ドローン機体

GEPRC Dolphin 153mm 4Sドローン 発売決定!Tootkpick

GEPRC Dolphin 153mm 4Sドローン 発売決定!Tootkpick
いつもの日課のbanggoodのドローン新商品入荷情報をみていたら「GEPRC」の面白そうなドローンをみつけたので紹介します。

ちなみに名称は「GEPRC Dolphin 153mm」です。

GEPRCの割引クーポン一覧です。クーポンコードをクリックするとクーポンコードがコピーされて、商品ページに移動します。そのまま貼り付けて使用できます。

ドローン本体(型番) クーポンコード 価格 台数 期限

GEPRC
Dolphin

BGAKIRA07

10%OFF
DRONE BLOG
限定クーポン
20台 2020/1/31日まで

その他、割引クーポンは下の記事でまとめています↓↓

banggood(バングッド)ドローン送信機 FPVゴーグル クーポン 一覧 banggood(バングッド)のプローモーション担当者様からいただいているクーポンコードのページです。 購入するときに使用してくだ...

GEPRC Dolphin 153mm 4S Tootkpick ドローン スペック

カメラ Caddx Turbo Eos2
重量 136g(バッテリーなしの重量)
フレーム GEPRC GEP-DX4
153mm
FC GEP-20A-F4 AIO
MCU: STM32F411
Gyro:MPU6000
OSD:BetaFlight OSD w/ AT7456E chip
Firmware target: MATEKF411
ESC ESC: 20A * 4 BLHeli_S (Dshot/Multishot/OneShot) support 2~4S LiPo
VTX 5.8GHz (40 Channel IRC Tramp,PIT/25/100/200mW)
モーター 1507 3200KV
レシーバー Without Receiver/Frsky R-XSR / Frsky XM+
価格 150ドルくらい

形状は「Happymodel LARVA-X」と似てるかも

GEPRC Dolphin 153mm 4Sドローン 発売決定!Tootkpick
なんとなく形状は「Happymodel LARVA-X」と似ていますねw
スペック的にはまぁぜんぜん違うものなんだけど。

【200g未満】Happymodel LARVA-X ドローンレビュー【ブラシレスマイクロドローン】 今回はHappymodel「マイクロブラシレスドローン」LARVA-X をレビューしていきます。 banggoodで商...

200g未満に収められる

GEPRC Dolphin 153mm 4Sドローン 発売決定!Tootkpick
バッテリーの重量にもよりますが、4Sでも450mAhあたりにおさえればギリギリ200g未満にできそうな感じがします。
飛行時間がどうなのか心配なところですけど。

モーターのサイズは「1507 3200KV」なんで、なんかキレのある飛びをしてくれそうな気がするんですよね。

最近、刺激のあるドローンが好みになってしまっているので、とりあえずストックアラートをONにしてしまいましたw

ストックアラートとは

商品が入荷すると、メールやFacebookのメッセンジャーで教えてくれる機能です。

GEPRC Dolphin 153mm 4Sドローン 機体の外観

GEPRC Dolphin 153mm 4Sドローン 発売決定!Tootkpick GEPRC Dolphin 153mm 4Sドローン 発売決定!Tootkpick

GEPRC Dolphin 153mm 4Sドローン 発売決定!Tootkpick
機体の外観はこんな感じ。

最後に

HDカメラや4kで撮影できるカメラなしで150ドルはちょっと高い気もしますが、まぁGepさんのドローンなんで仕方ないのところでしょうか。
それとアームの部分のプレートは4mmで少し厚めなので、まぁまぁ頑丈そうな気もするので、すこし広い場所でぶっ飛ばしたら楽しいかもしれません。

ブレの少ない空撮をしたい人は、ジンバル付きかブラシレスマイクロドローン

ブレの少ない綺麗な空撮をしたい人はジンバル付きのドローンか、ブラシレスマイクロドローンがおすすめです。

ジンバル付きのおすすめのドローンは下の記事で紹介しています↓↓

2019年最新ジンバル付き おすすめのドローン10選【ジンバルとは?】 今回はジンバル付きのおすすめのドローンを10選紹介します。 ドローンのジンバルとは? まずはじめにジンバルとは?...
DJI製品のでジンバル付きドローンは、下の記事で比較しています。
LINKDJIの最新ドローン比較「Phantom、Mavic Pro(Air)、SPARK、Inspire(インスパイア)」 初心者にはどれがおすすめ?

200g未満ブラシレスマイクロドローン


FHD以上のブラシレスマイクロドローンなら、安定した飛行ができるのでブレの少ない綺麗な空撮をすることができます。
下の動画は200g未満のブラシレスマイクロドローンで空撮したものです。
そこそこブレのない空撮ができていいると思います。
※複数の機種、違うカメラで空撮しています。

ちなみにプロの方が200g未満ブラシレスマイクロドローンを使うとこのくらい綺麗な空撮をすることができます↓↓

上で紹介したようなFHDで撮影できる200g未満のブラシレスマイクロドローンは下の記事で紹介しています↓↓

綺麗な画質で空撮できるおすすめのマイクロドローン10選【FHD画質のタイニーフープ Tiny Whoop】 今回はFHD画質(1920×1080)で撮影することのできるマイクロドローンを紹介していきます。 どのくらいのサイズや重量でマイク...

ちなみに4k動画の撮影できるブラシレスマイクロドローンも発売されています。4kブラシレスマイクロドローンは下の記事で紹介しています↓↓

【200g以下で4K動画が撮影可能】高画質なおすすめのドローン10選 機体の重量が200g以下で、高画質(4K)な動画が撮影可能なドローンを紹介します。 ついにDJIからジンバル付きの200g未満...

ブラシレスマイクロドローンは基本的にFPVゴーグルを装着して5.8Ghzの電波を使用して飛行するので、「アマチュア無線免許」または「第三級陸上特殊無線技士」の免許と、無線局の開局が必要になります。

詳しくは下の記事で紹介しています↓↓

タイニーフープでFPV飛行をする為に、必要な準備や手順を解説【マイクロドローン】 冒頭いきなりyoutubeの埋め込み動画ではじまりますが、この動画を見て「tiny-whoop(タイニーフープ)」FPV飛行に興味を...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です