy Stone Toys
¥2,160
(2019/08/18 10:00:31時点 Amazon調べ-詳細)

1個だけの販売もあります。2個セットの方がちょっとだけお得です。
予備のバッテリーは必須ですので、一緒に購入するといいかもしれません。

ポータブル録画デバイスとしての使用も可能

200g未満 Holy Stone HS161 ドローン 実機レビュー
ドローンとしての使用だけではなく、ドローン本体に録画ボタンと写真撮影ボタンがついているので、ポータブルの録画デバイスとしても使用できます。これは個人的にはけっこういいかも!!って思いました。

カメラはFHD

200g未満 Holy Stone HS161 ドローン 実機レビュー
カメラはFHD(1920×1080)で空撮可能です。

200g未満 Holy Stone HS161 ドローン 実機レビュー
カメラの角度は手動になりますが少しだけ下向きに変えることができます。


通常の角度はこんな感じ。

youtubeでのレビュー動画


室内でのレビューをyoutubeにあげています。
ホバリングの安定感はあるので参考にしてください。

まとめ


「Holy Stone(ホーリーストーン)HS161」なかなか面白いドローンだと思いました。
いろいろな用途で使用できますし、なかなかオシャレな形状です。
パワーはありませんがそこそこ綺麗な映像で空撮できますので、ちょっとした旅先で飛ばすのもいいかもしれません。

気になる方はアマゾンでチェックしてみてください。
2019年6月15日現在、表示価格の20%OFFで購入可能です。

Holy Stone Toys
¥11,520
(2019/08/19 01:32:51時点 Amazon調べ-詳細)

その他のおすすめしたい200g以下のドローンは下の記事で紹介しています。
LINK【200g以下 おすすめのドローン 10選】無人航空機の法律 対象外の機種

綺麗な空撮をしたいならジンバル付きのドローンがおすすめ

綺麗なブレのない空撮をしたいならジンバル付きのドローンがおすすめです。

ジンバル付きのおすすめのドローンは下の記事で紹介しています↓↓

2019年最新ジンバル付き おすすめのドローン10選【ジンバルとは?】 今回はジンバル付きのおすすめのドローンを10選紹介します。 ドローンのジンバルとは? まずはじめにジンバルとは?何かを解...
DJIの製品でジンバル付きのドローンは、下の記事で紹介しています。
LINKDJIの最新ドローン比較「Phantom、Mavic Pro(Air)、SPARK、Inspire(インスパイア)」 初心者にはどれがおすすめ?
ドローンを趣味ではなく仕事に変えてみよう!

将来ドローンを仕事にしたいと思っている方は、ドローンスクールに通ってみませんか!?
今後ドローンの仕事の需要はどんどん増えていくと予想されています。
ドローンを趣味ではなく仕事にしたいなら、資格は取得しておきまししょう。
下で紹介する「DSJ東京中目黒校」は無料体験説明会を随時開催しています。
卒業後はドローンの仕事を探すアフターフォローまでしてくれるようですよ。
気になる方は公式ホームページでご確認ください↓↓

DSJ東京中目黒校の無料説明会の詳細はこちら

ドローンを安く買うならbanggoodがおすすめ!!バナーをクリック


バナーをクリックすればbanggoodのセール会場に移動します。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です