商品情報

Parrot社から、新型ドローン「ANAFI」登場!気になるスペックの紹介

Parrot社から、新型ドローン「ANAFI」登場!気になるスペックの紹介
フランスのドローンメーカーParrot社から、新型ドローン「ANAFI」が発売されます。

今回は「ANAFI」のスペックや発売日について紹介します。

アマゾン、楽天、yahooショッピングで先行予約が始まりました。アマゾンでは7月16日発送になっています。詳しくは下のリンク先でチェック↓↓

ANAFIのスペック

Parrot社から、新型ドローン「ANAFI」登場!気になるスペックの紹介
重量 320g
折りたたみサイズ 長さ244x幅67x高さ65mm
広げた時のサイズ 長さ175x幅240x高さ65mm
飛行時間 25分
動画 4K/25fps
写真 ワイド21MP(5344×4016)/ 4:3/84°HFOV
直角 16MP(4608×3456)/ 4:3 / 75.5°HFOV

Parrot社から、新型ドローン「ANAFI」登場!気になるスペックの紹介
同梱内容

  1. ANAFI 本体
  2. Parrot Skycontroller 3
  3. キャリーケース
  4. 16 GB Micro-SD カード
  5. USB-A – USB-C ケーブル
  6. プロペラーX8
  7. プロペラ取り付けツール


Parrot 公式動画はこちら↑


すでに海外ではレビュー動画が公開されていました↑
ほしい!!

ANAFIの特徴

  1. ドローンの真上を撮影できる180°チルトジンバル
  2. 2.8倍のズーム機能
  3. 4K動画の撮影が可能
  4. コンパクト設計
  5. コントローラー
  6. 機体が軽量
  7. 風速16.6m/sまで耐えられる

ドローンの真上を撮影できる180°チルトジンバル

Parrot社から、新型ドローン「ANAFI」登場!気になるスペックの紹介
180°チルトジンバルを実装したことにより、ドローンの真上を撮影できます。


こんなアングルからの撮影や、

橋の下の点検なんかにも使えそうですね。

2.8倍のズーム機能

Parrot社から、新型ドローン「ANAFI」登場!気になるスペックの紹介
いままでのドローンにはなかったズーム機能が搭載されていて、FHDで2.8倍ズーム、4K撮影なら1.4倍ズームで撮影することが可能です。

4K動画の撮影が可能

Parrot社から、新型ドローン「ANAFI」登場!気になるスペックの紹介
Parrot社のドローンと言えば「bebop」が有名ですが、動画はFHD(1920×1080)までの撮影しかできませんでした。

Parrot Bebop2 Power 『スペック・変更点』とネットでのレビュー・感想・評価 Parrotから、新しいドローン「Bebop2 Power」が発売されました。 今回は「Bebop2 Power」のスペックや...

今回発売される「ANAFI」では4K動画の撮影が可能になり、格段に性能がパワーアップしています。

ちなみにカメラはソニー製になっています。

コンパクト設計

Parrot社から、新型ドローン「ANAFI」登場!気になるスペックの紹介
Anafiは4つのアームとローターを折りたたみ、コンパクトに収納し持ち運ぶことができます

Parrot社から、新型ドローン「ANAFI」登場!気になるスペックの紹介
折りたたみで収納する時の形状は長方形。

Parrot社から、新型ドローン「ANAFI」登場!気になるスペックの紹介
上は持ち運びの時のイメージ画像です。

AKIRA
AKIRA
コンパクトでスタイリッシュ!かっこいいですね。

コントローラー

Parrot社から、新型ドローン「ANAFI」登場!気になるスペックの紹介
専用のアプリをインストールして操作します。
伝送距離はまだ発表されていないので不明。


シックなデザインで個人的には好印象。

機体が軽量

Parrot社から、新型ドローン「ANAFI」登場!気になるスペックの紹介
機体が320gと軽量。
DJIのSPARKが300gですので同じくらいですね。

重量が軽いので、持ち運びが楽になるというメリットがありますが、風の影響を受けやすくなるというデメリットもあります。

個人的には、あと120g軽くして「無人航空機」の法律にかからないようにして欲しかったです。

風速16.6m/sまで耐えられる

発表では「風速16.6m/sまで耐えられる」性能になっているようです。
機体の重量が300g程度しかないのに、ここまでの風速に耐えられるのはかなりすごいことだと思います。

AKIRA
AKIRA
耐えられるといっても、風速10m/s以上で飛ばすのは危険だと思いますが、風には強い設計になっているということでしょう!

DJIのMavicAirと比較してみると

Mavic Air ANAFI
本体重量 430g 320g
折りたたみサイズ 長さ168×幅83×高さ49 mm 長さ244x幅67x高さ65mm
広げたサイズ 長さ168×幅184×高さ64 mm 長さ175x幅240x高さ65mm
最大飛行時間 21分 25分
最大飛行距離 5km 不明
カメラセンサー 1/2.3CMOSセンサー 1/2.4CMOSセンサー
有効画素数 1,200万画素 約2,100万画素
レンズ焦点距離 24mm 23-69mm(写真)、26-78mm(ビデオ)
レンズ絞り f/2.8 f/2.4
静止画サイズ 4056×3040 5344×4016
動画解像度(最大) 4K Ultra HD:3840×2160 30p DCI4K: 4096×2160 24p
FHD:1920×1080 120p FHD: 1920×1080 60p
最大ビデオビットレート 100 Mbps 100 Mbps

DJIの最新ドローンMavic Airに劣らないスペック。
考え方によっては、ドローンの真上の撮影や、ズーム機能により「Mavic Air」より高性能なドローンと言えるかもしれません。
連続飛行時間も「Mavic Air」より4分ほど長いですしね!

最後に

海外での価格は699ユーロ、2018年7月2日から販売を開始するようです。
日本では7月16日で価格は「89802円」。
販売は、ビックカメラ.comまたはコジマオンラインショップのビックカメラ系列になっています。

アマゾン、楽天、yahooショッピングで先行予約が始まっているのでチェックしてみてください。

AKIRA
AKIRA
「ドローンの真上を撮影できる180°チルトジンバル」を体験してみたいので、自分は購入予定です!
ドローンを趣味ではなく仕事に変えてみよう!

将来ドローンを仕事にしたいと思っている方は、ドローンスクールに通ってみませんか!?
今後ドローンの仕事の需要はどんどん増えていくと予想されています。
ドローンを趣味ではなく仕事にしたいなら、資格は取得しておきまししょう。
下で紹介する「DSJ東京中目黒校」は無料体験説明会を随時開催しています。
卒業後はドローンの仕事を探すアフターフォローまでしてくれるようですよ。
気になる方は公式ホームページでご確認ください↓↓

DSJ東京中目黒校の無料説明会の詳細はこちら

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です